飲む日焼け止めサプリランキング!おすすめ商品はこちら
飲む日焼け止めPCヘッダー
飲む日焼け止めスマホヘッダー

日焼け止めの選び方!全身用・顔用・敏感肌の人向けおすすめアイテム15選!

目次

最適な日焼け止めを選ぶための基礎知識

ボードを持つ女性

自分にピッタリな日焼け止めを使うことができている人って結構少ないんです。

ドラッグストアなどでパケ買いしたり、CMで見たことのある日焼け止めが何となく良さそうだからという理由で買っていたりするので、最適な日焼け止めをなかなか選ぶことができていないんですね。

そこで今回は次の3つにポイントを絞って日焼け止めの選び方と実際にオススメのアイテムをご紹介していきます。

・敏感肌の人向けの日焼け止め
・全身用日焼け止め
・顔用日焼け止め

今まで、何となくで日焼け止めを選んでいたという方は特に参考にしてみてください。

SPFとPAはシーンに合せて選ぶのがポイント

紫外線カット

まず日焼け止めの強さを表す指標としてSPFとPAという値があります。

・SPF:シミやソバカスの生成に影響する紫外線B波(UVB)の防止効果を表す指標
・PA:肌の黒化などに影響する紫外線A波(UVA)の防止効果を表す指標

SPFは10〜50までの数値があり、数値が大きい方が日焼け止め効果が高くなります。

PAは+〜++++までの値があり、+の数が多いほど日焼け止め効果が高くなります。

そして、日焼け止めのSPF・PA別による使用シーンの違いは次のとおり。

・SPF10〜20/PA+〜++:日常的なシーン(散歩・買い物など)
・SPF20〜30/PA++〜+++:短時間の野外活動(軽めの運動・レジャーなど)
・SPF40〜50/PA+++〜++++:長時間の炎天下での野外活動(マリンスポーツ・屋外スポーツなど)

ドラッグストアなどに行った時にはSPFとPAの値に注目してみてください。

敏感肌の人でも使いやすいノンケミカルとは?

肌が弱い

ノンケミカルの日焼け止めとは、多くの日焼け止めに含まれている『紫外線防止剤』が含まれていない日焼け止めのことを言います。

紫外線防止剤は使い心地がよく、紫外線防止の効果が高くなりますが、肌が敏感な方にとっては大きな負担となることがあります。

ノンケミカルな日焼け止めを選ぶことで、敏感肌の方でも肌への負担が少ない日焼け止めができるというわけですね。

全身用・顔用・敏感肌向けから探すと見つけやすい

サーチ

あなたが敏感肌であれば、必ず敏感肌向けの日焼け止めを選ぶようにしてください。

そのうえで、日焼け止めを全身に使うのか、顔だけに使うのかを考慮して日焼け止めを選ぶようにします。

敏感肌向けの日焼け止めも沢山の種類が販売されているので、後ほどオススメをご紹介していきますね。

全身用でも顔に使える商品もある

日焼け止めは全身にも顔にも使えるかなり便利なものもあります。

どこにでも使うことができる日焼け止めは外出時の塗り直しにも便利なので、日差しの強い夏は1本くらいカバンの中に忍び込ませときたいですね。
>>日焼け止めはSPFを知りマスターましょう!もっと手軽な方法はサプリ
>>敏感肌で日焼け止めを使いたいけれど不安な方へ

日常で使うのにおすすめの日焼け止め選び

おすすめ

日常的なスーパーへの買い物や犬のお散歩で使う日焼け止めを選ぶポイントは2つあります。

・SPFの値が低いものでもOK
・使いやすさを優先する

日常的に高い頻度で使う日焼け止めは、日焼け止め効果よりも使いやすさ・使い心地を優先すると良いってことです。

それでは2つのポイントについてもう少し詳しく見ていきましょう。

低めのSPFを選んでも差し支えない

OK

スーパーへの買い物や犬のお散歩など比較的短時間の外出や日差しがあまり強くない日は、SPFの値が低めの日焼け止めを選んでもらっても全然大丈夫です。

例えばSPFが10〜20程度の日焼け止めでも差し支えありません。

また、SPFの値が高いほど肌への負担も大きくなるので、肌に大きな負担をかけないためにも普段使いの日焼け止めはSPFの値が小さいものを選ぶと良いでしょう。

繰り返し塗るのでボディークリーム感覚で使いやすさがあるものが最適

カレンダーと砂時計

普段使いの日焼け止めは、毎日塗ったり1日に数回塗り直すことも少なくありません。

だから、SPFの値よりもボディークリーム感覚で使いやすい日焼け止めを選ぶと良いでしょう。

使いやすい日焼け止めの方がストレスなく使い続けられますし、塗り直しにも時間がかかりません。

ドラッグストアのテスターなどで、しっとり感のある日焼け止めを手にとって試しながら選んでみてもいいですね。

屋外で使うのにおすすめの日焼け止め選び

効果

屋外で使う日焼け止めを選ぶポイントは次の2つです。

・SPFの値が高いものを選ぶ
・ジェルタイプ・スプレータイプの中から選ぶ

屋外で使う日焼け止めは日焼け止め効果と使いやすさの両方を求めて選んでみてください。

それでは2つのポイントについてもう少し詳しく解説していきます。

高めのSPFに注目して選ぶ

SPF

屋外で使う日焼け止めは普段使いの日焼け止めとは逆で、SPFの値が高いものを選ぶようにします。

特に、炎天下の中長時間にわたるレジャー活動やスポーツ、ほぼ全身を太陽に晒してしまう海や屋外プールなどでは必ずSPFの値が高いものを選ぶようにしてください。

例えば、SPFの値が40〜50+の日焼け止めがオススメです。

ただし、先程も少し説明したように、SPFの値が高い日焼け止めは肌への負担も大きくなります。

なので、敏感肌の方はノンケミカルでSPFの値が高い日焼け止めを探して使うことをオススメします。

レジャー・スポーツで体を動きにフィットするジェルタイプ

運動する女性

レジャーやスポーツでとにかく体を動き回す場合は、体の動きにフィットしやすいジェルタイプの日焼け止めがオススメです。

また、運動をすると大量の汗をかくと思うので、ウォータープルーフ処方の日焼け止めで、汗対策をしておくと良いでしょう。

海で使いやすいスプレータイプなら砂が付かない

ビーチにいる女性

ビーチで遊んだり寝そべったりする場合は、スプレータイプの日焼け止めがオススメです。

スプレータイプの日焼け止めは砂が付きにくく払い落とす手間も省けて、見た目もおかしくなりません。

また、サンドプルーフと言って、ウォータープルーフのような感じで砂が付きにくい日焼け止めも販売されています。

海に行くときは、スプレータイプやサンドプルーフ処方の日焼け止めを使ってみてください。

全身用で敏感肌の人におすすめの日焼け止め

さらさらした肌

あなたが敏感肌で全身用の日焼け止めを探しているのなら次の5つの日焼け止めがオススメです。

・ニベアサンプロテクトウォーターミルクマイルド
・ユースキンS UVミルク
・ニベアサンプロテクトウォータージェル
・アネッサパーフェクトUVサンスクリーンA+N
・サンカット日焼け止めジェル50 (ウォータープルーフ)

それぞれの特徴を詳しく解説していくので、敏感肌用&全身用の日焼け止めを探されているのであれば参考にしてみてください。

花王「ニベアサンプロテクトウォーターミルクマイルド」は肌に負担がないミルクタイプ

ニベアサンプロテクトウォーターミルクマイルド

ニベアサンプロテクトウォーターミルクマイルドはヒアルロン酸配合で、敏感肌や乾燥肌の方にオススメの日焼け止めです。

さらに、紫外線防止剤不使用・アルコールフリー・無着色・無香料・アレルギーテスト済みなので敏感肌の方でも安心してお使いいただけます。

SPF50+/PA+++なので強力な日差しの元でも大活躍、野外スポーツや真夏日のお出かけにも最適の日焼け止めです。

乳液感覚で敏感肌の方もやさしく使うことができる日焼け止めですね。

ただし、塗りすぎると不自然に白くなってしまうので、使う量には気をつけてください。

「ユースキンS UVミルク」はしその葉エキス配合のクリーム!子供も使える

ユースキンS UVミルク

ユースキンS UVミルクはミッフィーが描かれているパッケージが目を惹く日焼け止めです。

アルコールフリー・無着色・無香料・弱酸性で敏感肌の方だけでなく、お子さんにも安心して日焼け止めを塗ってあげることができます。

さらに、カサカサしがちなお肌のことを考えた、潤い成分のしその葉エキス配合。

SPF25/PA++で肌への負担が小さく、刺激に弱い肌にも比較的安心して使うことができます。

スキンケア用のクリームを塗っているような感覚で、キシキシする嫌な感じもなく変な臭いもありません。

日焼け止め特有の癖のある感覚や臭いが苦手な方にもオススメできる日焼止めです。

こちらの記事も合わせて読まれています

>>子供の肌を守るためには日焼け止めはとても重要

花王「ニベアサンプロテクトウォータージェル」はヒアルロン酸と天然成分配合

ニベアサンプロテクトウォータージェル

ニベアサンプロテクトウォータージェルは潤い成分のヒアルロン酸と天然植物エキスを配合した、化粧水のようなみずみずしい日焼け止めです。

ジェルタイプで激しい動きにもフィットするので、体を大きく動かすスポーツやレジャーにもオススメ。

化粧下地としても使えるので、日焼け止めをしながら朝のメイク時間の短縮もできるスグレモノです。

SPF50/PA+++なので、日差しが強い日に外で運動をするときに大活躍する日焼け止めだと言えます。

ジェルタイプなので肌につけたときにベタつかず、全身にスゥーッと伸びていくので塗りムラができにくいのも特徴です。

嫌なベタつきがないので年中でも使いやすい日焼け止めと言えるでしょう。

資生堂「アネッサパーフェクトUVサンスクリーンA+N」はサラサラの使い心地

資生堂アネッサパーフェクトUVサンスクリーン

アネッサパーフェクトUVサンスクリーンA+Nは、アマゾンなどのネット通販でも口コミの評価が高い大人気の日焼け止めです。

普通のウォータープルーフよりも、さらに汗・水分・皮脂に強い『スーパーウォータープルーフ処方』を採用しています。

海や屋外プール、大量の汗をかくようなスポーツをされるときに頼りになる日焼け止めですね。

SPF50+/PA++++という最高値の日焼け止めなので、強い日差しが降り注ぐ日も怖くありません。

肌に塗った感覚はベタつかずにサラサラしています。

スーパーウォータープルーフ処方なので重ね塗りをしすぎると落ちにくくなることもあるので、その点だけ気をつけてください。

コーセー「サンカット日焼け止めジェル50 (ウォータープルーフ)」はなじみやすいジェル

サンカット日焼け止めジェル50

サンカット日焼け止めジェル50は化粧水感覚のみずみずしさがあるジェルタイプの日焼け止めです。

化粧下地としても使うことができるので、朝のメイク時間の短縮にも効果的。

ウォータープルーフ処方なので、海やウォーターアトラクションなどで遊ぶ場合にも心強い味方になります。

ベタつきが気にならなず非常に馴染みやすいので、日焼け止め特有のベタつきが苦手な方にもオススメです。

顔用のおすすめの日焼け止め

スキンケア

次にご紹介するのは、首から上にフォーカスを当てた顔用のオススメトップ5の日焼け止めです。

・コーセー「雪肌精ホワイトUVジェル」
・アクセーヌ「スーパーサンシールドブライトフィット」
・ヤーマン「オンリーミネラルミネラルCC クリーム」
・ドクターシーラボ「BBクリーム」
・オバジC「マルチプロテクトUV乳液」

顔の日焼けが気になるという方は特に参考にしてみてください。

コーセー「雪肌精ホワイトUVジェル」は肌になじみやすい

雪肌精ホワイトUVジェル

雪肌精ホワイトUVジェルは雪色の肌を目指す女性に大人気です。

みずみずしい付け心地で、日焼け止めを塗っていることすら忘れてしまうくらい負担がない感覚です。

化粧下地としても使うことができるので、日焼け止めをしながら化粧の時短もできる便利なアイテムなんですね。

雪肌精共通のモダンフローラルのやさしい香りなので、雪肌精ユーザーだけでなく日焼け止め特有の嫌なニオイが気になる方にもオススメの日焼け止めです。

SPF50+/PA++++なので強い日差しのなかでも安心、雪肌を守りたい方にはぜひ使って欲しい日焼け止めです。

アクセーヌ「スーパーサンシールドブライトフィット」は明るく健やかな肌に見せる

スーパーサンシールドブライトフィット

スーパーサンシールドブライトフィットは、顔の肌が敏感という方でも安心して使える日焼け止めです。

紫外線防止剤を使わないノンケミカル・低刺激性・無香料・アルコールフリー・パラベンフリーという、敏感肌の方がワクワクするような安心設計なんです。

ノンケミカルでも珍しいSPF50+/PA++++という最高値の日焼け止めなので、肌の弱い方が炎天下のなか外出しなければならない場合にオススメです。

ウォータープルーフ処方で、汗・水分・皮脂に強いのにもかかわらず、石鹸で簡単に落とせるというのも嬉しい特徴ですね。

ヤーマン「オンリーミネラルミネラルCC クリーム」は天然成分配合のCCクリーム

オンリーミネラルミネラルCC クリーム

オンリーミネラルミネラルCC クリームは日焼け止めと化粧下地の2つの役割を持っているCCクリームです。

なんと、天然由来成分が96%配合で主に次の成分が配合せれています。

・インペラトリア葉エキス
・エピロビウムフレイスケリエキス
・カミツレエキス
・ラベンダーエキス
・ハイブリッドローズ

さらに、紫外線防止剤を使っていないノンケミカルなので、肌が刺激に弱いという方でも安心して肌に塗ることができます。

ノンケミカルなのに、白浮きしにくいので化粧下地にも最適なんですね。

SPF50+/PA++++という最高クラスの値でどんなに日差しが強い日にも使うことができる日焼け止めです。

メイクと同時に日焼け止めもできるので、時短アイテムとしても使える便利なCCクリームですよ。

ドクターシーラボ「BBクリーム」はビタミンC配合のBBクリーム

ドクターシーラボ BBクリーム

ドクターシーラボのBBクリームは美容成分85%で、高浸透ビタミンC・3種のフルーツ酸・アーチチョーク葉エキスを配合しているBBクリームです。

さらにドクターシーラボのBBクリームはこれ1本で次の7つの役割を持っています。

・日焼け止め
・クリーム
・美容液
・化粧下地
・コンシーラー
・ファンデーション
・毛穴カバー

だから、このBBクリームを使えば、肌への負担を極限まで抑えたメイクをすることができるんです。

もちろん時短にもなりますし、朝忙しい方にもオススメです。

そして、沢山の役割を果たしながらもSPF40/PA++++という高水準の日焼け止めなんですね。

日差しが特別強い日の通勤やデートなどでも、太陽を気にすることなく外出することができます。

オバジC「マルチプロテクトUV乳液」は有害物質からお肌を守る乳液

マルチプロテクトUV乳液

マルチプロテクトUV乳液はオバジCシリーズから誕生した日焼け止め乳液です。

『マルチプロテクトベール』を採用していて、空気中の有害物質から肌を守ってくれます。

さらに、汗・水分・皮脂に強いスーパーウォータープルーフ処方で、夏の遊びにピッタリの日焼け止めと言えます。

SPF50+/PA++++なので、炎天下の中でも太陽を恐れることはありません。

敏感肌の人にもおすすめの日焼け止め

2回に分ける

最後に敏感肌の方にこそオススメしたい日焼け止めを5つご紹介して終わりにします。

・ビーバイ・イー「ママバター UVケアミルクアロマイン」
・ファンケル「サンガー25 デイリーUV」
・DHC「薬用ホワイトニングセラムUV」
・資生堂「dプログラムアレルバリアクリーム」
・アクセーヌ「スーパーサンシールドブライトフィット」

ビーバイ・イー「ママバター UVケアミルクアロマイン」は虫除け成分も配合

ママバター UVケアミルクアロマイン

ママバター UVケアミルクアロマインは日焼け止めだけでなく、虫よけ成分も配合されている日焼け止めです。

虫が嫌がると言われているエッセンシャルオイル(精油)をブレンドしている香りつきの日焼け止めで、特の虫が多いシーズンに役立ちます。

SPR30/PA+++という数値で子供も使える日焼け止めなので、近所の公園に遊びに行ったりするときに使いたいアイテムですね。

紫外線吸収剤不使用でアレルギーテスト済みなので、肌が刺激に弱い方や小さなお子さんがいらっしゃる方にもオススメな日焼け止めです。

ファンケル「サンガード25 デイリーUV」は様々な刺激をガード

サンガード25 デイリーUV

サンガード25 デイリーUVは日焼けだけでなく日常の外部刺激からも肌を守ることができる日焼け止めです。

紫外線散乱剤をスキンケア成分でコーティングした『トリプルガード成分』を配合しているので、ブルーライトやPM2.5からも徹底ガードします。

SPF25/PA+++なので比較的肌への負担は少なく、紫外線吸収剤不使用のノンケミカルなので敏感肌の方でも安心して使うことができます。

付け心地はベタつかつになめらかに広がっていくので、塗りムラができにくいという特徴もあります。

DHC「薬用ホワイトニングセラムUV」は肌にやさしいUVケアを実現

薬用ホワイトニングセラムUV

薬用ホワイトニングセラムUVは、とことん肌にやさしい日焼け止めです。

SPF50+/PA++++という最高クラスの数値にかかわらず、紫外線吸収剤不使用のノンケミカルなので肌への負担は少なくなっています。

ヒアルロン酸や希少な白イチゴから抽出した植物エキスを贅沢に配合して、美容液・乳液化粧下地としても使うことができる日焼け止めです。

無香料・無着色・パラベンフリーなので、普通の日焼け止めでは刺激が強すぎるという方に特にオススメです。

資生堂「dプログラムアレルバリアクリーム」は小さい子供にも使える

dプログラムアレルバリアクリーム

dプログラムアレルバリアクリームはお肌にやさしいノンケミカル処方なので小さいお子さんにも安心して塗ってあげることができます。

また、花粉・ちり・ホコリなどの微粒子からも肌を守るので、花粉やホコリで肌荒れするという方にもオススメですね。

S30/PA+++なので、普段のお買い物や子供と一緒に公園に出かける際などにお使いいただけます。。

アクセーヌ「スーパーサンシールドブライトフィット」はとことん肌にやさしい

スーパーサンシールドブライトフィット

スーパーサンシールドブライトフィットは肌にやさしく、1年中でも使いたいと思えるような日焼け止めです。

使い心地はみずみずしく1日が終わってもベタつきません。

SPF50+/PA++++ですが、低刺激性でノンケミカルなので肌への負担が少なく敏感肌でも使いやすい日焼け止めです。

また、ウォータープルーフ処方で汗・水分・皮脂に強く、屋外スポーツや海・プールでも大活躍してくれます。

こちらの記事も合わせて読まれています

>>ホワイトヴェールとやかないサプリ成分・価格・飲み方・口コミで徹底比較
>>飲む日焼け止めの購入!クリニックで買える?メリットや価格は?
>>飲む日焼け止めをついに資生堂が発売!「ピュアホワイト」の成分・効果・価格・口コミは?
>>日焼け止めを意識した服選びのポイント
>>40代におすすめの日焼け止め5選!顔用・ボディ用の売れ筋で人気商品各5選!

こちらの飲む日焼け止め関連記事も合わせて読まれています

>>日焼け止めサプリで副作用や危険性が心配!飲むものだからこそ事前に知っておきたい情報
>>飲む日焼け止めは注目を浴び続け美に敏感な芸能人から爆発的なヒット!
>>飲む日焼け止めにはデメリットがある?購入する前に抑えておきたい不安要素をまとめてみました
>>美容パワーを持つフラバンジェノールとは?スキンケア商品・日焼け止めサプリに配合
>>飲む日焼け止めサプリに配合されている主な成分のまとめ | 特徴や期待できる効果とは?
>>飲む日焼け止めは注目を浴び続け美に敏感な芸能人から爆発的なヒット!
>>ニュートロックスサンとは?飲む日焼け止めを失敗せずに選ぶためのポイント
>>飲む日焼け止めの原理を知りたい!植物由来の主成分の仕組みを解説
>>飲む日焼け止めは市販でも購入できる!選択肢は?通販とどっちがお得?

こちらの記事の執筆者

こちらも読まれています