飲む日焼け止めサプリランキング!おすすめ商品はこちら
飲む日焼け止めPCヘッダー
飲む日焼け止めスマホヘッダー

日焼けオイルを選ぶ時のポイント!売れ筋のおすすめ商品6選

毎年、夏になるとビーチに寝ころんで日焼けをしている人たちの姿をよく見るのではないでしょうか。

小麦色の肌に憧れている人がとても多いのだと思います。

でもそんな肌に憧れていながらも、焼くと肌が赤くなったりシミが増えたりするのが怖くて、焼いてみたいけれど勇気が出ない人もたくさんいることでしょう。

こちらではそんな方々のために、日焼けオイルはどういうことを基準に選べば良いのか、そしてAmazonや楽天でランキング上位の人気日焼けオイルもご紹介しています。

日焼けオイルの役割やぞれぞれの特徴を知り、ぴったりの日焼け用オイルを見つけてくださいね!

日焼けオイルの役割とは何?

日焼けオイル

日焼けオイルを塗ると肌を黒くできると思っている人が多いかもしれませんね。

しかし実はそうではないのです。

正確にいうと、日焼けオイルも日焼け止め用品の1種になります。

こちらでは日焼けオイルを塗るとどういう役目をするのかを見ていきましょう。

飲む日焼け止めランキングも読まれています

>> 飲む日焼け止めサプリランキング!おすすめの5商品はこちら

無防備で日差しを浴びる日焼けとオイルを使う時の違い

太陽光

私達の肌は何も塗らずにそのまま無防備に強い日差しを浴びると、皮膚に炎症を起こして赤くなり、やけどをしてしまう「サンバーン」を起こします。

しかし日焼けオイルを使うと「サンタン」という、肌に炎症を起こさない軽い日焼けにすることができるのです。

強い日焼けをして肌が赤くなっている間に、体の中では肌を守るために黒いメラニン色素が作られます。

メラニン色素を作ることで、日差しから肌がダメージを受けることを防いでいるのです。

この時に作られたメラニンは皮膚を守る働きをしてくれますが、その一方では皮膚に沈着して肌を黒くしてしまいます。

メラニン色素はシミの原因ですが、強い日差しから肌がダメージを受けるのを防ぐ重要な役割もしてくれているのですね。

私達が日常、浴びている日差しにはA波とB波があります。

B波は肌に炎症を起こしダメージを与えますが、A波はB波のように肌に短い時間の間にダメージを与えることはありません。

日焼けオイルには炎症を起こす原因となるB波を防ぐ成分が配合されています。

オイルを塗ることで皮膚に受けるダメージを減らしながら、肌を濃く焼くことができるようになっています。

肌の色を濃くしたい場合には、強い日光から肌が受けるダメージを減らすために、オイルを必ず使用することが重要なのです。

日焼け関連の記事も読まれています

>>肌に危険なサンバーン!将来を見据えた対策の必要性
>>日焼け止めの選び方!全身用・顔用・敏感肌の人向けおすすめアイテム15選!
>>日焼けで赤くなるのはどうして?赤みのケアを行うのに役立つおすすめのアイテム10選!
>>40代におすすめの日焼け止め5選!顔用・ボディ用の売れ筋で人気商品各5選!
>>日焼けサロンで小麦色に!初めてでもこれだけ知っていれば大丈夫

日焼けオイルのタイプで選ぶ

様々なタイプがある日焼けオイルですが、初めて使う人はどれを選べばいいのかわからず悩んでしまいますよね。

こちらでは日焼けオイルをタイプ別にご紹介しながら、どんな場合にどのオイルを使うのがベストなのかをお話していきます。

ぜひこちらを見て参考になさってくださいね。

汗で落ちづらいのはローション

水着の女性

日焼け用オイルといえば、ローションタイプを思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。

ローションタイプはムラにならずに塗りやすく、体全体に手でまんべんなくたっぷりと塗ることができます。

初めての人にも使いやすいタイプとなっていますよ。

ただ、ローションタイプのオイルはべたつきがあるので、ビーチでは砂がつきやすくなります。

ローションタイプの中には、塗った後にサラサラになる商品や、オイルが入っていないタイプもありますので、後ほどご紹介しますね。

背中に塗るにはミスト

背中

背中などの手で塗ったりのばしたりしにくい場所には、ミストタイプがおすすめです。

塗りたいところにスプレーをするだけで、手軽に手を汚さずに使えるのも便利ですね。

ただ、気をつけていないとすぐに使いきってしまったり、塗りムラができてしまったりするのでまんべんなくスプレーをするように気をつけて使いましょう。

また汗で落ちやすいので、こまめに塗り直すようにしてくださいね。

塗り伸ばしやすいのはジェル

女性のカラダ

ジェルは少ない量でも広い範囲に伸ばすことができ、肌に潤いを与えてくれます。

軽いつけ心地で塗りやすく、乾けばベタつきもあまりありません。

ただ塗ってから乾くまでには少し時間がかかることを覚えておいてくださいね。

優しさを優先ならクリーム

安全

日焼け用オイルにも、販売している種類は少ないのですがクリームタイプがあります。

汗などで落ちにくく、塗った場所がわかりやすいので塗りムラになりにくいのが特徴です。

また落としやすいので、肌への負担をかけにくいことも人気の理由の1つとなっています。

日焼け関連の記事も読まれています

>>メンズの日焼け止めは必要?男性UVケア商品の選び方!おすすめ8選!
>>日焼け止めと下地はどう違う?順番は?2018年人気のアイテム5選
>>化粧水タイプでシンプルに日焼け止めを始めてみよう!人気のおすすめ商品4選
>>日焼けでむくみが出たら?理由・期間・対処法・皮膚科受診
>>日焼けのリスクは実はこれほどの身体へのダメージがある/span>

日焼けオイルのSPF数値で選ぶ

日焼けオイルにはSPF数値が表示されており、SPF0からSPF4の商品が一般的に販売されており、SPFの数値が小さいほど、日焼けをしやすくなっています。

まだ日焼けに肌が慣れていない人や、肌が弱い方はなるべくSPFの数値が大きいものを選び、肌に負担をかけないようにしてください。

SPF0~1は肌が強く小麦色に焼きたい方

背中

SPF0はほぼ日差しを遮ることがないので、肌へのダメージがかなり大きくなりますが、日に焼けやすくなり、肌を濃く焼くことができます。

こちらは肌が強い方や、日焼けに慣れている方、もともと肌が黒い方にはおすすめです。

日焼けオイルを塗ることで、SPF0でも肌の水分不足を防いでサポートしてくれますので、必ず日焼けオイルを塗って日焼けをするようにしましょう。

また、肌の強い方でも1日に3時間以上の強い日差しを浴びるのは避けるようにしてください。

SPF2~4は肌が弱い方・初めてオイルを使う方・女性

肌が弱い

日焼けオイルを初めて塗る方や女性の方はSPF2やSPF4のオイルを使うようにしましょう。

また肌が弱くて敏感な方はSPF数値の大きい商品を選び、肌への刺激を少なくしてくれるオイルを使うことをおすすめします。

肌を早く焼きたいからといってSPF数値が小さいものを選んでしまうと、肌へのダメージがとても大きくなってしまうので止めましょう。

海やプールならウォータープルーフを選ぶ

レジャーなどに出かけた際に、海やプールに入ることによりオイルが落ちてしまうと、肌にダメージを受けて赤く炎症を起こしてしまいます。

肌をビーチで焼きながら海やプールなどにも入りたい場合は、ウォータープルーフの日焼けオイルを選びましょう。

また、汗を大量にかく人にもウォータープルーフをおすすめします。

汗や水でも落ちにくい

プール

ウォータープルーフは水に強いので、汗をたくさんかいても長時間、日焼けオイルが落ちにくいことがメリットとなります。

肌を焼く目的があっても、海やプールにも入りたいという人におすすめですね。

ただ、ウォータープルーフタイプを使用した後は、日焼けオイルが肌に残ってしまうと肌トラブルを起こす原因になってしまいます。

そうならないように、ウォータープルーフタイプを使った日はお風呂でよく体を洗ってオイルの成分を流すようにしましょう。

香りや無香料をお好みによって選ぶ

疑問

日焼け用オイルにはトロピカルな香りやフローラルなど、バラエティー豊かな香りがある商品が多数、販売されています。

南国やフルーツなど、香りが好きな人にはたまらないものがたくさんありますよ。

なかでもココナッツの香りはとても人気がありますね。

また、なかには香りがついていない無香料タイプのものもありますので、お好みによって選んでみてください。

心地よい香りも楽しめる

心地よい

日焼けオイルのなかには、人気のココナッツやトロピカル、バナナなどのフルーツ系やフローラルなどの心地よい香りを楽しめるものがたくさんあります。

好きな香りに包まれていると、気分もあがりますよね!

ただ全身などオイルを塗る範囲が広くなるので、香りを強く感じることになってしまいます。

強い香りが苦手な人は香り選びの際に気をつけてください。

また肌が敏感な人は、香料が入っていない無香料タイプを選ぶようにしましょう。

日焼け関連の記事も読まれています

>>日焼け止め対策を意識した服選びのポイント
>>日焼け止めを使いたいけれど敏感肌なので不安な方へ
>>SPFを知り正しく日差しケア!もっと手軽な方法はサプリ
>>日焼けはどんなやり方がおすすめ?きれいな小麦色を目指す方法を紹介
>>日焼け後にオロナインで対処!正しい使い方や成分・副作用

人気の日焼け用オイルランキング6選

評判

こちらではAmazonや楽天で人気のおすすめ日焼けオイルを6品選んでみました。

それぞれに特徴がある人気の6件の商品を掲載していますので、じっくりとご覧いただきあなたにあった日焼けオイルを選んでくださいね。

もちろんメンズ、レディースを問わず使っていただける商品ばかりです。

また、肌を焼いたあとには充分に皮膚を冷やし、化粧水などで肌をいたわるケアを必ず忘れずに行ないましょう。

コパトーンタンニングウォーターSPF2

コパトーンタンニングウォーターSPF2

大正製薬
内容量200ml
Amazon価格 1,280円(税込)
楽天最安値価格 1,180円(税込)

広範囲に塗りやすいスプレータイプ!ココナッツの香り

ココナッツ

こちらは有名なコパトーンのタンニングウォーターです。

広い範囲でも塗りやすい霧状のスプレータイプとなっていて、手軽に使える日焼け用化粧水です。

アロエベラ液汁とキャロットが配合されており、肌へのうるおいも期待できますね。

肌に炎症を起こすB波のみをカットして守りながら、健康的な濃い肌色を得たい人におすすめの商品です。

南国を思わせるココナッツの香りも人気のスプレーです。

コパトーントロピカルサンドフリーハワイSPF2

コパトーントロピカルサンドフリーハワイSPF2

大正製薬
内容量120ml
Amazon価格 1,280円(税込)
楽天最安値価格 1,179円(税込)

べたつかず濃い日焼けを作る!トロピカルな香り

アロエベラ

トロピカルサンドフリーハワイはオイルタイプですが、さらっとしていてベタつかないドライオイルが嬉しい日焼けオイルです。

サンドフリータイプなので、砂浜でも肌についた砂がすぐに落ちてくれるようになっています。

ビーチに出かける際にはこちらの日焼けオイルを使うのが便利ですよね。

また、アロエベラエキスが配合されているので、肌のうるおいを助けながら体を焼くことができます。

トロピカルなハワイココナッツの香りが楽しめる日焼けオイルです。

こちらはSPF2で、濃い日焼け肌を作るのに適しています。

コパトーンゴールデンタンオイルフリーローションSPF4

コパトーンゴールデンタンオイルフリーローションSPF4

大正製薬
内容量120ml
Amazon価格 1,280円(税込)
楽天最安値価格 1,180円(税込)

サラサラの使い心地で汗をかいても快適!

魅力

ゴールデンタンオイルフリーローションはウォータープルーフタイプの日焼け用ローションです。

こちらはリゾート気分の爽やかな香りとなっています。

オイルが含まれていないのにのびが良く、べたつかずサラサラの使い心地が人気です。

ビタミンE誘導体(酢酸トコフェロール)が配合されており、肌のうるおいをキープしくれます。

肌へのダメージを抑えながら、小麦色の肌に日焼けをしたい方におすすめです。

コパトーンタンニングウォーターSPF4

コパトーンタンニングウォーターSPF4

大正製薬
内容量200ml
Amazon価格 1,280円(税込)
楽天最安値価格 1,180円(税込)

手軽に広範囲まで塗れる

効果

こちらも霧状のウォータースプレータイプで、お手軽に広い範囲に塗ることができるほんのりココナッツの香りがする日焼け用の化粧水です。

アロエベラ液汁とキャロットが配合されていて、肌を焼きながらうるおいも保ってくれるのが嬉しいですね。

こちらはSPF4なので、肌を焼きすぎることもなく、健康的な小麦色の肌を作りたい方におすすめです。

サンベアーズサンタンローションSPF4

サンベアーズサンタンローションSPF4

近江兄弟社メンターム
内容量100ml
Amazon価格 508円(税込)
楽天最安値価格 395円(税込)

ムラなくきれいに焼けるウォータープルーフ

美容

サンベアーズサンタンローションは、ウォータープルーフタイプの日焼けローションとなっていて、水や汗に強いので落ちにくいタイプとなっています。

ウォータープルーフタイプなのに肌に塗ってもベタベタせず、サラサラしているのが嬉しいポイントですね。

また天然保湿成分のアロエエキスが配合されているので、日焼けをした肌にうるおいを与えてくれます。

SPF4なので、お肌をしっかり守りながらムラのないきれいな小麦色の肌を目指す方におすすめのローションです。

カリフォルニアタンレイジ(ナジャペレーネ)

カリフォルニアタンレイジ

ナジャペレーネ(アメリカ製)
内容量130ml
Amazon価格 2,090円(税込)
楽天最安値価格 2,500円(税込)

美容成分配合できれいな日焼けを実現

日焼けした女性

カリフォルニアタンレイジジェルは、世界で高い人気を得ているカリフォルニアタンの日焼けオイルです。

新しい感覚のローションジェルタイプで、アロエベラ葉エキスやレモン果汁エキス、キュウリ果実エキスなど、肌に優しい美容成分も多く含まれています。

肌への負担を減らし、ケアをしながらきれいに日焼けをすることができると、口コミで評判の商品です。

美しく濃く日焼けをしたい方や、現在日焼けをしていてさらに肌を濃くしたい方におすすめです。

私達が想像する以上に日焼けをするので、こちらのオイルを初めて使う際には焼け過ぎないように注意をしてくださいね。

※記載されている価格は2018年10月27日現在の情報です。
また、ショップによって送料がかかる場合があります。
詳細は会員登録後にログインをしてご確認ください。

こちらの記事も合わせて読まれています

>>日焼けは知らず知らずに家事の積み重ねで起こるのが実は盲点
>>日焼け止めの苦手な点を無くすにはさらさらタイプをチェック
>>飲む日焼け止めのサンタンブロックのここが知りたい人に!特徴・成分・購入方法
>>やかないサプリを販売のオルトはどんな会社?
>>日焼け止め対策を意識した服選びのポイント
>>アットコスメで人気の飲む日焼け止めとは?ランキングポイントやクチコミ件数の多いサプリ
>>SPFを知り正しく日差しケア!もっと手軽な方法はサプリ
>>飲む日焼け止めサプリのおすすめ成分と期待できる効果について
>>飲む日焼け止めにはデメリットがある?抑えておきたい不安要素とは
>>子供にも日焼け止めはとても重要
>>飲む日焼け止めの購入!クリニックで買える?メリットや価格は?
>>アイハーブで飲む日焼け止めを買えるの?海外通販の疑問にお答えします
>>食べる日焼け止めとは?身体の内側からケアできるおすすめの食べ物
>>オーガニックの飲む日焼け止めはありますか?人気のおすすめ商品7選
>>日焼け止め対策を意識した服選びのポイント
>>日焼けはどんなやり方がおすすめ?きれいな小麦色を目指す方法を紹介
>>日焼けで皮むけが起きてしまったら?役立つ対処法
>>日焼け後にオロナインで対処!正しい使い方や成分・副作用

こちらの記事の執筆者

こちらも読まれています