飲む日焼け止めサプリランキング!おすすめ商品はこちら
飲む日焼け止めPCヘッダー
飲む日焼け止めスマホヘッダー

日焼け後にオロナインで対処!正しい使い方や成分・副作用

日焼けした時の肌の状態とは?

肌の状態

夏の行楽シーズンに海や山で遊んだり仕事で外回りが多いと肌の日焼けに悩まされてしまいますよね。

実は人の肌が日焼けしている状態って、軽いやけどをしている状態と同じような状態なんです。

そして日焼けによって肌がヒリヒリしたり赤みが出ている状態ことを『日光皮膚炎』と言います。

日光皮膚炎についてちょっと詳しく見ていきましょう。

日焼けは「日光皮膚炎」

紫外線

夏の炎天下の下に長時間肌を晒していると日光性皮膚炎を発症しやすくなります。

この日光性皮膚炎は誰もが発症するものなので、日焼けをしたことがないという人はいないのではないでしょうか。

日差しによって肌が日光性皮膚炎になってしまうのは日光に含まれる紫外線が原因です。

夏以外でも一年中日光皮膚炎になることはあるので、地面や建物に反射する紫外線にも気を付けたいところですね。

炎症を取るために冷す

冷す

日光皮膚炎による炎症を抑えるためには、まず最初に肌を冷やすことが大切です。

炎症が軽い場合は冷水でゆっくり流してひりひりや赤みを抑えていきましょう。

また、タオルを水で濡らして皮膚を冷やしてもいいですね。

保冷剤などを使って肌を冷やすときは直接冷やさないようにタオルなどで巻いてから冷やすようにしてください。

ひどくなると皮がむけたり水疱ができたりするので早めの皮膚科受診を

受診

日焼けがひどくなり熱傷Ⅱ度と呼ばれる状態になると皮がむけたり水疱ができたりします。

肌がそのような状態になった場合には数日で自然に治るようなことはありません。

日焼けをして皮がむけたり水疱ができたときは迷わず皮膚科を受診するようにしてくださいね。

日焼けの後にオロナインを使えるの?

オロナイン

塗り薬として昔から家庭に根付いていて様々な効果効能のあるオロナインですが、日焼けの後にも使うことができます。

オロナインは高価なものではないので、一家に一つは置いておいてもいいかも知れませんね。

そんなオロナインの日焼け後の使い方について詳しく見ていきましょう。

日焼け後のケアとして使う時の注意点・使い方

注意点

オロナインを日焼け後のケアとして使う前に、まずは患部を冷やして応急処置をしておきましょう。

その後に患部にオロナインを塗っていきますが、化膿を防ぐためにガーゼを当てて使います。

しかし、先ほど言ったような熱傷Ⅱ度以上の日焼けには使えません。

熱傷Ⅰ度の軽い日焼けだけに使うことができるので注意が必要ですね。

顔にも使える(防腐剤・ステロイド不使用)

美容

塗り薬に防腐剤やステロイドが配合されていると刺激が強いので顔に塗ることはおすすめできません。

しかし、オロナインは防腐剤・ステロイド不使用なので安心して顔にも使うことができるんですよ。

ただし、オロナインが目に入らないようにだけ注意をしてください。

万が一目に入った場合にはすぐに水がぬるま湯で洗って、症状が重い場合には医者に診てもらうようにしましょう。

古くからあるオロナインはどんな塗り薬?

オロナイン

オロナインは1953年に徳島で生まれました。

販売開始から60年以上経ちますが人気が衰えることはありません。

あなたもご存知の通りオロナインはやけど以外にも使うことができます。

オロナインにどのような成分が含まれているのか、どのような効果・効能があるのか見ていきましょう。

オロナインに含まれている成分

成分

オロナインには以下の成分が含まれています。

・有効成分
クロルヘキシジングルコン酸塩液

・添加物
ラウロマクロゴール
ポリソルベート80
硫酸Al/K
マクロゴールグリセリン
オリブ油
ステアリルアルコール
サラシミツロウワセリン
自己乳化型ステアリン酸グリセリル
香料
精製水

先ほども言いましたが、ステロイドは配合されていません。

有効成分として配合されているクロルヘキシジングルコン酸塩液は殺菌・消毒薬として広く使われている成分です。

あかぎれ・しもやけ・ひび・にきび・きりきず・すりきず・水虫・かるいやけど

にきび

オロナインは次のような場合に効果効能があります。

・にきび
・吹出物
・はたけ
・やけど(かるいもの)
・ひび
・しもやけ
・あかぎれ
・きず
・水虫(じゅくじゅくしてないもの)
・たむし
・いんきん
・しらくも

オロナインはやけど以外にも沢山の効果効能があるんですね。

お家に一つあれば安心できるのではないでしょうか。

ただし、症状がひどいものではなくあくまでも症状が軽いものに限ります。

どの場合でも、症状がひどくなった場合は病院に行くようにしてください。

第2類医薬品として販売

薬剤師

オロナインは一般用医薬品の中でも第2類医薬品として販売されています。

第2類医薬品とは副作用や飲み合わせなどで安全性上の注意がいるものです。

つまり、日常生活に支障が出るほどの副作用が出る恐れがあるということなんですね。

意外だったかも知れませんが、オロナインにはあまり知られていない副作用があるんです。

意外と知られていない副作用は?

悩む

オロナインは第2類医薬品に分類されるので副作用があることは既にお伝えしました。

イメージ的にはどこ家庭にもある安全な塗り薬としての印象が強いかも知れません。

しかし、副作用があるからにはその詳細をきちんと知ったうえで使う必要があります。

公式サイトで副作用の記載をチェック

検索

オロナインの公式サイトにある副作用の記載を確認しておきましょう。

公式サイトには以下の副作用の可能性があると記載されています。

・発疹・発赤
・かゆみ
・はれ
・乾燥
・ひびわれ
・アナフィラキシーショック

この中でもアナフィラキシーショックって気になりませんか?

アナフィラキシーショックと言えばスズメバチに刺されたときに発症する症状の名前として有名ですが、オロナインを使ったときも副作用としてアナフィラキシーショックを起こす可能性があるんです。

副作用として2017年10月「アナフィラキシー」が追記されている

疑問

オロナインの副作用の内の1つであるアナフィラキシーショックは2017年10月に追記されました。

アナフィラキシーショックの詳しい症状は次の通りです。

・皮膚のかゆみ
・じんましん
・声のかすれ
・くしゃみ
・のどのかゆみ
・息苦しさ
・動悸
・意識の混濁

かなり危険な症状がでる可能性があるようです。

万が一、以上のような重篤な症状が出て場合はただちに医師の診断を受けるようにしてください。

ひどい症状になる前に基本的なケアが肝心

美容

日焼けをしてひどい症状になってからでは処置が難しくなる場合もあるので、何よりも日焼けをしてひどい症状にならないように事前にケアをすることが肝心です。

事前にケアしておくことで100%日焼けを防ぐことはできませんが、多少は日焼けを軽くすることが可能になります。

ここでは、物理的に日差しを遮る方法と日焼け止めクリームを塗る方法をお伝えするので、日焼けの症状がひどくなってしまわないように頭の隅にでも入れておいてください。

物理的に日差しを遮る(洋服・日傘・帽子など)

太陽がまぶしい

まず日焼けの症状がひどくならないように、物理的に日差しを遮りましょう。

日差しを物理的に遮るには、洋服・傘・帽子などを使います。

ただし、日差しを遮るために洋服は何を着てもいいというわけではありません。

日差しを遮るために半袖より長袖の方がいいのはもちろんのこと、綿や麻などの天然素材よりもポリエステルやレーヨンの化学繊維の方が日差しを遮りやすいんです。

また、日傘を選ぶ基準には紫外線遮蔽率と遮光率がありますが、日焼けの症状を軽くするためには紫外線遮蔽率が高いものを選ぶようにしましょう。

そして、帽子を選ぶ際には繊維に紫外線を反射もしくは吸収する微粒子が練り込まれているものを選ぶと日焼けの症状がひどくならずにすみます。

また、洋服・日傘・帽子などを選ぶときは黒色などの暗めの色を選ぶと紫外線を吸収しやすくなるのでおすすめですよ。

日焼け止めクリームをしっかりと使用する

塗り方

洋服や日傘などで物理的に日差しを遮るだけでなく、日差しの強い日には日焼け止めクリームも合わせて使用することをおすすめします。

日焼け止めクリームにはSPFとPAという効果を表す表記を選ぶ際の基準としてください。

まずは、SPFという数値ですがこれはUVBという威力の強い紫外線の遮断率を表しています。

UVBは皮膚の炎症、皮膚がん、角膜炎などの原因にもなる紫外線なのでSPFの高い日焼け止めクリームを選びたいですね。

また、PAはUVAというUVBほど威力強くのない紫外線の遮断率を表し「+」の数で表示されます。

UVAは長時間浴びると健康に悪影響を与える恐れがあるので、外で長時間作業をした遊んだりする場合はPAの「+」の数が多いものを選んでください。

また、日焼け止めクリームには顔用と体用があるので、皮膚に悪影響を与えないためにもしっかりと使い分けるようにしましょう。

飲む日焼け止めもおすすめ!内側からケア

日差しが特に強い炎天下の日は日焼け止めクリームだけでなく、サプリも飲んで内側からケアをしていきましょう。

今回はおすすめサプリのホワイトヴェール、リブランコート、ビセットホワイトをご紹介します。

ホワイトヴェール

ホワイトヴェール

ホワイトヴェールは1日1回飲むだけで全身をトータルケアできるサプリです。

楽天の美容コスメその他ランキングで1位を取得したこともあり、女性にかなり大人気なんですね。

さらに、最近話題になっている成分のニュートロックスサンが配合されているので、炎天下の汗が止まらないような日でも安心して外出できるようになります。

『太陽に負けないサプリ』というコンセプトのホワイトヴェールでスッピンにも自信を持てるようになってみませんか?

リブランコート

リブランコート

飲むオールインホワイトケアと言われているリブランコート。

リブランコート1つで『バリア』『止める』『増やさない』『排除』の4ステップを補うオールインワンなんです。

リブランコートにはフラバンジェノールをはじめ、レッドオレンジ、ザクロ、アサイーなどの6種類のスーパフードも配合されて夏にはしゃぎたい女性には欠かせない成分ばかりなんですね。

お客様満足度91%という数値を叩き出しているので、あなたもリブランコートを飲むことできっと大満足な夏を過ごすことができるはずですよ。

ビセットホワイト

ビセットホワイト

ビゼットホワイトにもホワイトヴェールと同じ紫外線に強い植物から生まれたニュートロックスサンが配合されています。

さらに紫外線に植物のシトラスやローズマリーに含まれているナリンゲニン、カルノシン酸、ロズマリン酸も配合されています。

太陽の下で遊ぶことが大好きな女子たちにとっては欠かせない成分ばかりなんですね。

99.9%が植物由来成分なので、子育て中のママも安心して飲むことができます。

子供と一緒に近く公園で遊ぶことが多いというママには特におすすめですね。

こちらの記事の執筆者

こちらも読まれています