飲む日焼け止めサプリランキング!おすすめ商品はこちら
飲む日焼け止めPCヘッダー
飲む日焼け止めスマホヘッダー

日焼け止めの苦手な点を無くすにはさらさらタイプをチェック

目次

そもそもどうして日焼け止めがとても大事なの?

疑問

日焼けはお肌に良くない!だから紫外線対策をしっかりしなくちゃダメというのは、当たり前のように言われていることですが、そもそもどうして日焼け止めがとても大事なのでしょうか?

ただ、日焼けはお肌に大敵だからという理由だけで毎日日焼け止めを使用してはいませんか?

「そもそもどうして日焼け止めがとても大事なのか。」その理由を正しく理解した上で、適切で快適な日焼け対策をそろそろ始めてみてはどうでしょう。

日焼け止めをせずに、日光を浴びるとどんなことが起こるのかをより具体的に解説していきたいと思います。

肌の乾燥を引き起こす

肌の乾燥

日焼けすることによって、お肌は通常よりも乾燥しやすい状態となります。

ではなぜ日焼けするとお肌は乾燥してしまうのでしょうか。

実は、日焼けというのは、お肌にとっては、軽いやけどを負った状態と同じなんです。

日よけによって軽いやけどを負ってしまった肌は、冷やすなどのケアを行わないと熱を持ったままの状態が続いてしまいます。

ぽかぽかと熱い状態のお肌は、本来ならお肌をしっとり潤わせているはずの皮膚にある水分をどんどん蒸発させていってしまいます。

これが日焼けによるお肌の乾燥の原因となるのです。

お肌が乾燥した状態を放置してしまうと、お肌の乾燥はどんどん進み、うるおいのないガサガサとした状態になってしまうのです。

もちろん、日焼けしてしまったと思ったら、すぐに保湿ケアをしっかり行うようにすれば、お肌の乾燥も防ぐことは可能ですが、できれば、少しでもお肌への負担がかからないように日頃から日焼け止めを使用する方が安心です。

シミやそばかすの原因を作ってしまう

肌のシミ

シミやそばかすの原因となるメラニンは、紫外線によって作られることが多く、その紫外線は日焼けによるものです。

通常、紫外線は0.1mm~0.3mmという薄さの皮膚を通し、お肌の奥でシミやそばかすの原因となるメラニンを生成してしまいます。

若くて健康な人は、お肌のターンオーバーが正常に行われるため、できてしまったメラニン
はお肌に留まったり、シミやそばかすとして現れることなく剥がれ落ちていくものですが、その時の体調や加齢によって剥がれおちることのなかったメラニンは、いつかシミやそばかすとしてお肌の表面に出現してしまいます。

日焼け止めの選び方きちんと納得していますか?

納得できない

紫外線を少しでもお肌に浴びず、メラニンを作り出さないためにも日焼け止めをしっかり使用することはとても大切なことです。

そんな日焼け止めは、かなりの種類があり、使用用途や肌質に合わせて最適なものを選ぶことで普段のスキンケアのひとつとして、違和感や抵抗なく使用することができます。

しかし、お肌や用途にマッチしていなければ、使い心地が悪いと感じてしまい、使わなくてはいけないのに何だか億劫になってしまうという人も少なくありません。

快適に日焼け止めを使用するためには、選び方をきちんと抑えて納得した商品を使用することが大切です。そこで、日焼け止めの種類や選び方について簡単に解説していきたいと思います。

海やプールではウォータープルーフタイプを

プール

ウォータープルーフタイプの日焼け止めは、最近人気の高い日焼け止めの種類のひとつとして、様々なメーカーから販売されています。

ウォータープルーフタイプの一番の特徴は、水や汗に強いという耐水性や防水性のある成分を配合していることです。

海やプールで過ごすときや、スポーツで汗を流すときなどに最適の日焼け止めです。ただし、一般的な日焼け止めよりも塗りなおしを行う頻度をあげなければ、効果は半減してしまうので注意が必要です。

敏感肌が心配な方はノンケミカルタイプを

ハートマーク

もともとお肌が弱いという人や、化粧品などですぐに肌トラブルを起こしてしまうという場合は、ノンケミカルタイプの優しい日焼け止めがおすすめです。

日焼け止めには、ノンケミカル(無機系素材)と言われるものと、有機系素材と言われるタイプの2種類があります。

お肌に優しいタイプであるノンケミカル(無機系素材)の商品は、お肌に優しくて使い心地も良いのですが、その分コストが高いため、日焼け止めとしては金額が高めのものが多いです。

タイプは多彩なので使い心地が良いものを

使い心地が良い

日焼け止めには、今紹介しただけではなく、使い心地などによって種類があります。

実際に使用するときには、用途はもちろんですが、使い心地など自分の好みに合わせて選ぶようにすると違和感なく快適に使うことができます。

どんなタイプの日焼け止めがあるのかを紹介します。

クリーム・ローション・ジェル

クリーム

しっかりと塗ることができ、使いやすい日焼け止めといったら、クリームやローション、ジェルタイプがおすすめです。

ジェルタイプは、軽いつけ心地にも関わらずしっかり塗ることができるので男性にもぴったり。

クリームタイプの日焼け止めには、保湿成分が配合されているものが多いので、乾燥肌の人には保湿剤変わりとしても使用することができます。

毎日使用する日焼け止めとして使いやすいです。

スプレー・シート・パウダー

スプレー

スプレータイプやシート、パウダー対応の日焼け止めは、いつでも好きなタイミングで塗ることができるので、とても手軽に使用することができます。

手軽に使用することができる分、あくまでも補助的な日焼け止めとして使用するようにしないと、日焼け止め対策として十分な量ではない可能性が高いです。

メインの日焼け止めではなく、必要な時に必要な部分にというピンポイント的に使うようにしましょう。
>>敏感肌で日焼け止めを使いたいけれど不安な方へ

日焼け止めは重要!でも苦手と思う人もいる

苦手

日焼け止めをしっかり塗って紫外線をシャットアウトする必要があること、それがとても大切だということは理解することはできるけど、それでも日焼け止めはやっぱり苦手という人も少なくないのではないでしょうか。

なぜ、日焼け止めが苦手と思ってしまうのか、その理由は使い心地など人によって様々だと思います。

日焼け止めを塗ることは女性にとってはもう当たり前のスキンケアと思いつつも、毎日苦手なんだよなぁと思いながら、日焼け止めを使用している人は思った以上に多いかもしれません。

日焼け止めは苦手という人は、日焼け止めのどういうところが苦手なのでしょうか。その理由で多いものをいくつか紹介したいと思います。

におい・べたつき・白浮き・洗っても落ちにくいのも嫌

におい

日焼け止めといえば、あのなんとも言えない独特なにおいにべたつきが苦手という人は、圧倒的に多いと思います。

このにおいやべたつき感は日焼け止めの商品によってかなり改善されているものもありますが、それでもザ・日焼け止めと感じるものは拭い去ることができません。

また、メイク前に塗ると白浮きしてしまう場合もあり、せっかくのメイクが決まらない!と日焼け止めを嫌う人も多いです。

最近では白浮きの原因となる「紫外線散乱剤」の入っていない、またはちょっとしか配合されていない日焼け止めもあります。

日焼け止めを使用した後は、しっかりと洗い流す必要があるのですが、この洗い流す作業が思うようにすっきりしなくて嫌いという人も多いようです。

しっかり洗ってすすいでいるのにも関わらず、いつまですすいでもヌルヌルした感じが本当に嫌い!と思う人は日焼け止めを使いたくないとつい思ってしまうようです。

塗ることや塗り直しが面倒

時計

日焼け止めは、基本的には数時間おきに塗りなおすことでその効果を維持することができるものとなっています。

そのため、朝のメイクの時に日焼け止めを塗ったとしても、帰宅するまでに最低でも1回は塗りなおしが必要となってしまいます。

この塗り直しの頻度は、日焼け止めの種類や、どのような環境で過ごすのかによって違ってきますが、早ければ3時間~4時間おきに塗りなおす必要があります。

また、顔はメイクのタイミングで化粧水や乳液を使用するのと同じ感覚で使うことができるので面倒に感じることは少ないと思いますが、首や手、足などのお肌が露出する部分は、わざわざ塗るという作業をしなくてはいけないので、慣れるまではかなり面倒で嫌だと感じる人も多いですね。

日焼け止めが洋服に付着するのが嫌

洋服

日焼け止めは、お肌が露出している部分に塗るのが基本ですが、お気に入りの洋服を着ているときに、日焼け止めが洋服についてしまうのがどうしても嫌でという人も少なくありません。

日焼け止めの成分が洋服についてしまうと、白っぽい洋服は黄ばんでしまったり、黒っぽい洋服は白くなってしまうなど、イラっとしてしまうことも。

日焼け止めが洋服につかないようにするためには、日焼け止めが完全に乾いてから洋服を着るようにすればよいです。

まずは、日焼けしそうな部分に日焼け止めを塗って乾かしちゃうことを習慣にすると、間違って洋服に日焼け止めがついてしまうこともなくなります。

敏感肌なので刺激が苦手

苦手

ちょっとしたことですぐに肌が荒れてしまうから日焼け止めはできれば使いたくないという人もいますよね。

最近では、敏感肌の人でも安心して使用することのできる日焼け止めも多く販売されています。

赤ちゃんにも使うことのできる日焼け止めも販売されているので、肌質に合わせて刺激の少ないものを使用すると安心です。

敏感肌の人が安心して使うことのできる日焼け止めは、無添加のものや、ノンケミカルのもので、肌の刺激になるような成分が配合されていないものを選ぶようにしましょう。

また、保湿成分がたっぷり配合されているものを選んで使うようにすると、使い心地もよくて安心して使うことができます。

さらさら気持ちいい!おすすめの日焼け止め

女性の笑顔

使い心地の良くない日焼け止めを使用することほど、ストレスが溜まることはない!という人は、さらさらとした使い心地の良い日焼け止めを選んで使ってみませんか?

ここからは、さらさらとした感触がこれまでの日焼け止めの感触とは違う!とお気に入りになること間違いのない日焼け止めをいくつか厳選して紹介していきます。

日焼け止め選びの参考にしてくださいね。

ロート製薬「スキンアクアサラフィットUV さらさらエッセンス 無香料」

スキンアクアサラフィットUV さらさらエッセンス

ドライキープパウダーを配合しているので、お肌につけるとサラッサラになります。

紫外線をカットする効果も高く、汗にも強いので使い心地は抜群!日焼け止めの臭いが嫌いでという人も安心して使うことができるように、嫌な臭いがありません。

日焼け止めのここが嫌いという部分を限りなくなくして、紫外線をカットする効果も高めた日焼け止めです。

内容量:80g
SPF:50+
PA:++++

花王ビオレ「さらさらUV アクアリッチウォータリエッセンス」「さらさらUVパーフェクトミルク」

花王ビオレからは、2種類紹介します。

・さらさらUV アクアリッチウォータリエッセンス

さらさらUV アクアリッチウォータリエッセンス

みずみずしい感触が心地よいと人気の日焼け止めです。
日焼け止め効果が高いにも関わらず、効果が高い理由は、紫外線をカットする成分をウォーターカプセルに閉じ込めているからで、水のような化粧水を塗っているような使い心地です。

いつも使用している洗顔料でスルっと洗い流すことができるので、使用後のケアも楽ちん!

内容量:50g
SPF:50+
PA:++++

・さらさらUVパーフェクトミルク

さらさらUVパーフェクトミルク

ミルクタイプの日焼け止めなので、日焼け止め独特の白浮きも起こらず、しっかり肌へと馴染んでいきます。

水や汗に強いので、紫外線をしっかり防ぐことができると人気があります。

海や山で遊ぶ機会が多いという人に特におすすめです。

内容量:40g
SPF:50+
PA:++++

資生堂「アネッサ パーフェクトUV スキンケアミルク」

アネッサ パーフェクトUV スキンケアミルク

資生堂から販売されているアネッサは、日焼け止めが嫌いという理由を払拭することのできる最強の日焼け止めです。

スキンケア成分を50%配合させることで、お肌にうるおいをしっかり与えることに成功。日焼けや日焼け止めによる乾燥を防ぐことができます。

また、使用後は洗顔せっけんでするりと落とすことができるので、洗いあがりもさっぱり。紫外線をカットする効果は、「アクアブースター技術」によって汗や水に触れることで紫外線をカットするUVブロック膜が強くなるという技術を搭載しています。

内容量:60g
SPF:50+
PA:++++

スガオ 「シフォン感パウダー クリア」

シフォン感パウダー クリア

SPFやPAは弱いですが、きめ細かいパウダーによって透明感のある素肌を維持することができると人気のある商品です。

メイク直しに使用すると、メイクはもちろん、紫外線対策になります。

皮脂吸着パウダーが配合されているので、お肌のテカリを抑えることもできます。トーンチェンジパウダーを配合することで、光の加減によってお肌を明るくキレイに見せることもできます。

内容量:4.5g
SPF:23
PA:+++

ニベア 「ニベアサン スーパーウォータージェル」

ニベアサン スーパーウォータージェル

ニベアから販売されている日焼け止めは、ヒアルロン酸や天然植物エキスを配合させることでさらにうるおいアップとなっています。

つけ心地はジェルの軽いみずみずしい感じなので抵抗なく使用することができ、洗顔料や石鹸を使用して簡単に落とすことができるので使いやすいです。

無香料なので臭いが気になるという人も安心です。

内容量:80g
SPF:50+
PA:+++

日焼け止めにストレスを感じにくいものを選ぶのがコツ

コツ

日焼け止めの嫌な部分のないものをいくつか紹介してきましたが、気になるものはあったでしょうか。紫外線をお肌に受けないということは、今だけではなく数年先や数十年先のお肌をキレイに維持することにもつながるので、意識して使用することが大切です。

日焼け止めを使用するなら、できるだけ自分のお肌に合う、不快に感じないものを選ぶようにすると、日焼け止め対策が当たり前になって、毎日のスキンケアと同じ感覚で行うことができるようになると思います。

いくつか使用して自分がいいなと思うものを使ってみるようにしましょう。
>>日焼け止めはSPFを知りマスターましょう!もっと手軽な方法はサプリ

さらさらの日焼け止めも負担ならサプリの検討を

サプリ

使っていて不快な気分にならない「さらさらの日焼け止め」を紹介してきましたが、それでもやっぱり日焼け止めは好きじゃないし、できれば使いたくないという場合は、日焼け止め効果のあるサプリを使用してみるのもいいかもしれません。

「飲む日焼け止め」というサプリは、新たな紫外線対策商品として少しずつですが、話題と
なり使用し始める人も増えてきています。

飲む日焼け止めサプリとはどういうものなのでしょうか。

太陽ケアは夏だけじゃない!うっかり塗り忘れをした時でもサプリなら安心

秋

紫外線は、暑い夏の季節だけ行えばよいというものではありません。

紫外線の強さは、太陽の光が強く差し込む季節だけではなく、春や秋の穏やかな光にも紫外線は存在します。

日焼け止めクリームが嫌いな人や、紫外線対策のくせがついていない人は、季節によってついつい適当になってしまうという人もいると思います。

そんな人でも年間を通して日差しケアを行うことができるのが、日焼け止めサプリです。

日焼け止めサプリを飲む習慣がついていれば、日焼け止めを塗るのをうっかり忘れてしまったという時でも日差しをカットできるので安心です。

敏感肌の人・塗ることそのものが面倒な人も手軽に使える

音符と雲

どの日焼け止めを使用しても肌の調子が悪くなってしまうという人や、その時の体調によってお肌が敏感になってしまうからあまり肌につけるものは使いたくない。

でも、日焼けはやっぱりしたくないという人にこそおすすめなのが日焼け止めサプリです。

また、もともと美容にはそれほど関心はないけれど、健康には関心があってサプリを飲むのは当たり前という人にも日焼け止めサプリは、利用しやすいのではないでしょうか。

サプリは健康食品のひとつなので、食物アレルギーなどがなければ副作用などの心配も必要ありませんので、安心して使用することができます。

忙しいお出かけ前に飲むだけでOK・美容ケアまでできる

サプリを飲む

日焼け止めサプリは、紫外線をカットするだけではなく、美容効果のある成分も配合されているので、継続することで、日差しケアと美容効果の2つを得ることができます。

服用方法は簡単。医薬品ではないので好きなタイミングで飲めばよいだけです。

習慣にするためにも、朝お出かけ前に飲むようにすると忘れることなく続けることができるのではないでしょうか。

紫外線は、皮膚からだけではなく、目からも吸収すると言われているので、日焼け止めをお肌に塗りつつ、サプリも摂るとで、お肌の上からと体の中から紫外線を撃退することができます。

こちらの記事も合わせて読まれています

>>インナーパラソル16200はどんな飲む日焼け止め?

>>日焼けは知らず知らずに家事の積み重ねで起こるのが実は盲点
>>日焼け止めの苦手な点を無くすにはさらさらタイプをチェック
>>飲む日焼け止めのサンタンブロックのここが知りたい人に!特徴・成分・購入方法
>>やかないサプリを販売のオルトはどんな会社?
>>日焼け止め対策を意識した服選びのポイント
>>アットコスメで人気の飲む日焼け止めとは?ランキングポイントやクチコミ件数の多いサプリ
>>SPFを知り正しく日差しケア!もっと手軽な方法はサプリ
>>飲む日焼け止めサプリのおすすめ成分と期待できる効果について
>>飲む日焼け止めにはデメリットがある?抑えておきたい不安要素とは
>>子供にも日焼け止めはとても重要
>>飲む日焼け止めの購入!クリニックで買える?メリットや価格は?
>>アイハーブで飲む日焼け止めを買えるの?海外通販の疑問にお答えします
>>食べる日焼け止めとは?身体の内側からケアできるおすすめの食べ物
>>オーガニックの飲む日焼け止めはありますか?人気のおすすめ商品7選
>>日焼け止め対策を意識した服選びのポイント
>>日焼けはどんなやり方がおすすめ?きれいな小麦色を目指す方法を紹介
>>日焼けで皮むけが起きてしまったら?役立つ対処法
>>日焼け後にオロナインで対処!正しい使い方や成分・副作用
>>ヘリオケアピュアホワイトラディアンスマックス240は日本人向けの飲む日焼け止め
>>飲む日焼け止めをついに資生堂が発売!「ピュアホワイト」の成分・効果・価格・口コミは?
>>日焼け止めサプリを始める前に副作用や危険性を把握しましょう

こちらの記事の執筆者

こちらも読まれています

h3の花左 化粧水タイプでシンプルに日焼け止めを始めてみよう!人気のおすすめ商品4選

おすすめ

ベランダで洗濯物を干したり、近くのスーパーまで買い物に行ったりする際に、日頃から日焼け止め効果が高い化粧水を使用していると、強い日差しを気にせずにそのまま外に出られるのでとても便利です。こちらでは使用するメリットやデメリット、おすすめ商品もあわせてご紹介いたします。

詳しくみる