飲む日焼け止めサプリランキング!おすすめ商品はこちら
飲む日焼け止めPCヘッダー
飲む日焼け止めスマホヘッダー

日焼けはどんなやり方がおすすめ?きれいな小麦色を目指す方法を紹介

健康的な日焼けをしている人の肌って綺麗ですよね。

きれいな小麦色の肌に憧れている人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、きれいな小麦色の肌を目指せるオススメの方法をご紹介します。

日焼けしたきれいな肌を目指して焼きたい!

水着の女性

ここ日本では美肌といえばすきとおるような白い肌を想像することが一般的ですが、小麦色の肌に憧れる人も多いようです。

特に最近では、健康的なライフスタイルを志向する方が多くなり、肌は小麦肌に焼けていた方が健康的だという考え方が、浸透してきているようです。

小麦色の肌の人は、その肌の見た目から健康的・アクティブといったような、ポジティブな印象を持たれやすい傾向にあります。

また、海外のセレブを見ていると、ほとんどの人がきれいな小麦色の肌をしています。

日本では、色白の肌が美肌として浸透していますが、海外では色白の肌は不健康な印象を持たれやすいとのことです。

このように小麦色の肌というのはポジティブなイメージが多いので、近年特に小麦色の肌を目指す方は増えています。

きれいな小麦色を目指すには正しいやり方で

太陽がまぶしい

きれいな小麦色を目指して日焼けしたけれど、逆に肌がボロボロになってしまったという経験がある方もいるかと思います。

雑誌や写真では、キレイな小麦色の肌をしたモデルの方が載っていますが、実際にキレイに日焼けするのってなんだか難しそうですよね。

日焼けをふせぐ情報はたくさんあるけど、日焼けをしたい人が日焼けを楽しむための情報は、少ないのが現状です。

正しい日焼けの方法を知らずに、長時間肌を陽に当てたような日焼けの仕方をしてしまうと、キレイになるどころか肌のトラブルの原因になります。

肌トラブルのリスクを最小限におさえて、きれいな小麦肌になるために必要なことをしっかり押さえてきれいな小麦色の肌を目指しましょう!

意外と知られていない日焼けが起こる仕組み

太陽光

そもそも日焼けとは、日差しを浴びることにより皮膚が炎症を起こしたり皮膚の色が変化したりすることを指します。

皮膚は、大きく分けて3層構造になっており、一番上の層が「表皮」、その下が「真皮」、最下層が「皮下組織」となっています。

例えば、海などに行ってヒリヒリ赤くなるのは、急激に強い日差しを浴びることによって、表皮が一時的にやけど状態になっているためと言われます。

また、夏などの日常生活で、赤くならずにだんだん肌が黒くなるのも同じく日焼けの現象。

日光照射約72時間後からメラニン生成が始まり、肌の色が黒く変化します。

そしてその日焼けですが、肌がキレイな小麦色になることもあれば、ひどい場合は水疱ができることもあります。

日焼けはやけどの一種なので注意して行う必要がある

悩み

日焼けとは、日差しを皮膚に浴びることにより、皮膚が赤く炎症を起こす急性症状と、メラニン色素が皮膚表面に沈着することに分けられます。

日焼けは熱傷の深度I度またはII度の熱傷であり、多くは赤くなるだけのI度の熱傷ですが、強く日焼けした場合には、水膨れとなりII度の熱傷となることもあります。

障害部位において痛痒感、浮腫、赤変、皮膚剥離、発疹、強い灼熱感といった症状を引き起こし、その他全身症状として吐き気及び発熱と言った症状を呈します。

ですので、小麦色を目指して過度に日焼けをすると体調を崩したり肌がボロボロになったりと悪影響を引き起こします。

せっかく健康な肌を目指して日焼けをしたのに、体調を崩してしまったら元も子もないですよね。

日焼けをすると肌がやけどをした状態になります。

正しい日焼けの方法を実践し、極力体に負担をかけない形で小麦色の肌を目指しましょう。

日焼けしたい!日にちをかけて焼くのがコツ

カレンダー

まず、きれいに日焼けをするコツとして、「焦らずゆっくり」ということが挙げられます。

急激に長時間の日焼けをすることによって、皮膚には大きな負担が生じます。

それによって皮膚は重度の火傷状態になり、痛みが出て水疱ができてしまう場合もあります。

もしそうなってしまえば、皮膚の治りを待ってからのスタートとなりますので、余計に時間がかかってしまいます。

ですので、日焼けをする場合は、じっくり日にちをかけて焼くのが鉄則です。

日焼けの鉄則!1日で焼くものではない

NG

日焼けは、1日で一気に焼こうとするとムラができ、皮膚が剥げてしまいます。

先ほどもご紹介しましたが、日焼けは皮膚がやけどをした状態なので、1日で一気に焼こうとすることは、理想の肌から遠ざかってしまう行動です。

キレイな日焼けをするときには、「炎症は起きていない」けど「肌を黒くするメラニン色素が排出される」という状態を作る必要があります。

そのためには、じっくり少しずつ日差しに当たる必要があるのです。

日焼け止めを塗って「下焼き」から行うのはなぜ?

クリームを塗る

最初はサンオイルを使うのは避けて、日焼け止めクリームを全身に塗ってから焼いていきましょう。

これは日焼けしていない段階の皮膚へ、急激な負担をかけないことを目的としています。

急激な負担をかけないことで、肌をじっくりキレイに小麦色に近づけることができます。

下焼きの際には、顔や肩、そして首のうしろなど日差しを特に浴びやすい箇所や、デリケートな皮膚の部分は、特に重点的に塗リましょう。

そうすることで、ムラのない小麦色の肌に近づくことができます。

小麦色の肌にするには日数をかける

カレンダー

小麦色の肌にするためには、炎症を起こさない程度に少しずつ日差しに当たる必要があります。

急激に皮膚に負担を与えることは悪影響なので、じっくり日数をかけて取り組むと良いでしょう。

初日は30分、2日目は1時間、その次は2時間と、徐々に増やしていくことが理想です。

日差しは午前10時~午後2時の間がとくに強いため、焼き始めは短時間か、この時間帯を外して焼くのがいいでしょう。

慣れてきた後の1日の日焼け時間は、2~3時間程度にとどめましょう。

日焼けが始まるのは何時間後?

まぶしい日

実は日焼けは、日差しに当たって3分後からすでに始まっています。

日焼けのメカニズムは、肌に日差しが当たることによって、メラノサイトという細胞が活動を始め、黒いメラニン色素を生成(=肌が黒くなる)という流れです。

その、メラノサイトの活動ですが、日差しに当たって5秒で始まると言われています。

外に出て日差しを浴びた瞬間には、もう日焼けに向けた準備が肌の中で始まっていて、肌がジリジリ感じている頃には、もうメラニン色素がどんどん生成されているという事になるのです。

日焼けしたい!サロンで行う場合

日焼けサロン

日焼けする場所は、海やプールなどが一般的ですが、人前で水着になることに抵抗のある方や、近くに海やプールがない方もいますよね。

また、きれいに焼くことを考えると、ある程度脱いでも大丈夫な場所にしなければいけません。

そういった点で抵抗がある方には、日焼けサロンがおすすめです。

料金も想像よりは安い場合が多く安全性も高いので、今では沢山の方が利用しています。

また、専門のスタッフが丁寧に接客してくれますので、安心で安全に利用することができます。

お金をかける日焼けサロンが安全な理由

安全

日焼けサロンに行くのが不安な方もいると思いますが、何の知識もないまま外で日焼けするよりも日焼けサロンに行くことをオススメします。

日焼けサロンでは店舗スタッフが日焼けのアドバイザーとなり、日焼けに関する悩みや不安などをカウンセリングしてくれます。

また、スペースは個室型となっていることが多く、プライバシーも安全です。

日焼けマシンに関しては「日本セーフティ・タンニング協会」という組織で安全基準が設けられ、コンプライアンスも非常に高まっています。

さらに、無理な長時間の利用は禁止している店舗がほとんどですので、焼き過ぎによる皮膚のトラブルといった心配もありません。

日焼けサロンでは、来店客それぞれの肌質に応じたアドバイスをしますので、無理なく、負担なく早くきれいな小麦色の肌に導いてくれるでしょう。

日焼けサロンの1回あたりの相場

リーズナブル

日焼けサロンを利用する料金は、使用する日焼けマシンの種類と時間によって決まります。

一般的に、パワーが強い日焼けマシンほど料金値段が高い傾向にあります。

使用時間は、20分・30分・40分などの数種類から選ぶスタイルの店舗が多いため、1回の料金の差は数百円程度です。

その日の時間の余裕や体調などを考えて、店舗スタッフと相談するといいでしょう。

また、全身焼きの他にも顔焼き専用マシンなどがありますが、こちらは少し値段が安めです。

そして、日焼けサロンを利用するためには、初回の会員登録料が発生する店舗がほとんどです。

以上を踏まえて、気になる日焼けサロンの相場価格ですが、弱いマシンや短めだと2,000円台が多いです。

そして、強めのマシンや長めの時間になると3,000円から4,000円台というところが相場のようです。

日焼けしたい!海やプールが近くにない場合

公園

海やプール以外にも、日焼けする場所としての選択肢はたくさんあります。

先ほどご紹介した日焼けサロンはもちろんですが、日焼けマシンが置いてあるのは日焼けサロンだけではないのです。

近年では、日焼けマシンの置いてあるスポーツクラブやマンガ喫茶も増えています。

そして、ちょっと焼けばいいと思っている方にオススメな意外な穴場がファーストフード店など日に当たる窓際の席があるお店です。

南向きになっているお店なら、時間帯によってはしっかりと日差しを受けることが出来ます。

ただ、これらを利用するにはお金がかかってしまうことが想定されます。

無料で日焼けを楽しむのであれば、日差しが当たる場所として、自宅のベランダ・バルコニー・庭、公園などが挙げられます。

しっかりとコツを押さえておけば、自宅や公園でも小麦色の肌を手に入れることは可能なのです。

自宅の庭やベランダなどで行うなら時間帯に注意

時間

自宅の庭やベランダなどで日焼けをする場合には、時間帯にも配慮する必要があります。

まず日焼けしやすいかどうかは、太陽の高度や日差しの量によります。

1日の中で最も日焼けしやすい太陽の高度が高い時間帯は、午前10時~午後3時と言われています。

日差しの量としては1日の約50%がこの時間に集中しているのです。

そのため、小麦色の肌を目指す方は、この時間を狙って日焼けをしているケースが多いです。

しかし、長時間の日焼けは肌にダメージを与えてしまいます。

特に日差しが強い時間帯ですので、短時間にとどめておくとよいでしょう。

日焼けをきれいに行うための流れ

小麦色の肌を手に入れるためには、しっかりと日焼けのメカニズムを把握した上で最適な準備を行いましょう。

最後に、日焼けをキレイに行うための流れをご紹介します。

「下焼き」後に肌を冷やす

冷やす

日焼け後、2~6時間の肌をサンバーンと呼び、このときには何よりも皮膚を冷やすことが大切です。

日焼け後の皮膚はやけどをした状態です。

メントール入りなど冷却を目的とした商品で皮膚を冷やしましょう。

また、アロエ成分が含まれた、炎症を抑えて火照りを鎮めることが目的の商品もオススメです。

そして、日焼けしてから3~8日の肌をサンタンと言います。

この頃になると日焼けによる痛みや火照りはほぼ静まっていて、肌のカサつきやかゆみが気になってきます。

このようなサンタン状態の肌には水分を補給してあげることが大切です。

セラミドやアミノ酸、クマザサエキスなどの入った水分保持力が高いものがオススメです。

また、かゆみが強いときは、ローションなどを塗った後に、馬油やワセリンなどで水分を閉じ込めておくと良いでしょう。

サンオイルを塗って焼く「本焼き」の時間は30分から1時間が目安

大事

後ほど詳しくご紹介しますが、サンオイルは「日差しから肌を守りながら日焼けするために塗る」オイルと言えます。

サンオイルを塗ることで、キレイな小麦色の肌を作ることが期待できますが。

それでも長時間日差しを浴びることは、肌へのダメージを大きくします。

あくまでじっくり時間をかけて焼くということを意識しながら、一度に日焼けする時間は30分から1時間を目安にしておきましょう。

日焼け止めと日焼けオイルの違い

目安

日焼けオイルは広くいえば日焼け止めの一種で、本来日焼けを促進する物ではないのです。

日焼け止めが日差しをブロックして、日焼けを防ぐことを目的としているのに対し、サンオイルは肌のサンバーンを防ぐことを主目的としています。

したがって日焼けオイルは、肌のダメージを軽減しながら、日焼けしたい人向けの商品と言えます。

皮むけ・シミを避けるには水分補給とビタミン摂取

飲み方

小麦色のキレイな肌を作るためには日焼け後の内面からのケアも大切です。

肌を守るためには内側の対策&ケアも欠かせません。

その方法として「水分補給」と「ビタミン摂取」が挙げられます。

日焼け後は全身の肌が乾燥しています。

内側からのスキンケアとして、たくさんのお水などを飲み、水分補給を行うことが大切です。

また、アルコールの入っていない化粧水や乳液を使って、お肌にも水分を補給しましょう。

そして、ビタミン摂取も忘れずにしておきましょう。

ビタミンは肌をケアする栄養素がたくさん含まれています。

しっかりケアすることで、肌の皮むけなどのトラブルを防止することが期待できます。

小麦色の肌を作るためには、体の内側と外側からのケアを怠らずに、焦らずじっくりと取り組むことが肝心です。

ぜひ参考にしてください。

こちらの記事の執筆者

こちらも読まれています