飲む日焼け止めサプリランキング!おすすめ商品はこちら
飲む日焼け止めPCヘッダー
飲む日焼け止めスマホヘッダー

飲む日焼け止めの原理を知りたい!植物由来の主成分の仕組みを解説

太陽のまぶしい日差しから肌を守る「飲む日焼け止めサプリ」が人気ですが、その原理はどうなっているのでしょうか?

なぜサプリを飲んで日焼けをケアできるのか、その仕組みに詳しく迫ります!

太陽を浴びることで起こる肌の変化

紫外線

私たちは日焼けをすると肌が赤くなりますが、太陽を浴びることで肌にはどんな変化が起こっているのでしょうか?

こちらでは日焼けをすることにより、肌に起こる変化を見ていきましょう。

体の防御反応で日焼けになる

私たちの体は強い日差しを浴びると、肌が赤く炎症を起こしたり、色が黒くなったりしますよね。

これはUV-Bを浴びたことで肌がやけどを起こし、皮膚の1番奥にあるメラノサイトという色素細胞が肌を守るため、メラニンをたくさん作り出すことで起こります。

作り出されたメラニンはUVを吸収することで、肌の一番外側にある表皮細胞がダメージを受けるのを守り、このメラニンによって肌が黒くなります。

強い日差しを無防備に浴びることで増えたメラニンは、新しく生まれた細胞に押し上げられていき、古い細胞と一緒にアカとなって剥がれ落ちていきます。

しかし、年齢を重ねることなどが原因で、肌のターンオーバーが遅くなるとメラニンが上手く外に出ることができなくなり、表皮に残ったままとなってしまうのです。

その状態で太陽の日差しを浴びると、その都度どんどんメラニンが作り出されてしまい、溜まってしまったメラニンがシミやソバカスの原因となります。

また、UV-Aは肌へ与える急性症状は弱いのですが、長年浴び続けることで皮膚の奥にジワジワとダメージを蓄積し肌を老化させ、シワや皮膚がんの原因となってしまうのです。

飲むだけで日焼け止めになる原理は?

飲み方

日焼け対策として人気の飲む日焼け止めですが、これを飲むだけでまったく日焼けをしなくなるのでしょうか?

飲む日焼け止めの原理を知り、ダメージのない美しい肌を手にいれましょう。

飲む日焼け止めを使用するだけで日焼けしないの?

飲む日焼け止めと聞くと、「飲んでおくだけで日焼けをしないもの」と思いがちですが、実際はそうではありません。

日焼け止めサプリメントは、日差しから肌を100%守ってくれるものでなく、

「UVにより受けるダメージを、内側からケアしてくれるもの」

です。

メラニンが過剰に作られることを抑制して、肌の働きをサポートする栄養を補ってくれるのが、飲む日焼け止めというわけです。

塗る日焼け止めとはまったく違う方向から、日焼けによるダメージをケアしてくれます。

夏のまぶしい日差しやUVの影響から肌を守るためには、必ず日焼け止めクリームと併用して使う必要があるのです。

飲む日焼け止めには、塗る日焼け止めが持っていないさまざまなメリットがありますので、一緒に使用することでより一層、日差しから肌を守ることができます。

飲む日焼け止めのメリットとしては、

・飲むだけなので手軽で簡単
・肌に塗らないので、汗で流れる心配がない
・日焼け止めクリームを塗れない目などの日焼け対策ができる
・敏感肌で日焼け止めクリームが塗れない人も、日焼けのダメージから肌を守る対策ができる
・フェーンブロックやニュートロックスサンには副作用がない
・美容成分も一緒に配合されているものが多く、肌のケアも同時にできる
・塗る日焼け止めとの併用で、強い日焼け止めを使わずに、肌への負担を減らすことが可能

このようなことがあげられます。

特に将来に起こる白内障などのリスクを減らすためにも、目が日に焼けてしまうのをケアすることは大切ですよね。

飲む日焼け止めを使用することで、塗る日焼け止めだけではカバーできない面をケアすることが可能になり、より効果的なUV対策ができるようになります。

飲む日焼け止めで代表的な成分の原理を知りたい

そんな飲む日焼け止めサプリですが、代表的な主成分に、ニュートロックスサンとフェーンブロックがあります。

これらの成分がどのような原理で日焼け対策をするのか、その仕組みを比較してみましょう。

日本製の日焼け止めサプリの主成分ニュートロックスサンの仕組み

シトラス

日本製の飲む日焼け止めの主成分は、ニュートロックスサンという、シトラス果実とローズマリー葉から抽出された天然のポリフェノールです。

長い年月をかけ研究が行われ、この2種類の成分を特別なある割合で配合したものが、日焼けによるダメージを減らすことがわかりました。

このポリフェノールは、太陽を浴びることによって発生する、体を老化させる物質を抑制する作用があり、シミやシワ、また肌が赤くなってしまう原因を抑えることが期待できます。

また、日焼けをしてしまったあとでも、肌のダメージを和らげてくれます。

日差しを浴びる1~2日前から飲み始めるサプリですが、太陽の日差しが強くなる3ヶ月前から毎日飲み続けることで、UVによるダメージをより効果的にケアしてくれることがわかっています。

ホワイトヴェールや雪肌ドロップなどに配合

ホワイトヴェール

ニュートロックスサンが配合されている日焼け止めサプリは、「ホワイトヴェール」、「雪肌ドロップ」などがあります。

どちらもビタミンCなどの美容成分が配合されていて、人気のおすすめ日焼け止めサプリです。

海外の日焼け止めサプリの主成分フェーンブロックの仕組み

シダ

海外製の飲む日焼け止めの主成分、フェーンブロックは、シダ植物から抽出したPLエキス(学名ポリポディウムリュウコトモス)を含む特許成分です。

このフェーンブロックは、

・UVから肌を守る肌機能を正常に働かせる
・日差しを浴びることで増えてしまうシミやシワの原因を取り除く
・UVから肌のDNAを守る
・肌のコラーゲンを守り、日焼けによるシミやたるみをケアする

このような4つの作用により、日焼けによる肌のダメージをケアします。

日差しを浴びる30分前に1カプセルを飲むことで、4時間~6時間ほどその効果が続きます。

そして長時間、強い日差しを浴びる場合は、4時間~6時間後に追加で飲む必要があります。

ヘリオケアなどに配合

ヘリオケアピュアホワイトラディアンスマックス240

フェーンブロックは、ヘリオケアなどに配合されています。

ヘリオケアは2002年に世界で初めて発売された飲む日焼け止めで、世界50ヶ国の医療機関で取り扱われているサプリです。

日本人やアジア人向けに作られた「ヘリオケアピュアホワイトラディアンスmax240」は、Amazonで1箱60粒入りが5,980円で販売されています。(2018年12月3日現在の情報です)

飲む日焼け止めは科学的に根拠が認められている?

米国皮膚科学会が2014年に出した、飲む日焼け止めへの見解によると、科学的な根拠は認められていないとしています。

このとても気になる見解の内容を、詳しく見ていきましょう。

米国皮膚科学会の飲む日焼け止めへの見解

米国

米国皮膚科学会は2014年8月7日に、消費者に向けて飲む日焼け止めに対する皮膚科専門医HenryW.Lim氏の回答を紹介しました。

その内容によると、「飲む日焼け止めの錠剤は便利なように思うが、UV対策の洋服を着て日陰にいるようにしてSPF30以上の塗る日焼け止めを使用することが、もっとも信頼できる日焼け対策」だとしています。

また、次のような見解を示しています。

・飲む日焼け止めはSPF値が評価できない
・飲む日焼け止めに含まれるポリポディウムリュウコトモス(PLエキス)に関する複数の研究により、「酸化防止効果があり、UVにさらされた皮膚が日焼けするまでの時間が延びる」、「多形性光発疹患者の日光過敏を抑える」ことが示されている
・複数の酸化防止物質を配合した錠剤として、併用した場合の有効性を支持する研究結果は得られていない

このように回答しています。

科学的な根拠はないとしながらも、「PLエキスに酸化防止効果があることや、日焼けまでの時間が延びること、日光過敏を抑えること」は研究結果により認めているようです。

飲む日焼け止めで塗る日焼け止めの代用になるのですか?

FAQ

また、「飲む日焼け止めは塗る日焼け止めの代用になるか?」という質問に対しては、

「飲む日焼け止めの服用を支持している論文は公表されていないため、科学的根拠に基づいた的確性があるとは言えない」

としています。

飲む日焼け止めサプリは、塗る日焼け止めの代わりに単独で使えるものではないということです。

飲む日焼け止めの原理を理解!使用する時に気をつけたいこと

これまで飲む日焼け止めの仕組みや原理をご紹介してきましたが、少しでも理解していただけましたか?

飲む日焼け止めを使用するときは、次のことに気をつけましょう。

塗る日焼け止めと併用するのが適切だと考えておく

クリームを塗る

今までご説明しましたように、飲む日焼け止めサプリはUVにより受けるダメージを、さまざまな植物成分が内側からケアしてくれるものです。

それを理解しないまま飲む日焼け止めだけを使用していると、強い日差しを肌に浴びたときにひどいダメ―ジを受けてしまう危険性があります。

飲む日焼け止めサプリは、塗る日焼け止めと併用することで、より効果的な日焼け対策ができるものです。

出かける際は日焼け止めサプリを飲み、日焼け止めクリームをしっかりと塗っておくことをおすすめします。

また、副作用はありませんが、アレルギーを起こす可能性はあります。

飲む日焼け止めには、エビやカニ由来の成分が使われているサプリもあるのです。

購入の前には原材料名を見て、自分がアレルギーを持っている成分が使われていないかを調べてみましょう。

その他に、飲む日焼け止めをおすすめできない人がいます。

妊娠中や授乳中の人は、成分への安全性が確認されていないので日焼け止めサプリを飲むことはできません。

また4歳未満の子どもについても、サプリの栄養が内臓に負担をかけてしまうため、まだどんなサプリメントも飲むことはできなくなっています。

そして通院中で病院の薬を飲んでいる人は飲み合わせの問題があるので、かかりつけの医師に相談してから飲むようにしましょう。

現在は夏だけでなく、1年中、UV対策が必要です。

塗る日焼け止めで肌の外から、そして飲む日焼け止めで内側から、2つを併用して効果的にUVによるダメージ対策をしていくことをおすすめします。

こちらの記事の執筆者

こちらも読まれています