飲む日焼け止めサプリランキング!おすすめ商品はこちら
飲む日焼け止めPCヘッダー
飲む日焼け止めスマホヘッダー

日焼け後の皮むけの対処法やケア!むくのはNG?うっかり焼けてしまわないための注意点

日焼け対策をしていたつもりが、思いがけない夏の強い日差しで皮がめくれて困ったことはありませんか?

こちらでは、日焼けをした時に肌になにが起こっているのか、また皮がめくれる理由なども交え、対処方法を詳しくご紹介しています。

いざという時に慌てなくてもいいように、どういう処置をしたら良いのかをぜひ知っておきましょう。

 日焼けで起こる皮膚の変化

日焼け対策

日に焼けてしまった肌は、軽いやけどを起こしています。

日焼けにより炎症を起こしてしまった肌は色が変わるだけじゃなくいったいどういう状態になっているのかを見ていきましょう。

どうして日焼けすると皮がむける?そのメカニズムとは?

疑問

肌の1番外側にある表面の皮膚は角層と呼ばれ、外部の刺激から肌を守る働きをしてくれています。

しかし強い日差しを浴びると、UV波により角層は相当なダメージを受けてしまうのです。

そしてダメージを受けた皮膚は死んでしまい、がん細胞にならないように自然に消えようとして皮がめくれてくる仕組みになっています。

皮がむけたあとの肌は、まだ角層になる準備ができていないのに急に表面に出された未熟な皮膚です。

この未熟な皮膚には、表面に出る時に作られるはずのセラミドやアミノ酸などのうるおい成分がまだ作られておらず、とても敏感でダメージを受けやすい状態となります。

乾燥肌や敏感肌の方は肌の表面のバリア機能が低く、ひどい日焼けをしてしまう可能性があるので特に気をつけましょう。

肌の再生までにかかる期間

期間

ダメージを受けてから肌が再生するまでには約28日間かかるとされています。

肌の底から生まれた細胞は、次々と生まれてくる細胞たちに上に押し上げられていき、やがて1番表面にきて角化細胞となり、その後は1層ずつ垢(アカ)として自然にはがれ落ちていきます。

この細胞が生まれてから剥がれ落ちるまでを肌のターンオーバーといい、この期間が約28日間かかるのです。

皮膚が健康な状態の肌は、この再生する過程で潤い成分が充分に作られていくのです。

しかし日焼けで皮がむけた肌は、まだ外に出る準備途中の未熟な肌なのでセラミドなどのうるおい成分が不足しています。

日焼け後はこの不足しているうるおいを、化粧水やクリームで補うケアをしてあげなければいけません。

ダメージを受けた時の皮膚への影響

悩み

強い日差しを浴びることにより、皮膚の細胞に傷がついてダメージを受けてしまっています。

そして傷ついた細胞は赤くなってしまったり、年月を重ねるにつれてシミやシワとなって現れてくるのです。

また、何度も傷がつくことで細胞が突然変異し、皮膚がんになってしまうという情報もあります。

そうならないために、日頃から日差しから皮膚を守る対策をすることが大切です。

>>紫外線環境保健マニュアル2008
>>なぜなに紫外線!自由研究ヒント集|キッズのためのキレイクラブ|資生堂

日差しを浴びた後のスキンケア

スキンケア

日差しを浴びた肌は、やけどをした状態になって炎症を起こしています。

また強い日差しを浴びてしまった肌は72時間経つと、シミの原因となるメラニンが作られ始めてしまうのです。

日焼け後はすぐに肌を冷やし、正しいスキンケアをして炎症を抑え、シミができるのを防ぎましょう。

肌のダメージを減らす!早く冷やして炎症を抑える

シャワー

日焼けをした後はすぐに肌を冷やして、炎症を抑えることが重要です。

冷水でシャワーを浴びることや、ほてっている部分に冷たい水で湿らせたタオル、または保冷材をタオルで包んだものを当て、とにかく冷やしてください。

熱がひくまで冷やし続けること、そして絶対に肌をこすらないように気をつけましょう。
また冷たい水を飲んで体の内側から冷やすこともおすすめします。

化粧水などで肌の水分補給をお忘れなく

化粧水

まだ肌が赤くほてっている状態の時は、カーマインローションなどの肌を落ち着かせる化粧水を冷蔵庫などで冷やしてから、優しく肌につけていきましょう。

この時に肌をこすったり、パッティングをしないようにしてください。

しばらくは、肌が水分不足の状態になっていますので、化粧水でのお手入れを欠かさないようにしましょう。

また水を飲むなど、普段よりも水分補給もしっかりとするようにしてくださいね。

クリームや乳液で保護する

乳液

肌が炎症を起こしているので、化粧水を塗っただけでは水分が蒸発しやすくなっています。

化粧水を使ったあとにはクリームや乳液を必ず塗って水分を閉じ込めましょう。

普段よりこまめにうるおいを与えるお手入れをすることが大切です。

そして肌が少し落ち着いてきてから、シミ専用の美容液などを使用することをおすすめします。

こちらの日焼け関連記事も合わせて読まれています

>>日焼けでむくみが出たら?理由・期間・対処法・皮膚科受診
>>食べる日焼け止めとは?身体の内側からケアできるおすすめの食べ物
>>日焼け止めの服の選び方!色・素材・UVカットに注目!アイテムを自由に楽しむにはサプリもお見逃しなく
>>日焼けは知らず知らずに家事の積み重ねで起こるのが実は盲点
>>日焼け止めのSPFの数値は何を意味する?上手な使い方をするのは意外と大変!サプリの魅力も紹介
>>日焼けってどれくらい治る?期間・対処・治療内容とは?太陽ケアを普段から行うのが得策!
>>日焼け止めの正しい塗り方は意外と見落としがち!効果を上げるコツを実践!難しいならサプリもあり!
>>日焼けサロンで小麦色に!初めてでもこれだけ知っていれば大丈夫
>>日焼けはどんなやり方がおすすめ?きれいな小麦色を目指す方法を紹介
>>朝にビタミンCを摂ると返って日焼けするのはホント?タイミングを合わせた食べ物選びで日差しケアをしよう
>>肌に危険なサンバーン!将来を見据えた対策の必要性

日焼けで皮むけした時の対処法

対処法

・日焼けで皮がむけてしまった場合、あなたはどうしていますか?
・汚く見えるのが嫌で、無理に皮をむいてしまっていませんか?

こちらでは皮むけが起きてしまった場合はどうすればいいのか、対処方法をまとめましたのでぜひ参考にしてくださいね。

皮を無理にむくのはNG!自然にむけるのはOK!

日焼けで皮がめくれ始めた際に、無理に皮をむくのは絶対にやめておきましょう。

無理に皮をむいてしまうと未熟な新しい皮膚が日に焼けてしまい、またダメージを受けてしまいます。

まだむけていない部分を無理にめくることはせずに、自然にはがれていくのをじっと待ちましょう。

洗うのはそっとやさしく

ハート

普段と同じようにタオルでこすったりせず、刺激の少ないボディソープをよく泡立てて泡で洗うようにしたり、手でそっと優しく洗うようにしましょう。

肌にまだ赤みがあったりかゆい症状がある場合は、いつもより低い温度で冷やすようにしてください。

ビタミンC・ビタミンE・タンパク質をしっかり摂る

ビタミンC

肌の回復を早めるために普段の食事にプラスして、ビタミンC、ビタミンE、タンパク質を含む食品を多めに摂りましょう。

ビタミンCはメラニンが作られるのを抑える働きがあります。

ビタミンEはビタミンCと一緒に摂ることで、日焼けをした肌の回復を早めるとともに、シミやそばかすになりにくくしてくれます。

たんぱく質は肌を再生するために欠かせない栄養素なのでしっかりと摂りましょう。

それぞれの栄養素を多く含む食品はこちらです。

日焼け後はこれらの食品を選び、しっかりと食べましょう。

・ビタミンE 大豆、ごま、ナッツ、アボカド
・ビタミンC じゃがいも、柑橘系の果物、
・たんぱく質 肉や魚、大豆食品

充分な睡眠を意識する

睡眠

寝ているあいだに出る成長ホルモンは肌の修復やターンオーバーを助けてくれます。

日焼けをした後は肌だけでなく体も疲れていますので、睡眠時間を充分にとり、肌と体を休めることを心がけましょう。

こちらの日焼け止め商品関連記事も合わせて読まれています

>>40代におすすめの日焼け止め5選!顔用・ボディ用の売れ筋で人気商品各5選!
>>メンズの日焼け止めは必要?男性UVケア商品の選び方!おすすめ8選!
>>日焼け止めと下地はどう違う?順番は?2018年人気のアイテム5選
>>さらさらの日焼け止めは気持ちいい!おすすめ商品も紹介!それでも負担を感じる時はサプリを検討するのもおすすめ
>>日焼けで赤くなるのはどうして?赤みのケアを行うのに役立つおすすめのアイテム10選!
>>日焼け止めの選び方!全身用・顔用・敏感肌の人向けおすすめアイテム15選!
>>日焼けオイルを選ぶ時のポイント!売れ筋のおすすめ商品6選
>>プチプラの日焼け止めを探している方必見!安くてもスグレモノのアイテム10選

日焼けで皮むけしないための注意

大事

これまでお話したように、強い日差しをあびて皮がむけてしまうのは肌にかなりのダメージを受けてしまいます。

日焼けから肌を守るために、必ず日焼け止めを活用しましょう。

また、外出の際にはできるだけ直接、日差しを浴びないよう帽子などUVケアグッズで肌を守ることをおすすめします。

日焼け止めは薄く塗りがち!しっかりと塗る

クリームを塗る

顔には1円玉くらいの量を手にとり、両頬、おでこ、鼻、あごの5箇所において丁寧にのばしていきます。

そしてもう1度、同じ量を重ね塗りしてください。
顔は必ず2回重ねて塗りましょう。

首には10円玉くらいの大きさの量を手にとって、うなじや胸元、肩にも丁寧にムラなくのばしましょう。

腕や足には直接日焼け止めを1直線状に出し、それを大きく円を描くようにして広げていきます。

日焼け止めはたっぷりと使い、ムラにならないようにしっかりと広げていきましょう。

日焼け止めは2~3時間で塗り直すのを忘れないようにする

時間

出かける前にしっかりと塗っていても汗や皮脂で流れてしまうので、タオルで肌を拭いてからこまめに塗り直すことが大切です。

2~3時間ごとに塗り直すことを徹底すると効果的ですので、焼けないためにも忘れないように塗り直してくださいね。

日焼け止めグッズを活用(帽子・腕カバー・UVカット製品など)

帽子

日焼けをしないように、普段から日焼け止めグッズを活用することをおすすめします。

つばが広めの帽子で顔をカバーしたり、夏など腕を出す季節には腕カバーが必需品です。

そして目のを守るために、サングラスやUVカットメガネをかけることも欠かせません。

また最近ではUVカットができるパーカーやシャツ、ラッシュガードも人気です。

着るだけでUVケアができて見た目もおしゃれなものが増えているので、日焼け止めと併用して着用することをおすすめします。

様々なUVケアグッズが発売されていますので、情報をチェックして自分が使いやすいものを選んで積極的に取り入れていきましょう。

こちらの記事も合わせて読まれています

>>飲む日焼け止めおすすめランキング!サプリで本当に紫外線対策の効果があるの?

こちらの飲む日焼け止め関連記事も合わせて読まれています

>>やかないサプリに注目!日差し対策したい方に欠かせない飲む日焼け止め
>>インナーパラソル16200はどんな飲む日焼け止め?内側からケアするサプリ?
>>リブランコートは太陽ケア対策成分フラバンジェノール配合の飲む日焼け止め
>>飲む日焼け止めのフェーンブロックはヘリオケアの特許成分!作用・飲み方・注意点
>>飲む日焼け止めボタニカルホワイトは外側からのケアの悩みを解決
>>ホワイトヴェールはニュートロックスサン配合で人気の飲む日焼け止め
>>雪肌ドロップはニュートロックスサン配合で大人気!国産の飲む日焼け止め
>>ホワイトヴェールとウブノンはどちらもニュートロックスサン配合!違いを検証!
>>ニュートロックスサン配合サプリでホワイトヴェールの人気が高いのはなぜ?
>>ポルクは嬉しい美容成分を多数配合しているのが特徴の日焼け止め
>>ビセットホワイトはニュートロックスサン配合で話題の飲む日焼け止め
>>ヘリオケアピュアホワイトラディアンスマックス240は日本人向けの飲む日焼け止め
>>飲む日焼け止めのサンタンブロックのここが知りたい人に!特徴・成分・購入方法
>>DHCの飲む日焼け止めならスーパーエイチツーサンシトラス
>>ノーブはPLエキス配合!実力派で人気の飲む日焼け止め
>>飲む日焼け止めのホワイタスプラスは効果がある? 成分・最安値は?
>>ホワイトショットインナーロックはポーラが開発!成分・注意点・飲み方・購入方法
>>ザホワイト【TheWhite】日焼け止めはどんなサプリ?メディアに多数登場の魅力に迫る
>>日焼け止めのホワイトヴェールは大人気!具体的にいつ飲むのがベスト?
>>まっしろ美白習慣はどんな日焼け止め?主成分のPLエキスとは?
>>ドクターメロンはどんなサプリ?主成分の効果は?どこで買える?
>>日焼け止めのやかないサプリを習慣化させよう!飲み方と注意点

こちらの飲む日焼け止め購入関連記事も合わせて読まれています

>>アイハーブで飲む日焼け止めを買えるの?海外通販の疑問にお答えします
>>飲む日焼け止めの購入!クリニックで買える?メリットや価格は?
>>ピュアホワイトの購入はどこがおすすめ?公式サイトとAmazonで比較
>>やかないサプリ定期購入でどれくらいお得?解約はいつでもできる?

こちらの飲む日焼け止め関連記事も合わせて読まれています

>>日焼け止めサプリで副作用や危険性が心配!飲むものだからこそ事前に知っておきたい情報
>>飲む日焼け止めは注目を浴び続け美に敏感な芸能人から爆発的なヒット!
>>飲む日焼け止めにはデメリットがある?購入する前に抑えておきたい不安要素をまとめてみました
>>美容パワーを持つフラバンジェノールとは?スキンケア商品・日焼け止めサプリに配合
>>飲む日焼け止めサプリに配合されている主な成分のまとめ | 特徴や期待できる効果とは?
>>飲む日焼け止めは注目を浴び続け美に敏感な芸能人から爆発的なヒット!
>>ニュートロックスサンとは?飲む日焼け止めを失敗せずに選ぶためのポイント
>>飲む日焼け止めの原理を知りたい!植物由来の主成分の仕組みを解説
>>飲む日焼け止めは市販でも実は購入できる!選択肢は?通販とどっちがお得?

こちらの記事の執筆者

こちらも読まれています