飲む日焼け止めサプリランキング!おすすめ商品はこちら
飲む日焼け止めPCヘッダー
飲む日焼け止めスマホヘッダー

日焼け止めを意識した服選びのポイント

服の色!日焼け止めになりやすいのは

カラフルな服

毎年、夏に女性を悩ませるのが肌の日焼けです。

強い日差しの中、家から一歩外に出ることさえ億劫になってしまいますよね。

そんな灼熱のような暑い日に気を付けたいファッションポイントが服の色です。

あなたは服の色で日焼けのしにくさが変わるってことを知っていましたか?

もし初耳というのであれば、単にサイズだけにこだわるのではなく明日からでも着る服の色を気にしてみてください。

黒い服なら日焼けしないのは本当?

黒い服

一般的に白などの明るいカラーよりも黒などの暗めのカラーの服のほうが日焼けをしにくいと言われています。

しかし、黒い服なら日焼けをしないというわけではありません。

真っ黒な服を着たとしても太陽の光を通してしまうので、日焼け対策は怠らないようにする必要があります。

白い服を着るならボトムスに

白いボトムス

白色などを明るい色は日焼けをしやすい服と言われています。

その理由は、白色が太陽の光を反射する役割を果たしてしまうからなんですね。

特に白色のトップスを着る場合は、トップスに反射した太陽の光が顔に当たって日焼けの大きな原因となってしまいます。

なので夏のコーディネートに白色を入れたいのであれば、トップスではなくボトムスに白色を入れてください。

ボトムスが白色であれば顔に反射する太陽光を抑えることができます。

また、どうしても白色のトップスを着たい場合は、顔や首周りの日焼け対策はバッチリ行うようにしてください。

こちらの記事も合わせて読まれています

>>服の色によって日焼けしやすかったりするんで・・
>>黒い服を着ていても日焼けして肌黒くなるんで・・

日焼け関連の記事も読まれています

>>肌に危険なサンバーン!将来を見据えた対策の必要性
>>日焼け止めの選び方!全身用・顔用・敏感肌の人向けおすすめアイテム15選!
>>日焼けで赤くなるのはどうして?赤みのケアを行うのに役立つおすすめのアイテム10選!
>>40代におすすめの日焼け止め5選!顔用・ボディ用の売れ筋で人気商品各5選!
>>日焼けサロンで小麦色に!初めてでもこれだけ知っていれば大丈夫

服の素材!日焼け止めになりやすいもの

服の素材

服は色だけでなく服の素材によっても日焼けのしやすさしにくさが分かれるということをご存知でしたか?

綿や麻、ポリエステル、レーヨン、ナイロンなど衣類には様々な素材が使われていますが、生地の性質に寄って日焼けのしやすさが変わるんです。

あなたのお気に入りの服が日焼けをしやすい服なのかしにくい服なのかを確認しながら記事を読み進めてみてください。

綿や麻は涼しいけれど日焼けしやすい

麻

夏になると涼しくて風通しが良い綿や麻のウェアを着たくなりますよね。

しかし、綿や麻は風を良く通してくれるのと同じように太陽の光も良く通してしまうんです。

だから、長袖の服を着ていたとしても素材が綿や麻の場合は、コッソリ太陽光も通して日焼けをしてしまっていたんですね。

次から、綿や麻の服を切るときは長袖を着ていたとしても日焼け止めを塗り忘れないようにしましょう。

ポリエステルやレーヨンは涼感が劣るけれど日焼けしづらい

綿や麻に対して、ポリエステルやレーヨンは日焼けをしづらいんです。

その理由は、綿や麻とは逆に太陽の光を通しにくいからなんですね。

ポリエステルやレーヨン素材の服を着ると日焼けはしづらくなりますが、風通しが悪いので清涼感は綿や麻よりも劣ってしまいます。

涼しさと日焼けしにくさのどちらを優先するのかはあなた次第ですが、どちらの素材の服を着るにしても日焼け対策はしっかりと行うようにしてください。

日焼け関連の記事も読まれています

>>メンズの日焼け止めは必要?男性UVケア商品の選び方!おすすめ8選!
>>日焼け止めと下地はどう違う?順番は?2018年人気のアイテム5選
>>化粧水タイプでシンプルに日焼け止めを始めてみよう!人気のおすすめ商品4選
>>日焼けでむくみが出たら?理由・期間・対処法・皮膚科受診
>>日焼けのリスクは実はこれほどの身体へのダメージがある

日焼け対策の服はUVカット素材を活用

日焼け対策

長袖の下にも日焼け止めを塗っておくのが理想ですが、服との摩擦や汗でどうしても日焼け止めが落ちてしまうのです。

それなら、いっそのことUVカット素材のものを着てみてはどうでしょうか?
UVカット素材を着ることで常に太陽光の光を遮断することができます。

しかも、放熱、吸汗、速乾などの機能も兼ね備えたUVカット素材の商品も販売されているので、真夏でも清涼感を保ったままUVカットができるのです。

UVカット素材の加工方法

2種類

UVカット素材の服には2種類あります。

1種類目はUVカット効果がある繊維が使われているものです。

ポリエステルやレーヨンに酸化チタンなどの化学繊維を混ぜ込むことで紫外線を乱反射・吸収します。

2種類目は綿や麻などの天然素材に紫外線錯乱剤や紫外線吸収剤を吹き付けたものです。

服に吹き付けた薬品によって紫外線を乱反射・吸収します。

UVカットの洋服は洗濯で効果が持続できるの?

洗濯機

1種類目の酸化チタンなどの化学繊維が混ぜ込まれたUVカット素材のものは選択によって効果は落ちません。

なので半永久的にUVカット効果を持続させることができます。

しかし、2種類目の紫外線錯乱剤や紫外線吸収剤を混ぜ込んだUVカット素材の服は、洗濯によって薬品が剥がれて効果が薄れてしまうのですね。

なので洗濯によるUVカット効果の減衰が気になる場合は、1種類目の化学繊維が混ぜ込まれたUVカット素材の服をおすすめします。

UVカット洗剤を使用した時の効果

洗剤

2種類目の薬品を混ぜ込んだUVカット素材の服は、UVカット洗剤を使用することでUVカット効果を持続させることができます。

また、元々UVカット効果のない素材の服でも、UVカット洗剤を使うことでUVカット効果を発揮して紫外線対策をすることができるんですね。

夏の日差しが強い季節だけでも、UVカット洗剤を使ってみてはどうでしょうか?

こちらの日焼け止め商品関連記事も合わせて読まれています

>>40代におすすめの日焼け止め5選!顔用・ボディ用の売れ筋で人気商品各5選!
>>メンズの日焼け止めは必要?男性UVケア商品の選び方!おすすめ8選!
>>日焼け止めと下地はどう違う?順番は?2018年人気のアイテム5選
>>さらさらの日焼け止めは気持ちいい!おすすめ商品も紹介!それでも負担を感じる時はサプリを検討するのもおすすめ
>>日焼けで赤くなるのはどうして?赤みのケアを行うのに役立つおすすめのアイテム10選!
>>日焼け止めの選び方!全身用・顔用・敏感肌の人向けおすすめアイテム15選!
>>日焼けオイルを選ぶ時のポイント!売れ筋のおすすめ商品6選
>>プチプラの日焼け止めを探している方必見!安くてもスグレモノのアイテム10選

日焼け対策とファッションの板挟みで悩む

悩む

オシャレに着飾りたいけど…日焼けをしてシミやそばかすの原因を作りたくもないですよね。

オシャレと日焼け対策を両立することができれば、すぐに悩みは解決しますがそう簡単には解決できることではありません。

何か良い方法は無いのかと考えながら毎年の夏を過ごしているのではないでしょうか?

日焼け対策を重視するとファッション性が損なわれる可能性も

落ち込む

日焼け対策のために帽子をかぶってサングラスをして手袋もしていると、まるで凶悪犯罪者のような見た目になってファッション性が皆無になってしまいます。

そんなに大げさな日焼け対策をしなくても、多少なりとも日焼けを気にすることで本当に着たい服が着れなくてファッション性は損なわれますよね。

肌を露出した格好もしたいと心の中で思っていても日差しが強くてなかなか肌を見せるファッションができないのではないでしょうか。

日焼け対策の服や日傘・腕カバーなどの活用で暑さが倍増する悩み

暑い

美容や健康のために日焼け対策をすることでファッション性が損なわれるだけでなく、同時に清涼感も損なわれてしまいますよね。

日傘や腕カバーを購入し活用すればしっかり日差しを防ぐことはできますが、その分だけ熱がこもってムレたりして暑さが倍増するのです。

このように、日焼け対策とファッション性というのは切っても切れない関係なんですね。

だから日焼け対策もできてファッション性も良い服装は難しいと、両立を諦めてしまう女性が大半を占めていました。

日焼け止めは服の他にサプリも見逃せない!

サプリ

ここまで日焼けをしにくい服の色や素材、UVカット素材の服についてお伝えしてきました。

UVカット素材の服を着ることでファッションの幅も広がるとは思いますが、まだまだ十分ではありませんよね。

UVカット素材ではないファッション性の高い服を夏にも沢山着こなしたいのではないでしょうか?

そんな、夏にもオシャレに着飾って本当に好きな服だけを着たいあなたには飲む日焼け止めサプリがオススメです。

日焼け対策の服選びに縛られ過ぎないためには飲む日焼け止めサプリも便利

便利

日焼けを恐れて服選びに縛られるのは今年で終わりにしませんか?

飲む日焼け止めサプリを活用することで太陽の日差しを気にすることなく、好きな服を着ることができるようになるということです。

服の色や素材を細かく気にせずに、あなたが心から可愛いと思える服を自由に着こなすことができるのです。

飲む日焼け止め関連サプリは、最近ではAmazonなどのネット通販でも安い価格で売られているので、簡単に探しやすく手に入れることができますよ。
>>人気の飲む日焼け止めに興味がある方はこちらから

>>ボタニカルホワイト飲む日焼け止めは外側からのケアの悩みを解決

サプリなら飲むだけで手軽にできてお出かけ前の時短にもなる

朝

日差しが強い日にお出かけをする時ってただでさえ日焼け止めを塗ったり、コスメを選んで使ったりと時間を使ってしまいますよね。

だから、日焼けをしづらい服を選び迷っていると時間がいくらあっても足りなくなります。

そんなときに太陽ケアサプリさえあれば錠剤を飲むだけで準備がすぐに整います。

家を出る前に照りつける日差しに負けない準備が整っているので、ファッション性の高いオシャレな洋服を着てお出かけを楽しむことができますよね。

飲む日焼け止めサプリ1つ飲んでおけば、夏のお出かけが億劫にならずに自由にコーディネートをしてファッションも楽しめるんですよ。

帽子やサングラスで日差しを遮りすぎて陰気な格好になってしまう前に、飲む日焼け止めサプリを飲んで夏を満喫してみてはどうでしょうか?

こちらの記事も合わせて読まれています

>>ノーブはPLエキス配合!人気の飲む日焼け止め
>>飲む日焼け止めスーパーエイチツーサンシトラスの特徴・成分
>>日焼けは知らず知らずに家事の積み重ねで起こるのが実は盲点
>>日焼け止めの苦手な点を無くすにはさらさらタイプをチェック
>>飲む日焼け止めのサンタンブロックのここが知りたい人に!特徴・成分・購入方法
>>やかないサプリを販売のオルトはどんな会社?
>>日焼け止め対策を意識した服選びのポイント
>>アットコスメで人気の飲む日焼け止めとは?ランキングポイントやクチコミ件数の多いサプリ
>>SPFを知り正しく日差しケア!もっと手軽な方法はサプリ
>>飲む日焼け止めサプリのおすすめ成分と期待できる効果について
>>飲む日焼け止めにはデメリットがある?抑えておきたい不安要素とは
>>子供にも日焼け止めはとても重要
>>飲む日焼け止めの購入!クリニックで買える?メリットや価格は?
>>アイハーブで飲む日焼け止めを買えるの?海外通販の疑問にお答えします
>>食べる日焼け止めとは?身体の内側からケアできるおすすめの食べ物
>>オーガニックの飲む日焼け止めはありますか?人気のおすすめ商品7選
>>日焼け止め対策を意識した服選びのポイント
>>日焼けはどんなやり方がおすすめ?きれいな小麦色を目指す方法を紹介
>>日焼けで皮むけが起きてしまったら?役立つ対処法
>>日焼け後にオロナインで対処!正しい使い方や成分・副作用

こちらの記事の執筆者

こちらも読まれています