飲む日焼け止めサプリランキング!おすすめ商品はこちら
飲む日焼け止めPCヘッダー
飲む日焼け止めスマホヘッダー

日焼けサロンで小麦色に!初めてでもこれだけ知っていれば大丈夫

日焼けサロンのマシンのタイプ

日焼けサロン

日焼けサロンと言えば、店舗内でちょっと暗がりの個室にブルーのライトが光るカプセル状のマシンを想像するのではないでしょうか。

あなたが想像したかも知れないカプセル状のマシンはベッドタイプと呼ばれています。

そして、来店すると一目瞭然ですが日焼けマシンにはもう1つのタイプがあり、スタンディングタイプと呼ばれています。

まずは、この2つのタイプの日焼けマシンの利用について詳しく見ていきましょう。

ベッドタイプとスタンディングタイプの違い

日焼けした女性

ベッドタイプはカプセル状の日焼けマシンに寝転がって体を焼くタイプの日焼けマシンです。

ベッドタイプは寝たまま体を焼くことができるので、ラクに体を焼くことができます。

ベッドタイプの日焼けマシンに慣れてきた人は中で寝てしまうほど、ラクで快適なんです。

しかし、同じ体勢で寝転がっていると焼きムラが出てしまうので、一定時間ごとに体勢を変えて均等に光が当たるようにしないとキレイな仕上がりになりません。

スタンディングタイプの日焼けマシンは言葉の通り、立ったまま体を焼いていきます。

スタンディングタイプは20~30分の時間は立ちっぱなしなのでベッドタイプに比べると体がだるく少々疲れるかも知れません。

しかし、ベッドタイプに比べると全身ムラ焼くことができます。

それぞれのメリットやデメリット、また料金表を踏まえた上で、ベッドタイプとスタンディングタイプのどちらにするのか選んでみてください。

日焼けサロンで焼くペース

初心者の方が最も気をつけなければならないと言っても過言じゃないのが、日焼けサロンで体を焼くペースです。

体を焼くペースを誤ってしまうと、キレイな仕上がりにならなかったり皮膚がヒリヒリしてしまうこともあるんです。

ここで、初心者にオススメの失敗しない体を焼くペースをお伝えしていくので参考にしてみてください。

弱いマシンで20分程度がおすすめ!下地作り!3~4日置きから月1へ

砂時計とカレンダー

初回は出力の弱いマシンで20分程度焼くようにしましょう。

早くこんがりとしたカッコいい肌色にしたいという気持ちは十分理解できますが、まずは焦らないことが重要です。

はじめての日焼けマシンで長時間、強いマシンを使ってしまうと肌がぼろぼろになって、皮膚が剥がれ落ちてきてしまうこともあります。

なので、初回はできる限り弱い出力で20分程度に留めておいてください。

そして、2〜4回目までは3〜4日置きを目安に日焼けサロンに通うようにします。

4回目くらいになると、周りの人からの反応が変わるくらいに肌がこんがり焼けてくる人がほどんどです。

2〜4回目までは、まだ肌の下地作りの段階なので焦らずに、サロンのスタッフさんと相談しながら日焼けマシンの出力の強さや時間を決めていくといいですね。

最後に、5回目以降になると月1回のペースで十分なほど肌がこんがりしてきます。

もっと黒く焼きたいという人は月1回以上のペースでサロンに通っても構いませんが、あまりにも頻度を上げすぎると肌に与えるダメージも大きくなります。

あなた自身の肌の状態をその都度チェックしながら、焼き過ぎにだけは注意するようにしてください。

こちらの記事も合わせて読まれています

>>日焼けオイルを選ぶ時のポイント!売れ筋のおすすめ商品6選

日焼け関連の記事も読まれています

>>メンズの日焼け止めは必要?男性UVケア商品の選び方!おすすめ8選!
>>日焼け止めと下地はどう違う?順番は?2018年人気のアイテム5選
>>化粧水タイプでシンプルに日焼け止めを始めてみよう!人気のおすすめ商品4選
>>日焼けでむくみが出たら?理由・期間・対処法・皮膚科受診
>>日焼けのリスクは実はこれほどの身体へのダメージがある/span>

日焼けサロンに行くメリット

メリット

日焼けサロンに行かなくてもビーチや広場があれば太陽の光で体を焼くことができますよね。

太陽の力を借りればタダで体を焼き放題!と思ってしまうかも知れませんが、日焼けサロンには太陽の光で体を焼く

ことに比べると、かなりのメリットがあるんです。

・安全性
・仕上がりのムラ
・肌の色合い

の3つの観点から日焼けサロンのメリットを解説していきますね。

害を少なくできる!ムラなくきれいに焼ける!お好みの色あいで焼ける!

紫外線

日焼けサロンでは、比較的皮膚に害が少ない紫外線UV-Aで肌を焼いていきます。

紫外線はUV-A、UV-B、UV-Cに分類されて、このうち地表に届くのはUV-AとUV-Bです。

UV-BはUV-Aの600〜1000倍の毒性があると言われているので、太陽光で日焼けをするのは危険性が高いと言えます。

しかし、日焼けサロンでは毒性の低いUV-Aで肌を焼いているため、太陽光で肌を焼くよりは安全性が高いんですね。

また、サロンなら初心者でも簡単に全身ムラなく焼くことができます。

太陽光だと日の傾きや影が生じるので、ムラができやすくなってしまいます。

しかも、太陽の光で焼き具合を調整することは難しく、日差しが強い日、雲が多い日など天候に左右されることばかりで好みの色合いにすることは困難を極めます。

でも、サロンなら焼き具合や色合いも簡単に調整できるので、初心者には特にオススメですよ。

ウィキペディアで日焼けサロンの情報はこちら

>>日焼けサロン

資生堂アネッサの紫外線に関する内容はこちらから

>>肌への影響は?UV-A(紫外線A波)とUV-B(紫外線B波)の違い

日焼け関連の記事も読まれています

>>肌に危険なサンバーン!将来を見据えた対策の必要性
>>日焼け止めの選び方!全身用・顔用・敏感肌の人向けおすすめアイテム15選!
>>日焼けで赤くなるのはどうして?赤みのケアを行うのに役立つおすすめのアイテム10選!
>>40代におすすめの日焼け止め5選!顔用・ボディ用の売れ筋で人気商品各5選!
>>日焼けサロンで小麦色に!初めてでもこれだけ知っていれば大丈夫
>>メンズの日焼け止めは必要?男性UVケア商品の選び方!おすすめ8選!
>>日焼け止めと下地はどう違う?順番は?2018年人気のアイテム5選
>>さらさらの日焼け止めは気持ちいい!おすすめ商品も紹介!それでも負担を感じる時はサプリを検討するのもおすすめ
>>日焼けオイルを選ぶ時のポイント!売れ筋のおすすめ商品6選
>>プチプラの日焼け止めを探している方必見!安くてもスグレモノのアイテム10選

サロンできれいに焼くコツ

コツ

日焼けサロンで綺麗に焼くには次の3つのコツを覚えておいてください。

・日焼け用ローションをしっかり塗る
・体勢を変える
・汗をこまめに拭く

この3点を覚えておけば、初心者でも誰でも綺麗にムラなく焼くことができます。

それでは、最後にサロンで綺麗に焼く3つのコツを詳しく解説していきます。

日焼け用ローションをしっかり塗る!体勢を変える!汗をこまめに拭く!

日焼け用ローション

日焼けサロンで綺麗に焼くには、日焼け用ローションは欠かせません。

ムラなくこんがり肌を焼いているという人は、例外なく日焼け用ローションを使っています。

日焼け用ローションは日焼けサロンに常備されていることがほとんどですが、あなた好みの日焼け用ローションを持参してみてもいいかも知れません。

日焼けマシンの中に入っているときは、一定時間ごとに体勢を変えるとムラなく綺麗にやくことができます。

特にベッドタイプの場合は、仰向け4割・うつ伏せ4割・右側面1割・左側面1割というような割合で時間配分すると綺麗に焼くことができます。

スタンディングタイプの場合は体勢を大きく変える必要はありませんが、腕や脚の内側などに光が当たるように少しずつ体勢を変えてみてください。

また、汗をこまめに拭き取るようにするとより綺麗に焼くことができるので、ハンカチやタオルなどでチョンチョンと軽く叩くようにして拭き取るようにするといいですよ。

こちらの記事も合わせて読まれています

>>日焼けは知らず知らずに家事の積み重ねで起こるのが実は盲点
>>日焼け止めの苦手な点を無くすにはさらさらタイプをチェック
>>飲む日焼け止めのサンタンブロックのここが知りたい人に!特徴・成分・購入方法
>>やかないサプリを販売のオルトはどんな会社?
>>日焼け止め対策を意識した服選びのポイント
>>アットコスメで人気の飲む日焼け止めとは?ランキングポイントやクチコミ件数の多いサプリ
>>SPFを知り正しく日差しケア!もっと手軽な方法はサプリ
>>飲む日焼け止めサプリのおすすめ成分と期待できる効果について
>>飲む日焼け止めにはデメリットがある?抑えておきたい不安要素とは
>>子供にも日焼け止めはとても重要
>>飲む日焼け止めの購入!クリニックで買える?メリットや価格は?
>>アイハーブで飲む日焼け止めを買えるの?海外通販の疑問にお答えします
>>食べる日焼け止めとは?身体の内側からケアできるおすすめの食べ物
>>オーガニックの飲む日焼け止めはありますか?人気のおすすめ商品7選
>>日焼け止め対策を意識した服選びのポイント
>>日焼けはどんなやり方がおすすめ?きれいな小麦色を目指す方法を紹介
>>日焼けで皮むけが起きてしまったら?役立つ対処法
>>日焼け後にオロナインで対処!正しい使い方や成分・副作用

こちらの記事の執筆者

こちらも読まれています