飲む日焼け止めサプリランキング!おすすめ商品はこちら
飲む日焼け止めPCヘッダー
飲む日焼け止めスマホヘッダー

飲む日焼け止めにはデメリットがある?抑えておきたい不安要素とは

最近、塗る日焼け止めだけではなく、飲むタイプの日焼け止めが注目されています。

まだ飲んだことがない人は副作用がないのかなど、心配なことが沢山あるのではないでしょうか?

こちらでは飲む日焼け止めを購入したことがない方のために、日焼け止めサプリのデメリットをまとめてみました。

ぜひじっくりと読んで不安を解消してくださいね。

飲む日焼け止めのデメリットとは?

日焼けによるシミを防ぎ、日差しを浴びた後の肌もケアすることができる飲む日焼け止めですが、いくつかのデメリットもあるのです。

日焼け止めサプリを購入する前に、どんなデメリットがあるのかをよく知っておくことが大切です。

飲む成分によって副作用やアレルギーがある可能性

聴診器

飲む日焼け止めは薬ではなくサプリメントなので、副作用というものはありません。

しかし、飲む日焼け止めに含まれている成分にアレルギー反応を起こす人もいます。

購入前に配合されている成分をよく見て、自分がアレルギーを起こしたことがある成分が入っていないかを確認しましょう。

また妊娠・授乳中の人は、飲む日焼け止めは控えましょう。

特にニュートロックスサンに配合されているローズマリー葉成分が、子宮を刺激するともいわれていますので注意が必要です。

授乳後の体が安定した状態になってから飲むようにしてください。

また4歳未満のお子さんに飲ませることも控えるようにしてくださいね。

塗る日焼け止めと比べるとコストが高い

コスト

塗る日焼け止めクリームの価格は1,000円前後とお手頃な価格ですが、飲む日焼け止めは1ヵ月分で平均5,000円~6,000円ほどとなっています。

1日あたり170円~200円かかってしまうので、塗るタイプと比べるとやはり高いと感じてしまいますよね。

ただ、日焼け止めサプリの公式ページでは、初回限定で980円と安く購入できるキャンペーンや、定期コースだとお得な割引がある商品も多数ありました。

飲む日焼け止めを選ぶ際は、お得に購入できる特典の多い公式サイトを利用されることをおすすめします。

日差しを浴びる1か月前に飲んでおくことが大切

カレンダー

日焼け止めサプリは飲み始めてから日焼けを防ぐサポートをするまでに時間がかかるタイプの商品もあります。

日差しが強くなる季節の1ヵ月前から飲むことをすすめている商品もありました。

そういう商品の場合は、急に海や山にレジャーに行くことになってしまった時に日焼け対策が間に合わない!ということになってしまう可能性が出てきます。

即効性はない商品も多いですが、飲み続けていくとダメージを抑える力が強くなりますので、日差しが強くなる前から飲み始めておくのが効果的です。

他にもサプリも併用している肝臓に負担がかかる可能性がある

肝臓

現在、すでにサプリを飲んでいる場合、日焼け止めサプリを飲むことで肝臓に大きな負担をかけてしまう可能性があります。

また医師に処方された薬を飲んでいる人は、日焼け止めサプリを飲む前に、かかりつけの医師や薬剤師に相談しましょう。

今飲んでいる薬との飲み合わせが悪い場合は、薬の作用を強めたり、また反対に弱めたりしてしまう恐れが出てきます。

飲んだからといって目に見える変化がわかりにくい

効果

毎日欠かさず日焼け止めサプリを飲んでいても、日差しを防げているのかどうか正直なところ目に見えてわかりません。

本当に日差しを防げているのか不安になりますが口コミを見ていると、後から振り返ってみた時に「そういえば飲んでいるあいだは肌が焼けにくくなっていた」と感じることが多いようです。

逆に飲む日焼け止めのメリットは

メリット

これまでは飲む日焼け止めのデメリットをみてきましたが、日焼け止めサプリには、塗る日焼け止めにはないメリットが沢山あります。

こちらでは飲む日焼け止めのメリットをみていきましょう。

美容成分もサポートしている飲む日焼け止めが多い

美容

飲む日焼け止めには日焼けを抑える成分と美容成分が一緒に配合されているものが沢山販売されています。
塗る日焼け止めよりも価格は高いですが、日焼け後の肌をサポートしてくれる成分や美肌成分も含まれていることを考えると、けして高くはない商品もありました。

日焼け止めサプリを選ぶ際に、日焼けした肌へのサポート成分や美肌成分がどのくらい入っているのかチェックをして、お得なものを選びたいですね。

塗るだけでカバーできない日差しケアが可能

背中

塗る日焼け止めの場合は、塗り忘れた部分があったり塗りムラがあったりすると、その部分が日に焼けてしまいます。

日焼け止めを塗った部分しかブロックできず、日差しから肌を守ることができません。

しかし飲む日焼け止めは、背中など自分で塗りにくい場所や、頭皮、また日焼け止めが塗れない「目も」カバーしてくれるのです。

日焼け止めサプリは飲むだけで簡単に、全身の日焼け対策ができるのが嬉しいですね。

塗るタイプだと肌が心配な人には飲むタイプがおすすめ

サプリ

日焼け止めクリームを塗ると肌がベタベタして気持ちが悪いと思う人や、敏感肌で日焼け止めが塗れない人には、飲むタイプの日焼け止めがピッタリです。

また強い日焼け止めはクレンジングで落とさなければいけない為、こすることで皮膚に刺激を与え負担をかけてしまいます。

肌が弱い人は塗る日焼け止めのクレンジングで肌にダメージを受けてしまいますが、飲む日焼け止めならその心配はありません。

今までは強い日焼け止めを使っていた場合、日焼け止めサプリを飲むことで刺激が少ない日焼け止めクリームに替えることもできます。

塗るタイプと併用することで日差しによるダメージが怖くなくなる

日差し

日焼け止めサプリのほとんどが、塗る日焼け止めと併用することがすすめられています。
サプリを飲むだけで絶対に焼けなくなるというものではないからです。

日差しが強くなる前に、早い時期から日焼け止めサプリを飲んでおき、塗る日焼け止めクリームと併用して日差しをブロックすれば、ダメージも怖くないですね。

塗るタイプのような塗りなおしの心配がない

海

塗る日焼け止めは2~3時間おきのこまめな塗り直しが必要です。

汗をかいたり海やプールに入ったりすることで日焼け止めが落ちてしまうので、塗り直しをしないと強い日焼けをしてしまう原因となってしまいます。

飲む日焼け止めにはそういう心配が一切ありません。
海やプールに入っても汗を沢山かいても、塗り直すことをまったく考えなくていいのです。

こちらの記事も合わせて読まれています

>>日焼けってどれくらいで治る?肌の構造から学ぶ

飲む日焼け止めのデメリットに関するまとめ

飲む日焼け止めのデメリットやメリットをお話してきましたが、いかがでしたか?

自分の体に合うかどうか心配になった方のために、飲んだあとでも返品ができる飲む日焼け止めサプリもこちらでご紹介していきます。

デメリットよりも飲むことで得られる安心感が感じられる

楽しむ

飲む日焼け止めサプリの口コミを見ていると「日焼け止めサプリを飲んでいると安心できる」という声がとても多くあがっていました。

日焼け止めを塗っていても塗りムラがあったり、塗り直しができずに思いがけず日焼けしてしまったりすることがありますが、日焼け止めサプリを飲むことで思い切りレジャーを楽しむことができます。

また出かけた際に急な強い日差しがふりそそいでも、安心して外を歩けるのです。

もし、デメリットが気になる人には返品保証の充実した商品がおすすめ

おすすめ

飲む日焼け止めを購入してみたいけれど、安いものではないですし自分の体に合うかどうかを考えるととても不安ですよね。

でも公式サイトで購入の場合、もしも体に合わなかった時に返品ができる日焼け止めサプリもあるのです。

返金保証がついていておすすめの日焼け止めサプリをまとめてみましたので、返品期間などを比較してみましょう。

ホワイトヴェールなら到着後90日以内なら返品可能

ホワイトヴェール

ホワイトヴェールは今話題の成分「ニュートロックスサン」を配合しています。

ホワイトヴェールを公式サイトから定期便で購入すると、初回の購入分に限り到着後90日間の全額返金保証がついているのです。

開封済でも使用済みでも、体に合わなかった場合は事前にサポートセンターに連絡をした後に、商品を返品することができます。

リブランコートなら到着後30日以内なら返品可能

リブランコート

リブランコートはポリフェノールが豊富なフラバンジェノールが配合されている飲む日焼け止めサプリです。

リブランコートの場合も公式サイトで自動お届けコースから購入した場合に、30日間の全額返金保証がついているのです。
対象になるのは最初に購入した1袋のみで、体に合わなかった場合はコールセンターに電話連絡をした上で、残りの商品を返品することができます。

ビセットホワイトなら到着後90日以内なら返品可能

ビセットホワイト

ビセットホワイトにも注目の新成分「ニュートロックスサン」が配合されている飲む日焼け止めサプリです。

ビセットホワイトも、公式サイトから定期便で購入した初回購入商品に限り、体に合わなかった場合は90日間の安心返金保証がついています。

全額返金保証はそれぞれの商品により保証の期間や返品方法が決められています。
単品購入の場合には全額返金保証がついていない商品もありました。

また、返品にかかる送料や返金する際にかかる手数料などが引かれる場合もありますので、それぞれの公式サイトの返金方法をよく確かめてからご利用くださいね。

こちらの記事の執筆者

こちらも読まれています