飲む日焼け止めサプリランキング!おすすめ商品はこちら
飲む日焼け止めPCヘッダー
飲む日焼け止めスマホヘッダー

子供の肌を守るためには日焼け止めはとても重要

子供たちが外で元気に遊んでいるのを見ているのは、健康的でなんとも微笑ましいものです。

でも日差しが強い中、長時間遊んでいる子供たちの肌が気になりませんか?

大人よりもまだ肌が弱い子供たちは外で遊んでいるだけでも、肌に強い日差しの影響を受けてしまいます。

そんな子供たちの肌を守るためにはどういう日焼け対策をしていけばいいのか?という様々な情報について、こちらで詳しくまとめていますのでぜひじっくりと読んでみてくださいね。

子供の肌は日焼けでダメージを受けやすい

こども

子供の頃は、日に焼けて真っ黒になって遊んでいたものですが、ママたちが子供の頃よりも太陽の日差しは年々強くなっており、体に有害なUVの量も増えてきています。

日光にほどよく当たることは骨を丈夫にする効果もありますが、肌が未熟な子供たちは大人よりも日焼けの影響を受けやすくなっています。

現代では様々な研究が進み、子供の頃にUVを多く浴びると大人になってから皮膚がんになってしまうことが多いと最近よく記事にもなっています。

昔とは違い今はママがUV対策をして、子供の肌や未来の健康を守ってあげる子育てをしなければなりません。

私たち大人がUVケアをするのと同じように、帽子や長袖を着用させましょう。

そして生後3ヵ月頃の赤ちゃんの頃から10分以上の外出の際には、日焼け止めを塗ってあげるようにしてください。

日焼けによる子供の身体への影響

太陽光

1日10分くらいまで太陽の光にあたるのは、体内でビタミンDを作り出したりと体にとって良い影響もあります。

しかし、それ以上の時間、強い日差しを浴びてしまうと子どもの体に様々な影響が出てしまうのです。

肌が弱い子供は強い日差しにより、日焼けによる肌の腫れ、水ぶくれなどの重度のやけどをおってしまいます。

またそれだけではなく、子供時代の日焼けは歳を重ねた後、病気の原因になってしまったり、瞳にダメージを受けてしまいます。

そしてUVを多く浴びてしまうと健康上のトラブルを引き起こすともいわれています。

特に日差しが強くなる4月から8月は、1時間以上外で遊んでいるだけで、薄い子供の肌は強いダメージを受けてしまいますのでより注意が必要です。

大人と子供の肌の違い

親子

子供の肌は大人と違いとてもデリケートで、皮膚がとても薄くカサつきやすくなっています。

大人の肌は皮脂を出すことでUVへの抵抗を高めることができますが、子供は皮脂を出す力が弱くUVへの抵抗力も弱い状態です。

また、大人が使う日焼け止め商品のように、数値が高いものは子供の肌には負担がかかってしまいます。

子供に使用する日焼け止めはなるべく数値が低いものや、子供の肌専用のものを使用しましょう。

そして初めて塗る際には、念のためにパッチテストをしておくと安心です。

子供が日焼けした時の症状別対処法

チェックリスト

日焼け止めを塗っていたのに思いのほか日差しがきつく、肌が焼けてしまう場合もあります。

そんな場合には症状にあった適切な対処をしてあげてください。

わずかだけ赤くなっている時・真っ赤になっている時・痛みや水ぶくれができてしまった時

炎症

・赤くなってしまった時

肌が炎症を起こしているので、その部分を早急に冷やすことが大切です。

保冷材などを凍らせたもので冷やす場合は、肌への刺激にならないよう保冷材をタオルやハンカチなどでくるんでから、肌に当てるようにしましょう。

そして肌を落ち着かせ、炎症を緩和してくれる化粧水やボディーローションを肌にやさしく塗ってあげてください。

お風呂はシャワーだけにしておきましょう。

・痛みや水ぶくれができてしまった時

痛みや水ぶくれ、かゆみや湿疹ができてしまった時は、早急に皮膚科か、皮膚科が近くにない場合は小児科を受診してください。

日焼け止め・日焼け関連記事も合わせて読まれています

>>日焼け止めの苦手な点を無くすにはさらさらタイプをチェック
>>日焼け止め対策を意識した服選びのポイント
>>SPFを知り正しく日差しケア!もっと手軽な方法はサプリ
>>日焼け止め対策を意識した服選びのポイント
>>日焼けはどんなやり方がおすすめ?きれいな小麦色を目指す方法を紹介
>>日焼けで皮むけが起きてしまったら?役立つ対処法
>>日焼け後にオロナインで対処!正しい使い方や成分・副作用
>>敏感肌で日焼け止めを使いたいけれど不安な方へ
>>日焼け止めサプリを始める前に副作用や危険性を把握しましょう

日焼け止め(子供に合うもの)を選ぶポイント

こどもを守る

子供用に使う日焼け止めは、肌に優しく刺激性が少ないもの、そして必ず石鹸で落とせるものを選ぶことが大切です。

シーンに応じてSPF・PA値が子供に相応しいもの

SPF

・SPFとは?

肌がUVによって赤く炎症を起こすのをどれくらい遅らせられるのかを示したものです。
数値はSPF10~50+までとなっています。

強い日差しにより肌が炎症を起こし始める時間は20分といわれています。
SPF1を20分として計算しましょう。

例えば、SPF25なら20分の25倍の時間、500分日焼けを遅らせることができます。

・PAとは?

UVにより肌が黒くなり、時間をかけて老化していくのを遅らせるものです。
+~++++の4段階となっており、+が多いほうが老化を遅らせる力が高くなっています。

日常の公園遊びならSPF10~20、PAが+か++のものを。

海や山などレジャーに行く場合は、SPF30以上、PA+++のものを使用するようにしましょう。

石鹸で楽に落とせるものや刺激が少ないもの

石鹸

日焼け止めを落とす際にクレンジングを使うのは肌へ負担をかけるので、子供に使う日焼け止めは必ず石鹸で落とせるものを選びましょう。

また、紫外線吸収剤や着色料、香料など、肌へ刺激を与える成分をなるべく含まないものを選ぶこともポイントの1つです。

日焼け止めランキング!子供が使える商品

ランキング

こちらでは、楽天やAmazonなど通販サイトで購入できて子供の肌に使える、おすすめの日焼け止めをご紹介いたします。

参考価格としてAmazonでの販売価格を記載しました。(2018年10月調べ)

ハイム化粧品「チャイルドサンスクリーンミルク」

チャイルドサンスクリーンミルク

SPF20 PA++
Amazon価格1,042円

日差しから子供の肌を守る、刺激の少ない日焼け止めです。

皮膚に強い膜を作らず、耐水性の薄い膜で肌を守るので負担が少なく、石鹸で落とすことがでます。

2層タイプの乳液になっていて、とても肌になじみやすい商品です。

紫外線吸収剤、パラベン、香料、着色料、鉱物油、石油系合成界面活性剤、アルコール、殺菌剤を配合していないので、子供の肌に安心して使うことができます。

ユースキン製薬「ユースキンS UVミルク」

ユースキンS UVミルク

SPF25 PA++
Amazon価格805円

ヒアルロン酸、アミノ酸系成分、しその葉エキスなどのうるおい成分を配合している、うるおう日焼け止めミルクです。

無香料、無着色、弱酸性、アルコールフリーで、紫外線吸収剤も無配合と安心して使用できるノンケミカル商品となっています。
石けんや洗顔料で洗い流すことができ、柔らかい使用感で塗りやすい日焼け止めミルクです。

UV&OUTDOOR CARE「UVケアクリーム」

ママバター UVケアクリーム

SPF25 PA++
Amazon価格1,178円

ママバターのUVケアクリームです。
ナチュラルシアバターを5%配合した、肌に負担をかけずに家族みんなで使える日焼け止めとなっています。

シリコン、紫外線吸収剤、バラベン、合成香料・着色料、鉱物油などの合成成分は使っていません。

少し固めのクリームですので、手のひらで温めてから肌に伸ばしてあげましょう

>>日焼け止めはSPFを知りマスターましょう!もっと手軽な方法はサプリ

子供への日焼け止めの塗り方と注意点

子供に日焼け止めを塗ってあげる際は、重ね塗りすることやむらなく塗ること、そして2~3時間おきにこまめに塗り直すことがとても大切です。

顔や手足の塗り方の違い・重ね塗り

塗り方

顔に塗る際は、おでこ、鼻、両頬、あごに少しずつのせて、そこからまんべんなく広げて塗っていきましょう。

また、手足には直接、日焼け止めを直線上に出してから、手でくるくるとのばします。
塗る時にはむらにならないように気をつけてのばすことがポイントです。

1度塗り終えてから、もう1度重ねて塗るとより効果的ですね。

出かける前にきちんと塗っていても汗をかくと落ちてしまうので、夏など汗をかきやすい季節は特にこまめに塗り直すことがとても重要です。

また、日焼け止めを塗った日は夜お風呂に入った際に、日焼け止めを念入りにしっかりと落とすこともとても大切です。

きれいに落とせていない場合は肌に残ってしまうので、負担をかけてしまいます。

ママも子供も一緒に塗る習慣を

日焼け止めを塗る母親

また子供だけでなく、子供に塗ってあげる際にママも一緒に日焼け止めを塗ることを習慣にしていきましょう。

一緒に塗ることでお互いの塗り忘れを防ぐこともできますし、出かける前の習慣にすることで、子供のうちから紫外線とどう付き合っていくのかを学ぶ良い機会になります。

普段から子供を日差しから守るケアがとても大事

大事

近所まで少し出かけるだけだから、という油断は禁物です。

出かける際は午前10時~午後2時までの紫外線の強い時間を避けることや、お出かけの際は日焼け止めだけでなく、帽子や洋服にも工夫をしてあげましょう。

なるべく肌を出さないように普段から心がけてあげることが大事ですね。

帽子・ラッシュガード・UVカットの洋服など活用

帽子・サングラス

日焼け止めだけでなくお出かけの際、子供につばのある帽子を被せ、前だけでなく後ろからの日焼けもカットしましょう。

また、長時間のお出かけや海やプールでのレジャーにはUVカット加工を施されたラッシュガードなどを子供に羽織らせてあげることをおすすめします。

ラッシュガードは首まである、前開きの長袖タイプが脱ぎ着がしやすく便利です。

また体だけでなく、強い日差しから目を保護してあげることが必要です。
子供が嫌がらないようならサングラスをかけさせることをおすすめします。

長袖や長ズボンを着せた際に、特に夏など子供は沢山の汗をかきますので、ゴムの部分などにあせもができないように注意をしてあげてくださいね。

子供も飲める飲む日焼け止めがある

サプリ

また、子供を強い日差しから肌を守るためには、日焼け止めクリームや帽子などでケアする他に、飲む日焼け止めを使用するのもおすすめです。

夏の海や山へのレジャーの際や、長時間の外出のとき、こまめに日焼け止めを塗り直せない場合などに、飲む日焼け止めを使用すると安心ですね。

また、ラッシュガードや帽子を嫌がる子供にもおすすめします。

日焼けをしたくない1週間前から飲み始めるのが効果的といわれていますので、日差しがきつくなる季節が来る少し前に与え始めると、子供の肌を守ることができます。

子供の将来の健康のためにも赤ちゃんのうちから、ママが対策をしっかりとしてあげて、子供の肌を守っていきたいものですね。

こちらの記事も合わせて読まれています

>>ホワイトヴェールはニュートロックスサン配合で人気の飲む日焼け止め
>>飲む日焼け止めのサンタンブロックのここが知りたい人に!特徴・成分・購入方法
>>やかないサプリを販売のオルトはどんな会社?
>>アットコスメで人気の飲む日焼け止めとは?ランキングポイントやクチコミ件数の多いサプリ
>>
飲む日焼け止めサプリのおすすめ成分と期待できる効果について
>>飲む日焼け止めにはデメリットがある?抑えておきたい不安要素とは
>>飲む日焼け止めの購入!クリニックで買える?メリットや価格は?
>>アイハーブで飲む日焼け止めを買えるの?海外通販の疑問にお答えします
>>食べる日焼け止めとは?身体の内側からケアできるおすすめの食べ物
>>オーガニックの飲む日焼け止めはありますか?人気のおすすめ商品7選
>>ヘリオケアピュアホワイトラディアンスマックス240は日本人向けの飲む日焼け止め
>>飲む日焼け止めをついに資生堂が発売!「ピュアホワイト」の成分・効果・価格・口コミは?
>>飲む日焼け止めの購入!クリニックで買える?メリットや価格は?

こちらの記事の執筆者

こちらも読まれています