飲む日焼け止めサプリランキング!おすすめ商品はこちら
飲む日焼け止めPCヘッダー
飲む日焼け止めスマホヘッダー

食べる日焼け止めとは?身体の内側からケアできるおすすめの食べ物

食べる日焼け止め!食べ物が効果的な理由

ポイント

真夏の連日猛暑日という天気予報が繰り返されるような日に、外出のたび日焼け止めを塗るのはかなり面倒ですよね。

肌はベタつくしお金はかかるしで、結局肌は黒く焼けてしまうなんてことを毎年繰り返してないでしょうか。

そこでココ最近注目されているのが食べる日焼け止めです。

食べる日焼け止めがなぜ注目されているのか、食べる日焼け止めが効果的な理由についてお伝えしていきます。

食べ物が日焼けに効果が期待できる理由

笑顔の女性

食べ物が日焼けに効果が期待できる理由は大きく分けて次の2つあります。

・食べ物の成分が体の内側から吸収されるから
・塗る日焼け止めのように汗や海やプールで成分が落ちないから

考えてみれば当たり前のことですが、食べ物の栄養は体内で吸収されるので塗る日焼け止めのように成分が濡れて落ちるなんてことはありません。

さらに、食べる日焼け止めを食べて健康になることで次のような改善も期待できます。

健康を目指すと肌のターンオーバーも改善

美容

食べる日焼け止めと呼ばれている食べ物には、様々な健康に良いとされる成分が含まれています。

だから食べる日焼け止めを積極的に食事に摂り入れていくだけでも、健康を維持するためのサポートを期待できます。

また、肌は健康状態を映し出す鏡と言われるように、肌を見るだけでも人の健康状態がわかってしまうほどなんですね。

つまり、健康な人は肌のターンオーバーの乱れがかなり少ないとも言い換えることができるでしょう。

肌が綺麗な女性のように健康を目指すことで、肌のターンオーバー改善も期待できます。

食べ物で効果をできるだけアップさせる方法

アップ

食べる日焼け止めの食べ物で効果をアップさせるには次の2つの方法を実践してみてください。

・常日頃から食べる日焼け止めを食べる
・食べ合わせの良い食材と一緒に食べる

食べ物は食べ終わってから胃や腸などで消化吸収されるまでに数十分から数時間かかります。

今からお出かけ!というタイミングで食べる日焼け止めを食べても効果を実感することは出来ないでしょう。

また、食べ物には消化が良くなる良い食べ合わせと、消化が悪くなる悪い食べ合わせがあります。

できる限り食べ合わせの良い食事を心がけることで効果のアップを期待できます。

健康を目指すと栄養を吸収しやすくなる

健康的な女性

また、どのような人が栄養の吸収が優れているのかと言うと、健康な人です。

不健康な人は内臓の働きが悪くなっていることが多く、食べ物を食べても十分に栄養を吸収できません。

便秘気味の人も腸に便が溜まっている状態なので、便が邪魔して十分に栄養が吸収できないんです。

栄養の吸収を良くするためにも、まずは健康状態を作り出すということが重要なんですね。

トマトを食べて日焼け止め

トマト

夏野菜の1つであるトマト。

トマトは食べる日焼け止めの代表格と言ってもいいほど優れているんですね。

トマトには次の主な栄養素が含まれています。

・リコピン
・ビタミンA・C・E
・ケルセチン
・カリウム・カルシウムなどのミネラル類

やはり、この中で最も注目するべき栄養素はリコピンですね。

トマトに含まれるリコピンならではの日焼け止め効果について少し詳しく説明していきます。

トマトに含まれるリコピンの日焼け止め効果

オリーブオイル

リコピンには抗酸化作用あると言われていて、その作用はビタミンEの100倍とも言われているほど強力なんです。

だからトマト好きの人は夏になると毎日と言っていいほど食べてもらいたいくらい、トマトは優れている食材なんです。

しかし、トマトのリコピンを効率よく吸収するためには生で食べるよりもオリーブオイルと一緒に食べた方がいいんですね。

トマトに塩とオリーブオイルを少量だけかけて食べても美味しいのでオススメすよ。

アボカドを食べて日焼け止め

アボカド

アボカドは世界で最も栄養価が高い果物としてギネスに認定されているほど、健康維持に最適な食べ物です。

食べる美容液、食べる日焼け止めとも言われていて、世界の美容家やモデルもこぞってアボカドを食べているほどなんですね。

そんなアボカドには日焼け止め効果が期待できる栄養素が複数含まれています。

アボカドに含まれる複数の栄養素に日焼け止め効果

サラダ

アボカドには主に次の日焼け止め効果が期待できる栄養素が含まれています。

・ビタミンA
・ビタミンB群
・ルチン
・不飽和脂肪酸
・コエンザイムQ10

ビタミンAにはリコピンと同様に抗酸化作用があると言われています。

また、ルチンは植物が紫外線から身を守るために作られた栄養素で、ルチンにも抗酸化作用があると言われているんです。

他にも不飽和脂肪酸、コエンザイムQ10にも強い抗酸化作用があると言われているので、特に夏は定期的にアボカドを食卓に並べるようにしたいですね。

アボカドはトマト・マグロ・アスパラガス・鮭・ブロッコリーなどとの食べ合わせが良いので参考にしてみてください。

キウイを食べて日焼け止め

キウイ

キウイは便秘の方にかなりオススメな食べ物なんです。

キウイは栄養も豊富ですが食物繊維もかなり豊富で、キウイ1つに約3gの食物繊維が含まれています。

日本人の男性・女性は1日の食物繊維の推奨摂取量から約5gほど不足していると言われているんですね。

そこでキウイを1つ半食べるだけで、1日の食物繊維摂取量を満たすことができるんです。

腸内環境は肌環境にも強い影響を与えるので、強い日差しを浴びる機会が多いって方はキウイを積極的に食べてみてもいいかも知れません。

豊富なミネラル・ビタミン・クロロフィルの日焼け止め効果

フルーツ盛り合わせ

キウイには主に次の栄養素が含まれています。

・ビタミンC・E
・カリウムなどのミネラル類
・クロロフィル(葉緑素)
・ポリフェノール

キウイ1個には、1日に必要な摂取量の約半分のビタミンCが含まれています。

また、ビタミンCと相性がよく抗酸化作用もあるビタミンEも配合されているので、さらなる効果も期待できます。

さらに、果肉が緑のキウイには抗酸化作用のあるクロロフィルが含まれていて、ビタミンCの作用を高める効果もあります。

キウイとの食べ合わせが良い食べ物はキウイと同じ、少し酸っぱい果物です。

例えば、オレンジ・いちご・パイナップルなどの果物と一緒に食べるのがオススメです。

リンゴを食べて日焼け止め

リンゴ

秋から冬にかけて旬が来るリンゴですが、旬が夏ではないからといって日焼け止め効果を期待できないわけではありません。

リンゴに含まれている成分で注目されているのはリンゴポリフェノールです。

ポリフェノールと言っても色んな種類ポリフェノールがあり、リンゴには約100種類のポリフェノールが含まれていると言われています。

ポリフェノールにも抗酸化作用があると言われているので、まさにリンゴは抗酸化の塊と言えるような食べ物なんです。

多くのポリフェノールを含むリンゴの日焼け止め効果

りんご・バナナ・ぶどう・みかん

リンゴに含まれるポリフェノールの中で最も多いのがプロシアニジンです。

このプロシアニジンには、光老化現象の抑制効果があると研究で発表されているほど優れた栄養素なんです。

リンゴと食べ合わせが良い食べ物は、バナナ・ぶどう・みかん・アボカド・いちごなどなので、参考にしてみてくださいね。

食べる日焼け止め「UVスティックゼリー」

UVスティックゼリー

そして、最後にご紹介するのは食材ではありません。

食べる日焼け止めのUVスティックゼリーです。

これまでに4つの食べる日焼け止めを紹介してきましたが、全ての食材を毎日摂取するのハッキリ言って不可能に近いですよね。

好き嫌いやアレルギーもあるかも知れませんし、みんながみんなスーパーで買い物をして自炊をしているわけでもありません。

UVスティックゼリーはシトラス味で、誰でもスッキリ食べやすい味になっているので好き嫌いが多い方でも問題なく食べることができると思います。

「UVスティックゼリー」ならいつでもすぐに食べられる

UVスティックゼリー

UVスティックゼリーがオススメの理由の1つとして、「どこでもすぐに食べることができる」というメリットが挙げられます。

食材としての食べる日焼け止めを食べる場合は、何かしら調理をしなければならないのでかなり手間がかかってしまいます。

トマトなんかは丸かじりもできますが、アボカド・キウイ・リンゴは皮を剥いたりする必要もあり、普段料理をしない人にとって面倒に感じる人も多いかと思います。

しかし、UVスティックゼリーはスティック状の袋を開けてチュルンッと食べるだけでOKなんです。

UVスティックゼリーなら手間を掛けることなく、食べる日焼け止めの代役を果たすことができるんですね。

グレープフルーツ由来のシトラス成分とローズマリー由来のハーブ成分配合

グレープフルーツ

UVスティックゼリーにはカラダの中からキレイをサポートするための成分が配合されています。

例えば、次の成分が配合されているので日差しの強い夏のお出かけも怖くありません。

・シトラス果実
・ローズマリー葉エキス
・ルテイン

この他にも全47種類の有効成分が配合されているという贅沢を極めたゼリーなんです。

食べる日焼け止めとしてご紹介した食材に含まれているビタミンCやビタミンA、西洋リンゴの一種から抽出したリンゴ果実培養細胞エキスも配合されています。

食べる日焼け止めの食材を全て食べるよりもUVスティックゼリーを1本食べる方が確実に手間がかからずラクチンですよね。

UVスティックゼリーは1日1〜2本食べるだけなので、ダイエット中で食事制限などをしている方にもオススメですよ。

こちらの記事の執筆者

こちらも読まれています