飲む日焼け止めサプリランキング!おすすめ商品はこちら
飲む日焼け止めPCヘッダー
飲む日焼け止めスマホヘッダー

日焼けでむくみが出たら?理由・期間・対処法・皮膚科受診

強い日差しを浴びて日焼けをしてしまった後に、顔や足などにむくみが出たことはありませんか?

こちらでは日焼けによってむくみが出てしまう理由や治るまでの期間、そして日焼けをしてしまった時に家でできる対処方法などをまとめています。

思いがけず日焼けをしてしまった際に慌てないよう、普段から日焼けによるむくみや家でできる応急処置について知っておきましょう。

日焼けでむくみが起こる理由

疑問

日焼けをした後に、顔や足がパンパンにむくんでしまった経験はありませんか?

一見、日焼けとむくみは関係がないように思えますが、実は体にむくみが出るのは日焼けにより体がダメージを受けているからなのです。

こちらではなぜ日焼けによるむくみが起こるのかについて詳しくみていきましょう。

日焼けでむくんでしまうのはなぜ?

なぜ

むくみというと、長時間立ち続けたり座っていたりと同じ姿勢を続けることで起こるイメージがありますよね。

でも日焼けをすることによっても、足や顔などにむくみが起こってしまうのです。

日差しにより肌が強いダメージを受けてしまい、日焼けをした部分の血液やリンパ液の流れが悪くなることが原因で、むくみが起こります。

細胞間にある体液が血管に戻らずに余分な水分として溜まってしまい、浮腫(ふしゅ)という形になって現れてしまうのです。

また皮膚の水分の調節が上手くいかなくなることも、日焼けでむくみが生じる1つの理由となっています。

日焼けによりむくんでしまうときは皮膚にも水ぶくれができ、ヒリヒリと痛い状態が起きていることが多いので、家ですぐに応急処置をするようにしてくださいね。

むくみの出やすい人は「日光過敏症」の恐れもある

病気

強い日差しを沢山浴び、皮膚へのダメージが大きいほどむくみが現れやすくなっています。

しかし、なかにはそんなに日差しを浴びていなくても、足などにむくみが出る人がいるのです。

そういう場合は日光過敏症の可能性があります。

日光過敏症の場合は、少ない日差しでも皮膚が赤くなったりかゆくなったりするのです。

日光過敏症の原因は、遺伝によるものやアレルギー、代謝異常などさまざまで、まだ原因がはっきりとわからない場合もあるのです。

また薬を飲んでいたり、非ステロイド性消炎鎮痛剤を外用していたりする際に日光に当たって、日光過敏症を起こしてしまうことがあります。

過敏症の場合は、日焼け止めを塗り長袖やサングラス、帽子などで肌や目をガードするなど、日常生活での日差し対策を徹底することがとても重要です。

また皮膚科やアレルギー科を受診して医師の診察を受けてください。

日焼けのむくみが治るまでの期間

日焼けをしてしまい肌に炎症やむくみの症状が出てしまった場合、どのくらいの期間で治るのか心配ですよね?

こちらでは日焼けによるむくみが治るまでの期間や、日焼けが私達の肌や体に与えるダメージについて、詳しくみていきましょう。

約1~2ヶ月それ以上の場合もある!日焼けは思いがけないダメージを受ける

カレンダー

日焼けをしてむくみが出てしまった肌が完全に再生するまでには、最低でも1ヵ月ほどはかかります。

そして皮膚が完全にダメージから回復するには、約1ヵ月から2ヵ月はかかることでしょう。

もし日焼けをしたあとすぐに適切な対処をしていなかった場合は、完全に治るまで3ヵ月ほどかかってしまうこともあります。

1日で起きた日焼けが私達の肌や体に及ぼす影響は、思いのほか長く続いてしまうものなのです。

また、夏の強い日差しだけではなく、1年中日々、日光を浴びていることも私達の体に少しずつ害を及ぼしていきます。

日焼けは、肌に炎症やむくみを起こすだけではありません。

強い日差しを浴びてしまうと皮膚の遺伝子が影響を受けてしまい、皮膚の老化を早め、数十年後には皮膚がんになってしまう可能性があるという情報があるのです。

また、日光を浴びている時間が長い人ほど皮膚がんになりやすいという記事もありました。

屋外で毎日仕事をしている方はもちろん、屋内で過ごしている主婦の方も毎日のUV対策をしっかり行っていく必要があるのです。

ほんの少し近所まで外出するだけと思い日焼け対策をしていないと、少しずつUVの影響を肌に受けていってしまいます。

強い日差しに注意しながら、夏だけではなく1年を通して日焼けを防ぐ対策をしっかりとしていかなければなりません。

こちらの記事も合わせて読まれています

>>日焼けってどれくらいで治る?肌の構造から学ぶ

日焼け後、家庭ですぐにできる対処法

ポイント

日に焼けた跡を残さないためにも日焼け後は早急に対処し、炎症を和らげることが大切です。

日焼けくらいと適切な処置をしなかったり、いざという時に間違ったケアをしてしまったりすることのないように、正しい対処法を知っておきましょう。

家で適切な処置をすることで、日焼けの回復スピードに大きな差が出てきます。

こちらでは、家ですぐにできる日焼け後の対処法をご紹介いたしますので、日に焼けてしまった際はこちらの方法で処置をしてくださいね。

日焼けした部分を氷などで冷やす

冷やす

日焼けをして赤くなりヒリヒリする急性期は、15度以下の水でよく冷やすことが大切です。

ほてった部分を氷や保冷材をタオルで包んで肌を冷やしましょう。

痛みを感じる場合には、最低30分は冷やすことが必要です。

全身の日焼けには水風呂や水シャワーをして冷やし、炎症を抑えましょう。

また、日焼けをした体は水分を失っています。

冷やすことはもちろんですが、普段よりも水分を多めに摂るように心がけておきましょう。

冷感のある敷きパッド・ソフトタイプのアイスノン

睡眠

日焼けで火照ってしまった体におすすめなのがひんやりとした感触の敷きパッドです。

体を冷やし過ぎず、心地よく眠ることができます。

また、柔らかいタイプのアイスノンは日焼けをした肌を冷やすのにいいですね。

肌に乗せても柔らかくフィットしてくれるので使いやすく、1つあるととても便利なので、ぜひ冷凍庫にいれておきましょう。

清潔なガーゼで保護する

ガーゼ

充分に肌を冷やした後は、刺激を与えないことが大切です。

もし水ぶくれができてしまった場合は、つぶすとバイ菌が入ってしまいますので絶対につぶさないようにしましょう。

また日焼けした肌を保護するために、清潔なガーゼを当てておきます。

洋服を着る際は肌にこすれないように気をつけて、日焼けをした肌に密着しない、ゆったりとした服装をするようにしましょう。

内側からのケア!ビタミンを積極的に摂る

ビタミンC

日焼け後は、傷ついた肌を早く元の状態へ戻していくためにも、体の内側からもケアすることが大切です。

いつもの食事に加え、私達の肌を作っているたんぱく質やビタミンC、ビタミンEを積極的に摂るようにしてください。

ビタミンCは、シミの原因となるメラニンが作られるのを抑えてくれるので特に意識をして摂りましょう。

たんぱく質は納豆や卵、牛乳、豚肉、鶏肉など、またビタミンEはアーモンドや魚介類、ドレッシングなどに多く含まれています。

またビタミンCはピーマンやアセロラ、パプリカ、ゴーヤ、ブロッコリーなどから多く摂ることができるのでおすすめです。

日焼けをしたら夜更かしは厳禁!良質な睡眠を

寝室

日焼けをして傷ついてしまった肌は、私たちが寝ている間に新しい肌へと再生されていきます。

質の良い睡眠を普段よりもたっぷりととり、肌とともに疲れた体もしっかりと休めましょう。

日焼け後は寝る1時間前までには入浴を済ませ、できれば日付が変わるまでには眠りにつくように心がけたいものです。

応急処置後、ひどい場合は早めに皮膚科で診察を

診察

家庭で応急処置をした後も日焼けをした皮膚が痛くてたまらない、水ぶくれができてしまったという場合などは、できるだけ早く皮膚科を受診して診療を受けることが重要です。

ひどい日焼けを適切な処置をせずにそのままにしておくと、やけどをした時のように跡が残ってしまうことがあります。

間違った自己処理をせずに早めに診察を受けることをおすすめします。

日焼けは「1度のやけど」に分類されている

白衣の女性

やけどはその程度によって1度から3度に分類されています。

日焼けにより、肌の表面が赤くなりヒリヒリしている状態は、軽度の「1度のやけど」に分類されています。

1度のやけどは通常は水ぶくれにはならず、1週間ほどで症状は治まることが多いです。

2度のやけどの場合は、表皮の下の真皮まで炎症を起こしている状態です。

強い痛みがあり日焼けをした後、24時間以内に水泡ができてきます。

まだ軽い場合は2~3週間で治りますが、ひどい場合は治るまで3週間以上はかかり、やけどのあとが残ってしまう可能性もあるのです。

自己判断をしないで、早めに皮膚科を受診するようにしましょう。

軽い場合には、抗ヒスタミン薬、抗アレルギー薬、消炎鎮痛剤

処方薬

家庭で応急処置を行った後皮膚科を受診すると、軽い日焼けの場合にはかゆみの症状によって抗ヒスタミン薬や抗アレルギー薬、また痛みには消炎鎮痛剤が処方されることが多いです。

処方された薬をきちんと飲むことで、早く痛みやかゆみを抑えることができます。

痛みや水疱ある場合は、ステロイド外用薬

肌トラブル

はっきりとした痛みを感じる日焼けや水泡などの症状がでてしまった場合は、2度のやけどを起こしてしまっている可能性が高いです。

冷やして応急処置をした後に、必ず皮膚科などの医療機関を受診して治療を受けてください。

重度の場合は跡が残ってしまうこともありますので、我慢せずに早急に受診するようにしましょう。

医療機関で診療を受けると、通常はステロイド外用薬や抗生物質が処方され、ステロイド外用薬には、炎症を抑えて落ち着かせる作用があります。

薬局でもステロイド外用薬が購入できるため、自分の判断で購入して使っている方もいるかもしれません。

しかし市販されているステロイド外用薬は、症状が重い場合には適していない場合もあります。

また様々な副作用が起こることもありますので病院を受診して処方してもらい、患者は医師の指示に従って使用するようにしてください。

日焼けは急性期に起こるやけどやむくみの症状だけでなく、数十年後の健康をも害してしまう恐れがあります。

真夏だけではなく1年中、日光は私達に降り注ぎ、肌にじわじわとダメージを与えています。

普段から日焼け止めを塗ったり飲む日焼け止めを飲んだりして、将来の健康のために日焼け対策をしっかりすることを心がけ、毎日の習慣にしていきましょう。

こちらの記事の執筆者

こちらも読まれています