飲む日焼け止めサプリランキング!おすすめ商品はこちら
飲む日焼け止めPCヘッダー
飲む日焼け止めスマホヘッダー

飲む日焼け止めサプリのおすすめ成分と期待できる効果について

目次

飲む日焼け止めの効き目とは?

疑問

日焼け止めを防ぐために日焼け止めクリームを使っている人が多いでしょう。

しかし、クリームは毎日塗り続ける必要があります。

海やプールでクリームが取れてしまうと、また塗らなければいけません。

もし、ビタミンCのサプリメントのように飲むだけで日差しから守る作用がある商品があると嬉しいですね。

飲むと内側からどんな効き目が期待できる?

効果

実は、そのような「飲む日焼け止め」のサプリメントが存在します。

肌に塗らないので皮膚が弱い人も心配いりません。

日頃、サプリを摂取している人なら、無理なく飲み続けることができるでしょう。

このようなサプリメントには、日差しのダメージから守る成分が含まれています。

この成分は植物から抽出しており、化学合成した成分ではありません。

そのため、安心して飲み続けることができます。

もっとも、一日飲んだだけで期待できるわけではありません。

夏だけでなく、1年中飲み続けることで、日差しのダメージから守る効き目が生じます。

なぜ飲むだけでいいの?直射日光による火傷には効く?

直射日光

「飲む日焼け止め」のサプリメントを飲んでも日焼けをしないということはありません。

直射日光による火傷を直接防ぐためには、従来からある塗る日焼け止めが必要です。

このサプリメントは飲むだけで日常的に日差しによるダメージを防ぐことができるわけです。

日差しによるダメージは、日焼けだけでなく、シミもあります。

飲む日焼け止めでは日差しによるダメージを防ぐことで、日焼けだけでなく、シミのケアもサポートできるのです。

「飲む日焼け止め」のサプリメントが美容にいいと言われるのは、このような日差しのダメージをサポートするだけでなく、商品によっては美容サポートにも良いとされる成分も多く含まれていることも見逃せないところです。

日本ではニュートロックスサン配合の飲む日焼け止めが人気

日本の女性

日本で人気がある「飲む日焼け止め」のサプリメントには、「ニュートロックスサン」と呼ばれる成分が含まれています。

シトラスとローズマリーから抽出したエキスなので、ナチュラルな成分が原料です。

そのため、副作用が生じにくいメリットもあります。

他にも日差しのダメージを防ぐ成分はありますが、ナチュラルな成分を原料とするニュートロックスサン配合であることで、安心して服用できるでしょう。

このような理由で、ニュートロックスサン配合の「飲む日焼け止め」が日本では人気が高いのです。

一方、海外ではフェーンブロックが主流

海外の女性

海外にも「飲む日焼け止め」のサプリメントがあり、日差しのダメージを抑えるとされています。

しかし、海外で販売されているサプリメントには先ほど紹介したニュートロックスサンではなく、「フェーンブロック」と呼ばれる成分が配合されていることが多いです。

ニュートロックスサンとフェーンブロックの違いは、原料となる植物です。

ニュートロックサンは、先程述べたようにシトラスとローズマリーですが、フェーンブロックはシダ科の植物を原料としています。

両者ともに紫外線照射試験をしており、日差しのダメージから守ることは実証されています。

ただ、開発している会社が違うため、海外ではフェーンブロックを販売している会社の方が優勢なようです。

ただ、シダ科の植物から抽出される成分にはアレルギーを誘発することがあると言われており、日本ではニュートロックスサン配合の飲む日焼け止めに人気があります。

塗る日焼け止めと飲む日焼け止めの違い

違い

では、塗る日焼け止めと飲む日焼け止めは何が違うのでしょうか。

塗る日焼け止めは、UVをカットする成分がクリームに配合されていますから、直接日差しから守ります。

これに対し、飲む日焼け止めは、先程述べた成分が日差しによるダメージから守ります。

塗る日焼け止めは、直接肌を守るのですぐに日差しケアが期待できます。

通勤前に肌が露出している部分に塗るだけで日差しから守ってくれるのです。

しかし、その反面、毎日塗らなければいけませんし、皮膚の弱い人は化粧品同様に肌のがさつきなどの副作用が生じる可能性があります。

ビーチでのバカンスであれば別ですが、朝の出勤時間帯に化粧以外に手間がかかるのは避けたいのではないでしょうか。

これに対し、飲む日焼け止めは、飲み続けることで日差しのダメージを防ぐ効き目が期待できます。

多くの飲む日焼け止めサプリメントに含まれる成分は植物由来なので、副作用も少なく、安心して飲み続けることができます。

しかし、塗る日焼け止めのように、朝飲めば一日大丈夫というような期待はできません。

継続することが飲む日焼け止めのサポート力を高める要因なのです。

塗るタイプと飲むタイプの併用がおすすめ

おすすめ

このように塗るタイプと飲むタイプの日焼け止めには長所と短所があります。

これらの効き目をうまく利用するためには、両者を併用することがお勧めです。

サプリメントとして飲む日焼け止めを飲み続け、日差しからのダメージサポートを持たせつつ、日差しが強い日には、塗るタイプの日焼け止めを使います。

こうすることで、日差しが強い日でもダメージを与えることなく、日焼けやシミを防ぐことが期待できるでしょう。

飲む日焼け止めで人気の主成分

サプリ

飲む日焼け止めとして期待できる成分として挙げられるのは、ニュートロックスサンとフェーンブロックです。

どちらも内側から日焼けケアがサポートできるとされていますから、安心して飲むことができます。

また、フェーンブロックと同様にシダエキスを使った飲む日焼け止めの成分として「PLエキス」があります。

ただ、成分はフェーンブロックとほぼ同じであり、「フェーンブロック」という名称が登録商標のため別名称にする必要があるため「PLエキス」と呼んでいるだけです。

ニュートロックスサンの特徴と効き目

ローズマリー

ニュートロックスサンは、シトラスとローズマリーから抽出された天然成分です。
そのため、副作用が起きにくいメリットがあります。

ただし、ローズマリーは妊婦さんには副作用があるとされているので、妊娠中の方は注意が必要でしょう。

また、血圧が気になる方にも何らかのトラブルがあるとされているので注意が必要です。

これらのトラブルの心配がない人であれば、ニュートロックスサンが含まれるサプリを飲み続けることで日差しからのダメージをサポートすることが期待できるでしょう。

ニュートロックスサンの傘のマークにはどんな意味がある?

どんな意味

ニュートロックスサン入りのサプリには傘のロゴマークが付いた商品があります。
これは、ニュートロックスサンが250㎎を超えた配合がされた証明されたことを意味しているのです。

証明するのは、サプリの販売会社ではなく、ニュートロックスサンを製造している「モンテローザ社」がしています。

250㎎というのは、日差しからのダメージをサポートさせるために必要な1日の摂取量です。

傘のロゴマークが付いていれば安心して飲み続けることができます。

ニュートロックスサンはシトラスとローズマリーから抽出される

自然

ニュートロックスサンは、ここまでで述べたようにシトラスとローズマリーから抽出されています。

両方ともナチュラルな成分ですし、ローズマリーは「ローズマリーティー」でご存知の通り、身近な存在でしょう。

ニュートロックスサンは、特別な薬品ではなく、自然成分が抽出されたエキスなので心配なく飲み続けることができます。

フェーンブロックの特徴と効き目

シダ

フェーンブロックは、シダの抽出成分が原料です。

シダには昔から皮膚炎などの治療に使われていた歴史があるようです。

そんなシダから抽出したエキスには、強力な還元力があるとされています。

そのため、太陽の光が当たることで生じるとされる色素沈着を防ぐことができるのです。

そんなシダのエキスを原料にしたフェーンブロックは、還元力だけでなく、外側から健康をサポートする成分でもあるとされています。

フェーンブロックとPLエキスと同じ?

疑問を感じる女性

さて、先ほどフェーンブロックは商標という話をしました。

ただ、成分はほとんど同じであることから、効き目も似ています。

また、シダのエキスを原料にしていることから、アレルギー体質の方はちょっと注意が必要です。

これはシダエキス特有の注意点で、花粉症がひどい人はアレルギーの症状が発症してしまう可能性があります。

ブライトニングパイン(パインセラ)の特徴と効き目

パイナップル

日差しによるダメージを防止すると言われる成分のひとつに「ブライトニングパイン」と呼ばれる成分があります。

名前の通り、パイナップルから抽出される天然成分です。

この成分は、日焼けをするとメラニンの生成を抑制すると言われます。

また、肌を明るくする効き目もあることから、「ブライトニング」という名前を接頭詞として付けられているのです。

ブライトニングパインは「パインセラ」とも呼ばれています。
両方とも同じ成分のことです。

エディブルシルクの特徴と効き目

シルク

エディブルシルクとは、文字通り「シルク」を原料とした成分で、酵素によって加水分解することでサプリメントとして加工されています。

エディブルシルクは、さまざまな健康サポート成分であると言われ、特に美容については還元作用が期待されています。

還元作用があるため、先ほど紹介したフェーンブロックやPLエキス同様に太陽の光が当たることでできるダメージをサポートすることができるのです。

フラバンジェノールの特徴と効き目

松の樹皮

フラバンジェノールとは、松の樹皮から抽出された、天然のポリフェノールです。

ただ、松なら何でもいいわけではなく、フラバンジェノール南西部ランド地方の海岸松の樹皮から抽出されたエキスを使っています。

ポリフェノールには、もともと還元力がありますが、フラバンジェノールに含まれるポリフェノールは「オリゴメリックプロアントシアニジン」という名称です。

これをヒアルロン酸と組み合わせることで、潤いサポート力がアップします。

>>日焼け止めサプリを始める前に副作用や危険性を把握しましょう

飲む日焼け止めによく配合されるサポート成分

このように飲む日焼け止めのサプリにはいろいろな成分が含まれています。
ただ、美容サプリには日焼け止めだけでなく、他の美容サポートも期待したいですね。

飲む日焼け止めには、ここまで述べた主成分の他に、次のようなサポート成分も含まれています。

メロンプラセンタ

メロン

プラセンタと聞くと、動物由来のプラセンタを思い浮べる人も多いでしょう。
しかし、メロンプラセンタは文字通り「メロン」を使った成分です。

メロンに胎盤があるのかと思われるかもしれませんが、植物で言うと種の周囲を守っている身の部分と言えばわかりやすいでしょう。

つまり、メロンで言えば種の周りにある一番甘い部分のことです。

もっとも、ここから抽出した成分なのでメロンだけ食べていてもサポート力は期待できません。

L-シスチン

牛乳

L-シスチンとは、アミノ酸の一種です。

牛肉、牛乳、小麦粉などに含まれており、食事から摂ることがほとんどでしょう。
しかし、食生活が不規則だったりすると欠乏することがあります。

L-シスチンは、内側から健康サポートをする成分なので欠乏するとトラブルの元になってしまうといわれています。

そのため、飲む日焼け止めにも配合されているのです。

リコピン

トマト

リコピンの名前は、よく聞くのではないでしょうか。
トマトやスイカに多く含まれる天然色素です。

ただ、色素とはいえ、還元作用を持つため、太陽の光が当たることでできるダメージをサポートすることが期待されます。

ザクロエキス

ザクロ

ザクロには植物エストロゲンが含まれています。

女性特有の健康サポートをする働きがあります。

また、美容には欠かせないコラーゲンも含まれています。

そのため、飲む日焼け止めにも配合されているのです。

セラミド

頬に手を当てる女性

セラミドは内側から水分や油分の保持し、潤いサポート力があるとされる成分です。
そのため、セラミドが不足するとカサカサになりがちです。

皮膚が乾くと日差しからのダメージを受けやすくなります。
そのため、飲む日焼け止めにも配合されているのです。

レッドオレンジ

レッドオレンジ

別名「ブラッドオレンジ」と呼ばれ、果肉が深い赤色のオレンジです。
見たことがある人もいらっしゃるでしょう。

このレッドオレンジには「アントシアニン」が含まれています。
アントシアニンは一般的に目の健康にいいと言われていますが、同時に還元作用もあり、飲む日焼け止めにも配合されているのです。

ビタミンC

ビタミンC

サプリメントには必ずと言っていいほどビタミンCが配合されています。

ただ、美容という面からすると、ビタミンCはコラーゲンを合成する際に必要な成分です。

そのため、飲む日焼け止めにも配合されています。

まとめ :飲む日焼け止めは主成分で選ぶべき?

まとめ

このように「飲む日焼け止め」は、いろいろな成分が含まれているサプリメントです。

サポート成分も豊富に含まれていますが、一番の目的は日差しのダメージから守ることです。

そのため、主成分が一番大切なことは言うまでありません。

主成分のニュートロックスサンとフェーンブロックは、双方ともに日差しによるダメージを防ぎますが、防ぎ方に違いがあります。

材料となる天然素材の違いから、人によっては避けた方がいい場合もあるでしょう。

自分にマッチした主成分の「飲む日焼け止め」をお勧めします。

よく比較されるニュートロックスサンとフェーンブロックの違いとは?

はてな

飲む日焼け止めの主成分として、ニュートロックスサンとフェーンブロックがあります。

この2つの成分は、日差しによるダメージから守るという点では共通していますが、防ぎ方は違いがあるのです。

まずニュートロックスサンの原料となるシトラスとローズマリーは、開発会社のモンテローザ社がある南スペインで育ったものが使われています。

南スペインは強烈な日差しが降り注いでおり、そんな場所で育ったシトラスもローズマリーも自然と還元作用が高まっていくのです。
自己防衛作用ですね。

このようにニュートロックスサンは、還元作用が非常に高い原料を使っているため、日差しによる肌のダメージを直接防ぎます。

日焼けしてしまった後でも、日焼けによるダメージを抑えることができるため、海外旅行から帰ってからのケアとして使うこともできます。

これに対し、フェーンブロックは、シダの抽出物からできたエキスが、日差しによってできたダメージをサポートしてくれるとされます。

アメリカのインディアンはこのことを知っていて、日焼け止め対策としてシダのエキスを使っていたようです。

このようにして、仕組みは違うものの、両者ともに日差しを原因とするダメージを防いでくれます。

敏感肌の方こそ塗るタイプより飲む日焼け止めを選ぼう

敏感肌

日焼け止めクリームを塗ったら肌がかさついてしまった経験がある人もいらっしゃるでしょう。

肌に付けるクリームは相性があるので、時にはかぶれが出てしまうことがあります。

これに対し、飲む日焼け止めは、先ほど述べた副作用的な注意点に気を付ければ問題が生じることはありません。

敏感肌の人は、下手にクリームをつけて肌のかさつきになるリスクを負うより、飲む日焼け止めを飲むことで日差しによるダメージを効率よく防ぐことができます。

敏感肌の方こそ、塗るタイプより飲む日焼け止めをお勧めできるといってもよいでしょう。

美容サポートもしてくれる飲む日焼け止めが人気

美容サポート

先ほど挙げた7つのサポート成分は、どれも美容のために効果があります。

サプリメントは粒になった商品なので、取り扱いやすいことも確かです。

時間に余裕があるバカンスであっても、肌に日焼け止めクリームを塗るのは大変でしょう。

塗り忘れた部分があると、そこだけ日焼けしてしまいみっともない状態になりかねません。

しかし、サプリメントであれば飲むだけで十分です。

また、配合されているサポート成分が状態をより一層よくしてくれます。

ニュートロックスサンの「傘のマーク」は日傘のようなサポート力があることを表していますか、正に「飲む日傘」と言って間違いはないでしょう。

今後も新しい注目成分が登場したら随時ご紹介していきます

このように飲む日焼け止めサプリは、塗る日焼け止めに比べて使い勝手がよく、内側からのサポート力もあります。

今後も、新しい注目成分が登場するかもしれません。

また新しい飲む日焼け止め成分が発表された際には当サイトでご紹介させていただきますね。

こちらの記事の執筆者

こちらも読まれています