飲む日焼け止めサプリランキング!おすすめ商品はこちら
飲む日焼け止めPCヘッダー
飲む日焼け止めスマホヘッダー

日焼け止めはSPFを知りマスターましょう!もっと手軽な方法はサプリ

年齢を重ねていっても、紫外線のダメージのない肌や綺麗な肌、シミのない肌を目指すスキンケアをしたいものですね。

そう思ってこまめに日焼け止めクリームを塗っているけど、今の自分の生活にあった本当の意味での日焼け止めクリームを使えているかわからないし、塗っているつもりでもすぐに日焼けしてしまったりという悩みをお持ちではないでしょうか。

日焼け止めの使い方に関して

・SPFやPAの値で使い分ける
・日焼け止めクリームの適量について
・1日に何度も塗りなおす必要がある
・最近では飲む日焼け止めサプリが流行っている

という日焼け止めクリームの基本的な情報を知って実践方法を守るだけで、格段に肌のダメージを軽減することができます。

本記事は、日焼け止めクリームの上手な使い方と、最近流行りの飲む日焼け止めサプリメントについてご紹介していきます。

日焼け止めのSPF!使い分けを意識した選び方

SPF

日焼け止めのパッケージにはSPF〇〇やPA++と記載されていますよね。

このSPFとは、Sun Protection Factor(サンプロテクションファクター)の略で、太陽から受けるダメージUV-B(赤くてヒリヒリする)を防止する値のことです。

今までは特に気にせず、数値の高い日焼け止めを選んではいませんか?

数値が高くなると確かに日焼け止めとしての効き目は強いわけですが、その反面お肌への負担が大きくなる原因をつくってしまうのです。

外に出るのが短時間の場合や、レジャーに行き長時間日光に当たる場合は日焼け止めを使い分けると、お肌にもお財布にも優しくなります。

SPFの数値・PAの「+」が高い・多い方が良いのはなぜ?

SPFの数値

SPF10の日焼け止めだと、なにもつけていない肌よりもダメージを10倍防いでくれます。

SPF1が20分間太陽からのダメージを防いでくれるので、SPF10だと

20分×SPF10=200分

ということになります。

もしSPF50だと、このSPF10の5倍防ぐ効果があることになります。

なので、この数値が高いほどあなたの肌を長時間守ってくれるので、赤くヒリヒリとしたくない方は、数値の高い日焼け止めを塗るとよいです。

生活をしていると、汗をかいたり衣服などで擦れたりするので、実際はそれよりも効果は持続しないです。

PAに表記に関しても、日光からの受ける肌のダメージを防止する数値ですが、こちらは短時間に黒くなるUV-Aを防ぐ値です。

+の数は1〜4で表示されており、これが多いほど防止してくれる効き目が高く、お肌や美容に気を使っている女性に関しては意識すると良いでしょう。

日常で使用する時と屋外・レジャーで使用する時のSPF数値

日焼け止めは、数値の高いものを1つ持っておくよりも、低いものや高いものを使い分けていくとお肌にも優しくなり良いです。

・SPF〜20:近くのスーパーに行く場合や、自宅で洗濯物を干す時などはSPFの数値が低いもので大丈夫です。
・SPF〜35:通勤やジョギングなど、1〜2時間程度の外出の場合はSPF35前後の日焼け止めを使うとよいでしょう。
・SPF〜50:レジャーやマリンスポーツなど、長時間外にいる場合は数値の高い日焼け止めがおすすめです。

もし持っていない場合は、持っている日焼け止めクリームを、いつも以上にこまめに塗りなおすと良いです。

こちらの日焼け関連記事も合わせて読まれています

>>日焼けでむくみが出たら?理由・期間・対処法・皮膚科受診
>>食べる日焼け止めとは?身体の内側からケアできるおすすめの食べ物
>>日焼け止めの服の選び方!色・素材・UVカットに注目!アイテムを自由に楽しむにはサプリもお見逃しなく
>>日焼けは知らず知らずに家事の積み重ねで起こるのが実は盲点
>>日焼け止めのSPFの数値は何を意味する?上手な使い方をするのは意外と大変!サプリの魅力も紹介
>>日焼けってどれくらい治る?期間・対処・治療内容とは?太陽ケアを普段から行うのが得策!
>>日焼け止めの正しい塗り方は意外と見落としがち!効果を上げるコツを実践!難しいならサプリもあり!
>>日焼けサロンで小麦色に!初めてでもこれだけ知っていれば大丈夫
>>日焼けはどんなやり方がおすすめ?きれいな小麦色を目指す方法を紹介
>>朝にビタミンCを摂ると返って日焼けするのはホント?タイミングを合わせた食べ物選びで日差しケアをしよう
>>肌に危険なサンバーン!将来を見据えた対策の必要性
>>日焼け後の皮むけの対処法やケア!むくのはNG?うっかり焼けてしまわないための注意点

日焼け止めを塗る際の注意点とは?

日焼け止めを塗る

外に出る時間が短い場合や値段の高い日焼け止めクリームを購入して、効き目が高いからといっていつもよりも薄く塗っている方は今すぐやめましょう。

それではせっかくのSPF数値で示されている効き目が半減します。

焼け止めは決められた量を正しい手順で塗って、初めて効き目を発揮します。

他に、白くなるのを嫌がったり、ベタベタするから少なく塗っている方も、商品によっては色の変化がないものや、塗った後のベタつきが少ないもがあるので、それを選びましょう。

それでは日焼け止めクリームを塗る際の、注意点についてご説明していきます。

日焼け止めを上塗りしづらい部分がある

背中

レジャーや海に行く際は、普段よりも薄着で肌の露出が多くなりますよね。

背中や首の後ろは人に頼まないと塗れないので、こまめに日焼け止めを上塗りすることができません。

他にも顔面は、メイクをする前に日焼け止めクリームを塗ってきても、汗や衣服ですれて取れてしまい、メイクを落としてまた塗りなおしたりするのは面倒ですよね。

そんな上塗りしにくい背中や顔は、ミストタイプを使うのがおすすめです!

手の届かないところでもシュッとひと吹きすれば塗ることができますし、メイクの上からでも問題なく使用することができます。

意外と塗る量が不足していることも?

塗る量

たっぷりと日焼け止めを使用している方も、それでも意外と塗る量が足りていない場合が多いです。

日焼け止めの規定の数値では、1㎠あたりに2㎎の量を塗ると正しく機能するようです。

1㎠あたりに2㎎の量と言われても、どれくらいの量か想像できないですよね。

顔に塗る場合だと、乳液タイプのとろっとした日焼け止めを顔に使用する場合は、500円玉くらいの量を塗る必要があります。

1回ではその量を塗ることができませんので、2、3回と分けて塗ります。

クリームタイプは、それよりも気持ち少なめで塗ると良いです。

それくらいの量を塗らないと、ちゃんとした効き目を発揮することができないようなので、高価な日焼け止めを薄く塗っていた方は、量を増やすか手頃な価格の商品に変えると良いでしょう。

汗をかいた場合、こまめに塗り直しする必要がある

水着の女性

大量に汗をかいていたり、海に入ると日焼け止めは自然と取れてくることは、あなたもご存知かと思います。

外出前に入念に日焼け止めを塗り、エアコンの効いた屋内にずっといて汗をかいていないので、塗りなおす必要はなく大丈夫だと思うのは危険です。

衣服で擦れて日焼け止めが取れてしまっていたり、自分では汗をかいていないつもりでも、毛穴から見えない汗をかいているので徐々に効き目は落ちてきます。

そのまま放っておくと、SPFの高い日焼け止めでも効き目はどんどん弱まっていくので、知らぬ間に肌にダメージを受けてしまいます。

なので、小まめに日焼け止めを塗るようにしましょう。

シーズン中に買った日焼け止めはシーズン中に使い切ろう

カレンダー

顔に使用するだけでも500円程の量を使用するので、正しく日焼け止めクリームを使うと1ヶ月程度で1本なくなる計算です。

しかし、夏の一番使うシーズンが終わるとそれまでのように頻繁に利用することがなくなるので、日焼け止めが中途半端に残りますよね。

安心してください。

残った日焼け止めは防腐剤が入っているので、引き続き利用することは可能です。

その場合は、

・日光が当たらないところで保管する
・高温にならないところで保管する
・日焼け止めが出る注ぎ口は綺麗に拭いておくようにしましょう。

防腐剤は入っていても、時間がたつと効き目が薄まるので、なるべく1年以内には全て使い切るようにしましょう。

未開封のものでも3年以内には使い切りましょう。

また、防腐剤の入っていない 無添加の日焼け止めに関しては、1年も持たないので必ず1シーズンで使い切るようにしましょう。

未開封の場合でも1年以内には使い切るようにしてください。

こちらの記事も合わせて読まれています

>>やかないサプリに注目!日差し対策したい方に欠かせない飲む日焼け止め
>>インナーパラソル16200はどんな飲む日焼け止め?内側からケアするサプリ?
>>リブランコートは太陽ケア対策成分フラバンジェノール配合の飲む日焼け止め
>>飲む日焼け止めのフェーンブロックはヘリオケアの特許成分!作用・飲み方・注意点
>>飲む日焼け止めボタニカルホワイトは外側からのケアの悩みを解決
>>ホワイトヴェールはニュートロックスサン配合で人気の飲む日焼け止め
>>雪肌ドロップはニュートロックスサン配合で大人気!国産の飲む日焼け止め
>>ホワイトヴェールとウブノンはどちらもニュートロックスサン配合!違いを検証!
>>ニュートロックスサン配合サプリでホワイトヴェールの人気が高いのはなぜ?
>>ポルクは嬉しい美容成分を多数配合しているのが特徴の日焼け止め
>>ビセットホワイトはニュートロックスサン配合で話題の飲む日焼け止め
>>ヘリオケアピュアホワイトラディアンスマックス240は日本人向けの飲む日焼け止め

こちらの記事も合わせて読まれています

>>飲む日焼け止めのサンタンブロックのここが知りたい人に!特徴・成分・購入方法
>>DHCの飲む日焼け止めならスーパーエイチツーサンシトラス
>>ノーブはPLエキス配合!実力派で人気の飲む日焼け止め
>>飲む日焼け止めのホワイタスプラスは効果がある? 成分・最安値は?
>>ホワイトショットインナーロックはポーラが開発!成分・注意点・飲み方・購入方法
>>ザホワイト【TheWhite】日焼け止めはどんなサプリ?メディアに多数登場の魅力に迫る
>>日焼け止めのホワイトヴェールは大人気!具体的にいつ飲むのがベスト?
>>まっしろ美白習慣はどんな日焼け止め?主成分のPLエキスとは?
>>ドクターメロンはどんなサプリ?主成分の効果は?どこで買える?
>>日焼け止めのやかないサプリを習慣化させよう!飲み方と注意点

日焼け止めサプリの魅力?クリームとの違い

魅力

最近芸能人や海外セレブが使用している、飲む日焼け止めサプリをご存知でしょうか?

今までは日焼けを防止するためには、日焼け止めクリームを塗るしか予防がなかったのですが、日焼け止めサプリは飲むだけで日焼けを軽減してくれる便利なサプリメントです。

日焼け止めクリームは日光から受ける肌のダメージを防止するために塗るのですが、サプリメントは体の中から日光から受けるダメージを軽減する働きがあり、根本的には違います。

副作用に関しては基本的にはないのですが、すべての日本人の体質にあっていて安心できるとは言えません。

海外で作られたサプリメントの場合、日本人が飲むと体質が合わなかったり、植物由来性のサプリメントだと、アレルギーを持っている方だと副作用が発生する可能性もあります。

また、ローズマリーなど子宮を刺激してしまう成分などもあるので、妊婦の方や、アレルギーをお持ちの方は、購入前に必ず成分表示を見ておきましょう。

>>飲む日焼け止めのランキングはこちら

1日の目安量を飲むだけでいい!塗り直し不要で年間通じて美容ケアが手軽にできる

サプリを飲む

サプリメントには、粒状のタブレットタイプや栄養ドリンクのような飲料タイプがございます。

SPFやPAといってように、サプリメントにも効き目にも値があります。

購入する前に、ニュートロックスサン(飲む日焼け止め成分)の数値が高いほど、成分力が高くなるので、値段とニュートロックスサンの数値のバランスを考えて購入するとよいです。

サプリメントの種類によっては、美容サポートにも良いとされるビタミンや、トマトなどに入っているリコピン、透明感をサポートしてくれる成分が入っています。

日焼け予防と体内の調子を整えてくれるので一石二鳥です。

塗る日焼け止めのようにシーンに合わせて商品を変えなくて済む

笑顔の女性

サプリメントを飲むと、SPF値の違う日焼け止めクリームを外出時間によって使い分けたり、海に行って何度も塗りなおす必要はなくなります。

他にも、肌の弱くて日焼け止めクリームが使えなかった人や、男性で日焼け止めを塗るのがめんどくさいと思っていた方も、サプリメントを飲むことで悩みを解消することができます。

サプリメントだけでも効き目は十分あるのですが、日焼け止めクリームと併用することでより日光からのダメージを防ぐことができます。

綺麗な肌を目指す方は、日焼け止めクリームの使い分けと、自分にあったサプリメントの両方を使うようにしましょう!

こちらの記事も合わせて読まれています

>>リブランコートは太陽ケア成分フラバンジェノール配合の飲む日焼け止め
>>飲む日焼け止めの購入!クリニックで買える?メリットや価格は?
>>日焼けってどれくらいで治る?肌の構造から学ぶ
>>日焼け止めサプリを始める前に副作用や危険性を把握しましょう

こちらの飲む日焼け止め関連記事も合わせて読まれています

>>日焼け止めサプリで副作用や危険性が心配!飲むものだからこそ事前に知っておきたい情報
>>飲む日焼け止めは注目を浴び続け美に敏感な芸能人から爆発的なヒット!
>>飲む日焼け止めにはデメリットがある?購入する前に抑えておきたい不安要素をまとめてみました
>>美容パワーを持つフラバンジェノールとは?スキンケア商品・日焼け止めサプリに配合
>>飲む日焼け止めサプリに配合されている主な成分のまとめ | 特徴や期待できる効果とは?
>>飲む日焼け止めは注目を浴び続け美に敏感な芸能人から爆発的なヒット!
>>ニュートロックスサンとは?飲む日焼け止めを失敗せずに選ぶためのポイント
>>飲む日焼け止めの原理を知りたい!植物由来の主成分の仕組みを解説
>>飲む日焼け止めは市販でも購入できる!選択肢は?通販とどっちがお得?

こちらの記事の執筆者

こちらの記事は専門家による監修を行なっています

米屋 裕美監修者:米屋 裕美

プロフィール:
認定薬剤師

大学病院の勤務を経て小規模病院へ。
そして、その臨床経験を生かして地域に密着した薬局で管理薬剤師として、調剤だけでなくOTCも担当販売。

こちらも読まれています