飲む日焼け止めサプリランキング!おすすめ商品はこちら
飲む日焼け止めPCヘッダー
飲む日焼け止めスマホヘッダー

飲む日焼け止めフェーンブロックはヘリオケアの成分!作用・飲み方・注意点

太陽のまぶしい日差しから肌を守る対策として、飲む日焼け止めを選ぶ人が増えています。

そんな中でも世界中で人気のヘリオケアの主成分、フェーンブロックはどんな仕組みで日焼けから肌を守ってくれているのでしょうか?

こちらではその作用や注意点などに詳しく迫ってみました!

フェーンブロックはヘリオケアの特許成分

飲む日焼け止めの主成分として有名なフェーンブロックは、世界中で取り扱われているヘリオケアの特許成分となっています。

このフェーンブロックについて詳しく見ていきましょう。

シダ植物の抽出物「PLエキス」を含む成分

ヘリオケアの成分

フェーンブロックは、ダイオウウラボシというシダ植物から抽出した、PLエキスを多く含むヘリオケアの特許成分です。

このPLエキスは、強い日差しを浴びることによって起こる、シミやシワのケアに効果的な成分であることが、光防御分野の第1人者と言われている皮膚科医のフィッツパトリック氏の研究によりわかりました。

また、その効果は世界中の皮膚科学会でも発表されて、フェーンブロックは飲む日焼け止めの主成分として配合されるようになります。

そして世界50ヶ国の病院で取り扱われている、世界で初の天然成分でできた飲む日焼け止めサプリとなったのです。

PLエキスはPolypodium Leucotomosの頭文字を取った名称

ポイント

「なぜPLエキスっていうの?」と、疑問に思われる人もいるかもしれませんね。

PLエキスというのは、「ポリポディウムリュウコトモス(Polypodium Leucotomos)」の頭文字を取って、名付けられた名前なのです。

ちなみに、フェーンブロックを「ファーンブロック」と記載しているメーカーやサイトがありますが、これらは「Fernbloc」のことで、どちらも同じ成分を表しています。

フェーンブロックの作用は?

そんなフェーンブロックですが、昔から飲む日焼け止めに使用されている成分です。

1つだけではなくさまざまな面から肌を日焼けから守ってくれる働きがあります。

こちらではフェーンブロックにどんな作用があるのかを見ていきましょう。

日焼け止め作用のメカニズム

日焼け止め

フェーンブロックには、次の4つの作用による日焼け止め効果があります。

①肌の免疫細胞を正常に働かせて、日焼けや肌の炎症を防ぐ
②日差しを浴びることによって発生するシミやシワの原因を取り除く
③強い日差しから肌のDNAへのダメージや、皮膚が赤くなることを防ぐ
④肌のコラーゲンを守り、シワやたるみを防ぐ

フェーンブロックは、さまざまな面からUVによる影響に働きかけ、日焼けによる肌へのダメージを防ぐのです。

また、日焼けのダメージから肌を守る作用だけでなく、海外の研究機関の論文では、炎症を抑える作用や、記憶力の改善、アルツハイマーに関する治療についての報告もされているようです。

フェーンブロックは日焼け止めだけなく、さまざまな作用を持っているのですね!

飲んで30分後から作用して持続時間は4~6時間

さらにフェーンブロックは、日焼けに対する効果が現れるまでの時間が短く、飲んでから30分ほどで強い日差しから肌を守ってくれます。

そして1度飲むと4~6時間はその効果が続くようになっています。

フェーンブロック配合のヘリオケアの飲み方は?

サプリを飲む

日焼け対策に大変効果的なフェーンブロックが配合されたヘリオケアですが、こちらではヘリオケアの飲み方をご説明します。

日光浴びる30分前に1カプセル

フェーンブロックは、日差しを浴びる30分前に、1カプセルを水などで飲みます。

日焼けを防ぎたいからと一度にたくさん飲むことはせず、量を守り、出かける前に飲むようにしましょう。

長時間浴びる場合は4~6時間後にまた1カプセル

また海水浴やハイキング、ゴルフなど長時間、屋外でレジャーを楽しむときなど、長い時間、日光を浴びる際は、出かける前に1カプセルを飲んでおき、4~6時間を超えた場合はもう1カプセルを追加で飲んでください。

ヘリオケアはまぶしい太陽の日差しから肌を守る効果に非常に優れていますが、日焼け止めクリームも必ず併用して塗り、強い日差しから肌を守りましょう。

こちらの記事も合わせて読まれています

>>ヘリオケアピュアホワイトラディアンスマックス240は日本人向けの飲む日焼け止め
>>飲む日焼け止めの購入!クリニックで買える?メリットや価格は?

PLエキス配合のヘリオケア以外の飲む日焼け止めは?

まぶしい太陽の日差しを浴びる前にはぜひ飲んでおきたいヘリオケアですが、PLエキス(フェーンブロック)が配合された飲む日焼け止めは、ヘリオケアの他には販売されていないのでしょうか?

こちらでは日本で販売されているPLエキスが配合された飲む日焼け止めを見ていきましょう。

国産のnoUV(ノーブ)

ノーブ

国産のnoUV(ノーヴ)は、美容クリニックの東京イセアクリニックが監修したドクターズサプリで、PLエキスが主成分の飲む日焼け止めサプリメントです。

強い日差しを浴びる前の必要なときに、飲むタイプの日焼け止めサプリとなっています。

安心の日本製で、PLエキスの他にはビタミンC、ビタミンE、ビタミンB12、ビタミンDなどの各種ビタミンや、ルテイン、クロセチン、リコピンなどの美容サポート成分が配合されています。

リコピンやクロセチンは、シミやシワの原因を消去して、ビタミンEとの相乗作用でシミに働きかけます。

そしてルテインは「目のサングラス」ともいわれていて、強い日差しから目を守ってくれるだけでなく、肌の水分を整える作用もあり、光のダメージから肌を保護してくれますよ。

レジャーの際など、まぶしい太陽を浴びるときの心強い日焼け止めサプリですが、肌には日焼け止めクリームを塗っておくことも忘れないようにしましょう。

こちらの記事も合わせて読まれています

>>ノーブはPLエキス配合!人気の飲む日焼け止め

ヘリオケアより手軽に入手したい人におすすめ

検索

noUV(ノーブ)は全国のドラッグストアで販売されていますので、仕事の帰り道や買い物のついでに、手軽に実物を見て購入することができます。

もしお住まいの都道府県に取り扱っているお店がない場合は、通販のAmazonや楽天市場、また公式のオンラインショップでも販売しています。

Amazonでも公式オンラインショップでも、noUV(ノーブ)は1シート10粒入りが、1,944円(税込み)で販売されています。(2018年11月27日現在の情報となります)

価格も手頃で、ドラッグストアでも販売されているので気軽に購入できますね。

一度PLエキスが配合された飲む日焼け止めを試してみたい人や、ヘリオケアより手軽に購入したい人におすすめの日焼け止めサプリです。

シェードファクターもフェーンブロックが配合されているのですが、アイハーブでは取り扱いされていません。(2018/10/30現在品切れ)
その他、ロート製薬のヘリオホワイトもフェーンブロックが配合されている飲む日焼け止めとして発売されています。

こちらの記事も合わせて読まれています

>>アイハーブで飲む日焼け止めを買えるの?海外通販の疑問にお答えします
>>日焼け止めサプリで副作用や危険性が心配!飲むものだからこそ事前に知っておきたい情報
>>飲む日焼け止めは注目を浴び続け美に敏感な芸能人から爆発的なヒット!
>>飲む日焼け止めにはデメリットがある?購入する前に抑えておきたい不安要素をまとめてみました
>>美容パワーを持つフラバンジェノールとは?スキンケア商品・日焼け止めサプリに配合
>>飲む日焼け止めサプリに配合されている主な成分のまとめ | 特徴や期待できる効果とは?
>>飲む日焼け止めは注目を浴び続け美に敏感な芸能人から爆発的なヒット!
>>ニュートロックスサンとは?飲む日焼け止めを失敗せずに選ぶためのポイント
>>飲む日焼け止めの原理を知りたい!植物由来の主成分の仕組みを解説
>>飲む日焼け止めは市販でも購入できる!選択肢は?通販とどっちがお得?
>>40代におすすめの日焼け止め5選!顔用・ボディ用の売れ筋で人気商品各5選!

フェーンブロックに副作用はある?注意点は?

日焼けによるダメージから肌を守ってくれるフェーンブロックですが、フェーンブロックが配合されたサプリを飲むことで副作用はあるのでしょうか?

フェーンブロックを飲む際の注意点をまとめていますので、アレルギー体質の人や妊娠中の人、また4歳以下の子供など、当てはまる人は気をつけるようにしてください。

シダ植物でアレルギーの懸念もある

肌が弱い

フェーンブロックを飲んでも食品ですので副作用はありませんが、シダ植物から抽出したエキスを使っているので、アレルギーを起こす懸念はあります。

フェーンブロックの主成分、シダ植物はアレルギー性が高く、飲むと発疹や花粉症などのアレルギー症状を悪化させてしまうことがあります。

アレルギーを起こしやすい体質の人や花粉症に悩まされている人は、医師に相談してから飲むようにしてください。

妊娠中や授乳中・治療中・4歳未満の子供

妊婦

そして妊娠中や授乳中の人の場合は、その期間にフェーンブロックを飲むことへの安全性が確認されていないため、妊娠中や授乳中に飲むことは控えておきましょう。

また、病院で治療を受けている最中で、処方された薬を飲んでいる場合は、薬とサプリの飲み合わせが悪いことも考えられますので、念のため医師に相談してから飲むようにしましょう。

加えて、4歳未満の子供はまだ臓器が発達しておらず、サプリの栄養が胃や肝臓に負担をかけてしまいます。

そして胃腸や肝機能に障害を起こす可能性があるため、飲むことはできません。

飲む日焼け止めをはじめ、サプリは4歳以上になってから飲ませるようにしましょう。

こちらの記事も合わせて読まれています

>>子供の肌を守るためには日焼け止めはとても重要
>>日焼け止めサプリを始める前に副作用や危険性を把握しましょう

飲む日焼け止めを選ぶ時に決め手になる主成分

現在、さまざまな飲む日焼け止めサプリが販売されていますが、「正直なところどれを選んでいいのかわからない」という人も多いのではないでしょうか?

飲む日焼け止めを選ぶときには主成分が決め手になります。

自分にあった主成分のものを選んで、日々の日焼け対策に役立ててくださいね。

ニュートロックスサン配合の日本製商品は多い

きれいな女性

飲む日焼け止めの主成分は、先ほどご紹介しましたフェーンブロックの他に、「ニュートロックスサン」があります。

ニュートロックスサンはスペインで開発された成分で、シトラスの果実とローズマリーから抽出した天然のポリフェノールを、独自の割合で配合したものです。

このニュートロックスサンに期待できるのは、日焼けによる肌の赤みを減らす作用や、肌の状態を改善させていく作用です。

フェーンブロックと違う点は、ニュートロックスサンの場合は即効性がなく、飲んでから効果が発揮されるまで25時間ほどかかることでしょう。

しかし、即効性はありませんが、ニュートロックスサンは毎日継続的に飲むことで、一層、肌を太陽に負けない状態にしてくれるという特徴があります。

強い日差しが照りつける季節が来る前、春先頃に飲み始めるのが1番効果的となっています。

そして日焼けをした後に飲んでも、日焼けによって赤くなってしまった肌をケアしてくれる作用もあるのです。

うっかり日焼けをした後に飲んでも、肌をケアしてくれるのはとても嬉しいことですね。

日本製の飲む日焼け止めは、「ホワイトヴェール」や「ビセットホワイト」、「インナーパラソル16200」などのように、このニュートロックスサンが主成分になっている商品が多く販売されています。

フェーンブロック配合のヘリオケアは主に医療機関で取り扱い

クリニック

一方、フェーンブロックが配合されている代表的な商品、ヘリオケアは主に皮膚科などの医療機関で販売されていますが、現在は公式サイトや、種類によってはAmazonなどの通販サイトでも取り扱われるようになりました。

また、日本人やアジア人の肌に合わせて作られた「ヘリオケア・ピュアホワイトラディアンスマックス240」もフェーンブロックが配合されていて、公式サイトから購入することができますよ。

フェーンブロックとニュートロックスサンは、どちらも人気の日焼け止めサプリの主成分ですが、効果が出るまでの時間に違いがありました。

即効性を求めるならフェーンブロックを、また普段はニュートロックスサンを使用しておき、レジャーのときにはフェーンブロックで強い日差し対策をすることもできますね。

飲む日焼け止めは、「レジャーのときだけに飲みたい」、または「常日頃から日焼けケアを行ないたい」など、それぞれの人の希望にあった選択が可能です。

自分にあった飲む日焼け止めを選び、日焼けによるダメージから肌を継続的に守っていきましょう。

こちらの記事も合わせて読まれています

>>ホワイトヴェールはニュートロックスサン配合で人気の飲む日焼け止め
>>日焼けは知らず知らずに家事の積み重ねで起こるのが実は盲点
>>日焼け止めの苦手な点を無くすにはさらさらタイプをチェック
>>飲む日焼け止めのサンタンブロックのここが知りたい人に!特徴・成分・購入方法
>>やかないサプリを販売のオルトはどんな会社?
>>日焼け止め対策を意識した服選びのポイント
>>アットコスメで人気の飲む日焼け止めとは?ランキングポイントやクチコミ件数の多いサプリ
>>SPFを知り正しく日差しケア!もっと手軽な方法はサプリ
>>飲む日焼け止めサプリのおすすめ成分と期待できる効果について
>>飲む日焼け止めにはデメリットがある?抑えておきたい不安要素とは
>>子供にも日焼け止めはとても重要
>>飲む日焼け止めの購入!クリニックで買える?メリットや価格は?
>>食べる日焼け止めとは?身体の内側からケアできるおすすめの食べ物
>>オーガニックの飲む日焼け止めはありますか?人気のおすすめ商品7選
>>日焼け止め対策を意識した服選びのポイント
>>日焼けはどんなやり方がおすすめ?きれいな小麦色を目指す方法を紹介
>>日焼けで皮むけが起きてしまったら?役立つ対処法
>>日焼け後にオロナインで対処!正しい使い方や成分・副作用
>>敏感肌で日焼け止めを使いたいけれど不安な方へ

こちらの記事の執筆者

こちらも読まれています